これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

2015年12月6日


 

越王句践

 

春秋戦国時代の末、南方の呉と越は覇権を争い幾度も戦いを繰り返していました。

越王の句践(こうせん)は、呉王の闔閭(こうりょ)を首尾よく戦死させますが

復讐に燃える闔閭の息子の夫差(ふさ)により撃破され、捕えられます。

ですが、ここから助かる為の句践の人並み外れたゴマすりが炸裂します。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



暗君だが、父の遺言に奮いたつ夫差

 

 

夫差の父である闔閭は、越の王である允常(いんじょう)が死んで句践が

即位すると、出鼻を挫こうと出撃します。

しかし、句践には軍師の范蠡(はんれい)がおり呉軍の前で200名の罪人に

お互いの首を刎ねさせるという奇策を行い、士気が低下した呉軍を撃破します。

、闔閭は退却しますが、途中に敵の矢が足に刺さり、

これが破傷風を起して帰国後、間もなく死にました。

 

死を悟った闔閭は、息子の夫差を呼び寄せて

「必ず自分の仇を討つように」と遺言して亡くなります。

 

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

 

薪(まき)の上に寝て復讐を誓った夫差

 

 

夫差は、暗愚な人物でしたが、父の無念の死に目が醒めたのか、

或いは、名宰相、伍子胥(ごししょ)の言う事に従ったのか

人が違ったように奮戦し敗れた呉を改革して軍を強くしていきます。

 

夫差は、父の無念を忘れない為に、眠る時は薪の上で眠り体を痛めつけ

また、庭に出た時には、家臣に「父の恨みを忘れたか!」と発言させ、

「忘れるものか!」と返答して復讐の気持ちを新たにしました。

 

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

 

越王 句践、呉を攻めて大敗、捕虜になる

 

 

呉が強くなっていくのを見た句践は危機感を抱き、これを滅ぼそうとします。

しかし、今度は范蠡が「呉には伍子胥がおり夫差もこれを信じています、

今、これを攻めるのは危険です」と反対します。

ところが、かつて呉を破った事で慢心した句践は耳を貸さず呉を攻めて、

記録的な大敗を喫してしまいました。

 

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

 

衝撃!越王句践、助かりたいが為の必死の土下座と命乞い

 

 

句践は、呉軍に捕えられて、夫差の前に引き出されました。

夫差にとっては父の仇です、この場で血祭りに上げて殺そうと考えました。

 

しかし、天下統一の野望を持つ句践は、ここで見苦しい程の命乞いをします。

平身低頭、頭を地面にすりつけ、

「呉王様、どうか殺さないで下さい、お慈悲を」の一点張りです。

 

夫差は、句践程の男なら「殺すなら殺せ」と言うものだと考えていたので

拍子抜けして怒りがしぼんでしまいます。

 

結局、その場で殺すのは止めて、牢獄に放り込んでしまいました。

越に残っていた家臣の文種(ぶんしゅ)は、これをチャンスと見て

句践を救う為に、夫差の重臣で、賄賂に目がない伯嚭(はくひ)に

多額の賄賂を送り句践の助命を頼みこみました。

 

伍子胥は、一日でも早く、句践を殺すように夫差に進言します。

しかし、伯嚭が必死で句践を弁護したので、次第に夫差は句践がどうでもよくなり

自分の馬を管理する仕事につけて召使として使う事にします。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての変, 執筆者:kawauso, 春秋戦国時代
-, , , , , , , ,