ライセンシー募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

この記事の所要時間: 313




 

呉と越の国は互いに戦い呉が越に大勝利を収め、越は呉に対して従属することになります。

越の君主であった勾践(こうせん)は軍師である范蠡(はんれい)の言うことをよく聞いて、

呉王の屈辱的な扱いにも耐えて行きます。

その後、越王・勾践は屈辱に耐えること二十年程度経過した時、

范蠡の策を用いて呉の首都を陥落させて、呉王を処断。

こうして越は復讐を果たすことに成功し、

越王・勾践は范蠡に最高職である上将軍の位を授与されます。

しかし范蠡はこの職を捨てて斉に行って平和な時を過ごします。

この時同僚であった文種(ぶんしゅ)に宛てた手紙の中の名言である

「狡兎(こうと)死して走狗(そうく)煮らる」をご紹介します。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。




范蠡・上将軍に

炎 s

 

越王勾践は呉を滅ぼし、南方の最大勢力に匹敵する力を手に入れることに成功。

されに彼は越が滅亡してから20年もの間、呉王へ復讐することを考え、

呉王から屈辱的な事をされても必死に耐え抜き、復讐を完了します。

彼が復讐を完了することができたのは一人の軍師のおかげでした。

その名を范蠡といいます。

彼は越王勾践に色々と献策し呉の国を弱らせていきます。

彼の献策にあって呉の名将である伍子胥(ごししょ)と呉王の離間させることに成功させます。

この他にも彼は呉の国力低下させるために色々な策を施していきます。

彼の努力が実を結んだことも越が呉を滅ぼすことが出来た原因でした。

勾践は、呉を滅亡させて後范蠡を軍事の最高職である上将軍に任命。

范蠡も勾践からの命令をかしこまって受けることにします。




上将軍の位を捨てて斉へ向かう

 

范蠡は勾践が呉を滅ぼしてから調子に乗っていく姿を目にしていきます。

この姿を目にした范蠡は上将軍の位を捨てて、越の国を出て斉へ入り、

この国で住居を構え暮らすことにします。

そして彼は住居も決まり、仕事も順調になった頃、同僚であった文種に手紙を送ることにします。

 

狡兎死して走狗煮らる

 

文種は范蠡から手紙が来ると喜んでその手紙の封をあけて彼の手紙を読みます。

すると次第に顔が真剣になり、かれはその手紙を机の上において外を見ます。

彼の手紙には「飛鳥尽きて良弓はしまわれ、狡兎死して走狗煮らる。」と書いておりました。

この内容の意味は「功臣は山で取り尽くした後の猟犬と同じではないのでしょうか。」と言う意味。

そしてこの言葉を現在の文種に当てはめるとこのようになります。

「文種殿。越王は苦労を共にすることはできますが、

楽しみや喜びを分かち合うことはできないでしょう。

呉を滅ぼすまでは一緒に苦労を重ねて共有できましたが、

現在呉も滅亡し、昔の功臣であるあなたと楽しみを一緒に共有することは難しいでしょう。

そのため呉と言うウサギを取り終わった越王は、ウサギ狩りに使った功臣達を煮てしまうでしょう。

そうなる前にあなたは官職を捨てて、越王の元を離れたほうが、

いいのではないのですか」と匂わせる意味を持っておりました。

文種はこの文章を読んでから、病と称して政権の運営に参加しなくなります。

しかしこれが越王・勾践に疑われてしまう原因となってしまいます。

彼は文種が国政に参加しないで家に引きこもっていることに対して、

謀反を企んでいるのではないかと疑い彼に剣を送って

「自殺するように」と命令。

文種は天を仰いで大いに嘆いた後、王から送られてきた剣で自殺してしまうのです。

 

春秋戦国時代ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

「この狡兎死して走狗煮らる」は前漢の功臣である韓信(かんしん)も使っております。

彼は謀反をしようと思っておりましたが、謀反の計画がバレて劉邦(りゅうほう)に捕まってしまいます。

この時彼は劉邦に范蠡が使った言葉をアレンジして

「狡兎死して走狗煮られ、高鳥尽きて良弓しまわれ、敵国敗れて謀臣滅ぶ」と述べております。

名将・韓信の最後もこの言葉がぴったりと当てはまる最期でした。

 

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 


よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事

  1. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師…
  2. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  3. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上…
  4. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  5. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…
  6. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?…
  7. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  8. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  2. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  3. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  4. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  5. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将
  6. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 夏候惇と言えば独眼竜? 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問 こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大! 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり

おすすめ記事

  1. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師
  2. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  3. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  4. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介
  6. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ
  7. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  8. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP