袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

この記事の所要時間: 548




越王句践

 

春秋戦国時代の末、南方の呉と越は覇権を争い幾度も戦いを繰り返していました。

越王の句践(こうせん)は、呉王の闔閭(こうりょ)を首尾よく戦死させますが

復讐に燃える闔閭の息子の夫差(ふさ)により撃破され、捕えられます。

ですが、ここから助かる為の句践の人並み外れたゴマすりが炸裂します。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




暗君だが、父の遺言に奮いたつ夫差

 

夫差の父である闔閭は、越の王である允常(いんじょう)が死んで句践が

即位すると、出鼻を挫こうと出撃します。

しかし、句践には軍師の范蠡(はんれい)がおり呉軍の前で200名の罪人に

お互いの首を刎ねさせるという奇策を行い、士気が低下した呉軍を撃破します。

呉王、闔閭は退却しますが、途中に敵の矢が足に刺さり、

これが破傷風を起して帰国後、間もなく死にました。

 

死を悟った闔閭は、息子の夫差を呼び寄せて

「必ず自分の仇を討つように」と遺言して亡くなります。

 

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?




薪(まき)の上に寝て復讐を誓った夫差

 

夫差は、暗愚な人物でしたが、父の無念の死に目が醒めたのか、

或いは、名宰相、伍子胥(ごししょ)の言う事に従ったのか

人が違ったように奮戦し敗れた呉を改革して軍を強くしていきます。

 

夫差は、父の無念を忘れない為に、眠る時は薪の上で眠り体を痛めつけ

また、庭に出た時には、家臣に「父の恨みを忘れたか!」と発言させ、

「忘れるものか!」と返答して復讐の気持ちを新たにしました。

 

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

 

越王 句践、呉を攻めて大敗、捕虜になる

 

呉が強くなっていくのを見た句践は危機感を抱き、これを滅ぼそうとします。

しかし、今度は范蠡が「呉には伍子胥がおり夫差もこれを信じています、

今、これを攻めるのは危険です」と反対します。

ところが、かつて呉を破った事で慢心した句践は耳を貸さず呉を攻めて、

記録的な大敗を喫してしまいました。

 

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

 

衝撃!越王句践、助かりたいが為の必死の土下座と命乞い

 

句践は、呉軍に捕えられて、夫差の前に引き出されました。

夫差にとっては父の仇です、この場で血祭りに上げて殺そうと考えました。

 

しかし、天下統一の野望を持つ句践は、ここで見苦しい程の命乞いをします。

平身低頭、頭を地面にすりつけ、

「呉王様、どうか殺さないで下さい、お慈悲を」の一点張りです。

 

夫差は、句践程の男なら「殺すなら殺せ」と言うものだと考えていたので

拍子抜けして怒りがしぼんでしまいます。

 

結局、その場で殺すのは止めて、牢獄に放り込んでしまいました。

越に残っていた家臣の文種(ぶんしゅ)は、これをチャンスと見て

句践を救う為に、夫差の重臣で、賄賂に目がない伯嚭(はくひ)に

多額の賄賂を送り句践の助命を頼みこみました。

 

伍子胥は、一日でも早く、句践を殺すように夫差に進言します。

しかし、伯嚭が必死で句践を弁護したので、次第に夫差は句践がどうでもよくなり

自分の馬を管理する仕事につけて召使として使う事にします。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんな…
  2. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可…
  3. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  4. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と…
  5. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  6. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  7. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/2…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  2. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  3. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!
  4. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  5. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  6. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの? コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します! 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!? 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

おすすめ記事

  1. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  2. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  3. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!
  4. 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  5. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  6. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  7. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親
  8. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP