魏延
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?




王翦

 

対趙攻略戦で、桓騎(かんき)楊端和(ようたんわ)を抑えて

総大将に就任した王翦(おうせん)、、

その思い切った抜擢の背景には、旧秦国六大将軍の一人、胡傷(こしょう)が

智謀を認めた男という裏の理由が存在していました。

王騎(おうき)白起(はくき)、摎(きょう)に比較しても地味な六大将軍の胡傷、、

一体、彼は何者であり、キングダムで敢えて登場する伏線は何なのでしょう?

そこを調べると王翦は、胡傷の戦術を継ぐ者だという事実が分りました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




六大将軍の中でただ一人、知略でのし上がった文官 胡傷?

キングダムと三国志

漫画による説明では、胡傷は、秦国六大将軍でただ一人知略によりのし上がった

文官あがりの智謀の士で、実際には残りの五人の将軍の計略も、胡傷が、

立案して、事実上六大将軍を動かしていたとまで噂されています。

 

では、そんな胡傷の特徴的な戦術を紹介しましょう。




胡傷の奇略が冴えた?魏と趙の連合軍を撃破した華陽の戦い

炎 s

 

紀元前273年、胡傷の名は白起(はくき)と共に出現します。

その年、魏は趙と共に、韓の華陽を攻めます、韓は陳筮(ちんふ)を派遣して、

救援を求めますが、秦の昭襄(しょうじょう)王は、当初援軍を出しませんでした。

 

陳筮は次に、宰相の魏冄(ぎぜん)を訪ねて援軍を求めます。

当時、事実上の秦の実力者は魏冄でした。

魏冄は、自身が抜擢した白起と客将の公孫胡傷(こうそんこしょう)を率いて、

華陽に向かう事になります。

 

公孫胡傷が胡傷の本当の名前であるようです。

 

 

この時、秦軍は、魏や趙が想像もしない猛スピードで華陽を救う計略を採用しました。

それは、一日に百里を進むというかなりの強行軍です。

中国の一里は当時、415メートルなので、一日、41・5キロを

進んでいくという計算になります。

 

秦は休む事なく、このペースで進軍を続けた結果、8日で華陽に到着します。

資治通鑑(しじつがん)は、それを秦軍は突然と華陽に出現したと書いています。

魏軍や趙軍の驚きぶりが分るでしょう。

 

もちろん、魏も趙も臨戦態勢を整えてはいませんでしたから、

その無防備な状態に秦軍は突撃し、魏兵の斬首13万人、魏の将軍を3名捕虜にし

魏の総大将、と芒卯(ぼうう)を敗走させる大戦果を挙げているのです。

 

さらに、秦は趙にも襲いかかり、趙の総大将、賈偃(かえん)を撃破して、

投降した趙兵数万を黄河に放り込んで溺死させました。

 

資治通鑑には、それは誰の戦略かは書かれていない・・

 

さて、この華陽の戦いの資料である資治通鑑には、

この敵の虚をついた秦の戦略が白起のモノであるとは書かれていません。

 

秦軍採取出其不意 攻其不備的戰術 進行長途奔襲

 

このように秦は、相手の不意を突いて、敵が備える前に、

長距離を走り、敵を襲おうと考えたとあるだけです。

 

確かに、捕虜を取らず魏兵を13万人斬首する、或いは、趙兵の捕虜を

数万、黄河に放り込んで溺死させるという残忍な戦術は、白起を連想させますが、

実際には、胡傷が考えて、白起に実行させた可能性もないではありません。

 

キングダムでは、六大将軍の戦略は胡傷が立てたとしている

 

原先生は、恐らく史記だけではなく、資治通鑑を援用した上で、

この華陽の戦いを把握しているのだと思います。

 

だからこそ、資治通鑑には、華陽の戦いの戦略は

誰が立てたという記述がない事を逆手に取って利用し、

では、白起ではなく、胡傷が立てた戦略かも知れないよね?

という伏線を張っているのだと推測します。

 

そうして、考えると、敵の心理を読んで虚を突く兵法を得意とする王翦は、

胡傷の直弟子ではないか?とも推測できるのです。

 

胡傷、因縁の趙を相手に大敗、その仇を王翦が討つ!

王翦

 

しかし、胡傷の戦歴は次で途絶えてしまいます。

紀元前269年、胡傷は趙の閼与(あつよ)を攻め落とす為に出陣します。

その勢いは非常なもので、趙の廉頗(れんぱ)、そして楽乗(がくじょう)は

救援を不可として、閼与を見捨てるべしと言いました。

 

しかし、その中で、一人趙奢(ちょうしゃ)だけが断固、閼与を救う事を主張し、

趙の恵文王を説得し、自ら兵を率いて閼与に向かいます。

そして、わざと閼与から三十里の場所に土塁を築いて守り

閼与から救援を求める使者が来ても切り捨て、逆に秦のスパイを

丁重にもてなして帰しました。

 

これに胡傷は油断します、趙奢は救援に形だけは応じたが、

土塁を造って籠るだけで本気で秦に立ち向かう気はないと判断したのです。

 

スパイを返した瞬間、趙奢は動き、土塁を破壊して閼与から、

五十里の場所に陣を造ります。

そして、許歴(きょれき)という人物の意見を入れて、

一万人の兵の備えを厚くして北山の上に上らせて、残りの兵は伏兵しました。

 

史料によると、閼与は狭い道が続く場所で視界が広くありません。

恐らく、北山というのは、高台であり兵を展開する上で

絶対必要なポイントだったという事であろうと推測します。

 

それを知った胡傷は、兵を取って返して、全軍で山に登ろうとしますが

備えの厚い陣に阻まれ、突破できない間に、伏兵が襲いかかり

挟撃されて撃破されたと言われています。

 

これにより、まだ若手だった趙奢は、馬服君に封じられ、

廉頗藺相如(りんそうじょ)に並ぶ地位、すなわち、

キングダムで言う所の趙の三大天になります。

 

一方で、胡傷の記録はここで途絶えます。

戦死したか、敗走して秦から去ったのでしょう。

 

関連記事:趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】

関連記事:藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3)

 

王翦に取って対趙攻略戦は、師である胡傷の仇を討つ戦い

 

その時、王翦は師、胡傷を失った事で大きな衝撃を受けた事でしょう。

すでに敵将、趙奢は存在しませんが、その後継者として新、趙の三大天になった

李牧(りぼく)に対して、閼与の戦いの雪辱を晴らすという意気込みなのでは、

ないかと考えられるのです。

 

もしかすると、李牧はまた、趙奢に大きな影響を受けているという、

伏線が今後、語られるかも知れません。

となると、趙奢の戦略を受け継ぐ李牧VS胡傷の戦略を受け継ぐ王翦という

宿命の対決が用意され、秦の対趙攻略戦は、ますます盛り上がりそうです。

 

関連記事:【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?

関連記事:【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

一つ気になるのは、趙奢は亡くなっているとして、その趙奢に助言をし

手柄で趙の国尉になった許歴のその後は分らない点です。

或いは、老齢ながら、まだ生きていて、李牧に様々なアドバイスを与え

王翦を苦しめるという伏線になっているのではないでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  2. 親バカな諸葛孔明 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思…
  3. 西遊記 孫悟空 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  4. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…
  5. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  6. 曹丕 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…
  7. キングダム 【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?
  8. 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操は褒め上手
  2. チェストと叫ぶ西郷隆盛
  3. キングダム
  4. 典韋にボコボコにされる成廉
  5. 始皇帝
  6. 反対する賈充
  7. 蜀の魏延

おすすめ記事

  1. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖
  2. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 杜夫人
  3. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  4. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの? 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  5. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? 連幹の計 呂布 貂蝉
  6. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの? 李儒と三国志

三國志雑学

  1. 田豊
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 関平
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明 郭嘉 周瑜
  2. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  3. 火縄銃を気に入る織田信長
  4. 孔明 vs 司馬懿

おすすめ記事

徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄はどんな業績を残したの?内政面や戦の業績を分かりやすく紹介 映画「空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎」レビュー 大和朝廷を建国したカムヤマト 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ! 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる? 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP