キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

前漢

【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・

この記事の所要時間: 310




 

前漢の武帝は匈奴を滅ぼすために西の国の月氏と同盟しようと考え、

張騫(ちょうけん)を使節団の長に任命して派遣します。

そして13年後、彼の元に張騫が帰国。

彼は張騫から月氏との同盟が失敗に終わったことを聞き、落胆してしまいます。

しかし張騫からもたらされた西の国の情報を聞いて大いに興奮します。

その中でも一番気になった情報は汗血馬と言われる一日千里を走ると言われている馬の

情報でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ




汗血馬欲しい病が再発

photo credit: israel gutier The way to the color via photopin (license)

photo credit: israel gutier The way to the color via photopin (license)

 

武帝は張騫の死後も西へ頻繁に使者を出しておりました。

頻繁に使者を西へ送り出すことによって西の国がどのような所で、どういった場所にあるのかを

調査するためです。

こうして得た情報を元に武帝は西の国がどのような文化を持ち、

どういった物産を有しているのかを知り得ることになります。

そんな中、ある使者が武帝の元に「大苑の国には汗血馬が何頭も保有されているそうです。

その場所は弐師城(にしじょう)と言われるところで飼育しているそうです。」と

情報をもたらしてきます。

武帝は張騫から汗血馬と言うものがどのような馬であったのかを知っており、

その時にすごく欲しくなりましたが、手に入らないため諦めておりました。

しかし大苑に汗血馬が大量にいることを知ると再び汗血馬欲しい病が発病してしまうのです。



大苑に汗血馬を譲ってくれとお願いするが・・・・

赤兎馬と武霊王

 

武帝は汗血馬欲しさのあまり再び大苑へ使者を派遣することを決めます。

そして使者の長へ「大苑の王へ汗血馬を譲ってくれるようにお願いして来い」と命令。

大苑の王へ送る贈り物は大量になり、中には黄金づくりの馬も入っておりました。

こうして使者は大苑に到着すると大苑の大臣に

「この贈り物をお収めください。

そしてお願いがあるのですが、大苑が保有している汗血馬を漢へ譲ってはくれないでしょうか。」と

お願いします。

すると大苑の大臣は「いや。漢からいっぱいもらっているし、欲しいものないから譲れない」と

却下します。

この返答を聞いた使者は激怒し、「ふざけんな。散々宝物をあげたのに馬すら譲ってくれないのか、

このケチめ」と言って黄金の馬を壁へ打ち付け粉々に打ち砕いて、大苑を出ます。

漢の使者の無礼を怒った大苑の大臣は漢の使者が帰り道に伏兵をおいて彼らを攻撃。

そして漢の使者が持っていた宝物をかっぱらってしまいます。

 

 

汗血馬を奪ってやる

三国志 ろうそく 写真

 

武帝は大苑の国が漢の使者を襲ったことを聞くと激怒。

そして弐師城で飼育されている汗血馬を奪うために軍を出動させることを決めます。

武帝はこの遠征軍の総大将に側室の李氏の一族である李広利(りこうり)を任命します。

李広利は遠征軍の総大将に任命されると張り切って遠征軍を率いて出撃。

この時李広利が率いていた人数は数万人でした。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

 

遠征は大失敗

月 f

 

李広利は大苑に向けて進撃していきますが、食料補給がうまくいきませんでした。

その原因は飢饉にあります。

当時西では飢饉によって食料が欠乏している有様で、どの国も漢の軍勢に食料を提供できる

状態ではありませんでした。

そのため、漢の軍勢が来ると城門を閉めて過ぎ去るといった状態の国が数多くありました。

李広利は食料提供を拒んだ城へ猛攻をかけますが、小国の城すら落とせない有様でした。

こうした状況に李広利は焦り始め、食料がなくなる前に大苑の中都市である郁成という都市へ

攻撃を仕掛けます。

だがこの郁成の城は漢の攻撃に耐え抜くだけではなく、大反撃を行い漢軍を打ち払います。

李広利はこうして敗退し率いていた軍勢は飢饉と郁成の敗北によって一割も残らない状態でした。

 

前漢ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

さて李広利はその後どうしたのでしょうか。

彼は残った数千の兵を率いて漢に退却し、

武帝に「大苑の地は飢饉が続いており、我が軍は食料補給が間に合いません。

さらに大苑の国は引きている兵だけではとても勝ち目がない状態です。

そこで我らは相談して、一度兵を引くことにしました。

兵を引いて休憩を兵たちに取らせてからではないと勝ち目がないと思ったからです。

そして陛下に兵の増援してもらい大軍で一気に大苑を攻略したいと考えております。」と

お願いします。

武帝はこのお願いを聞き入れて、李広利に増援軍を派遣することにします。

さて李広利は増援を受けてから一体どうしたのでしょうか。

この続きをお楽しみに。

「今回の前漢のお話はこれでおしまいにゃ。

次回の武帝の欲望のお話を楽しみにしててにゃ。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!
  2. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  3. 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」…
  4. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価…
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見ど…
  6. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  7. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  8. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】
  2. 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件
  3. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった
  4. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  5. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  6. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった? 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった? 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略? 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑

おすすめ記事

  1. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)
  2. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?
  3. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  4. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  5. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  6. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  7. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  8. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP