呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ




曹仁 曹操

 

三国志最大の領土を築いた魏の曹操(そうそう)

いくつもの戦いを誰とも同盟することなく戦い続けた彼ですが、

若かりし頃の曹操は辛くて苦しい場面がいくつもありました。

董卓連合軍に参加した頃は金なし、兵糧なし、兵力なしの状態でしたが、

なんとか苦心して兵力をかき集めて董卓討伐戦に参加しております。

今回は董卓討伐連合軍で奮闘していた曹操の姿をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




反董卓連合軍に参加するため

抜き出た曹操

 

曹操は董卓の追っ手を交わしてなんとか洛陽から脱出することに成功し、

兗州(えんしゅう)に到着すると家に蓄えられていた金を使って、

董卓討伐をするために兵を募兵することにします。

この時に曹操に資金援助してくれた心優しい人物がおりました。

その名を衛茲(えいじ)と言い、

彼の協力のおかげでなんとか5千人ほどの兵力を得ることに成功します。

こうして曹操は群雄として名乗りを上げることになります。




反董卓連合軍に参加するが・・・・

反董卓軍010

 

曹操は5千の兵を率いて反董卓連合軍に参加。

名門出身の袁紹がこの反董卓連合軍の盟主の座に就任しますが、

彼ら連合軍は董卓軍へ攻撃を仕掛けることをせずに、

毎日幕舎で宴会ばかり開いている有様でした。

曹操は彼ら諸将が何にもしないで酒ばかり飲んでいる有様に怒りを感じ、

諸将の間に激を飛ばします。

彼が制作した檄文の内容をざっくりと説明すると

「諸将は董卓を討伐するためにここに集まったはずなのに、

毎日酒ばかり飲んでいるではないか。

董卓軍は今洛陽を捨てて長安へ退却している。

今追撃をかければ董卓を討伐することは容易いであろう」と

諸将へ董卓軍の追撃を行うように命令を出します。

しかしこの激文に応えて参加したのは、

曹操の親友である張邈(ちょうばく)と鮑信(ほうしん)だけでした。

 

三人で董卓軍へ攻撃を仕掛けるが・・・・フルボッコされる

曹洪と曹操

 

曹操・張邈鮑信の三人は董卓軍を追撃するべく出撃しますが、

董卓軍の殿を務めていた徐栄(じょえい)軍にボコボコにされてしまいます。

曹操もこの時に怪我を負ってしまいますが、曹操の従弟である曹洪(そうこう)の助けによって

なんとか退却することに成功。

曹操はこの戦いでフルボッコにされてしまいますが、

果敢な将軍としての名声を得ることに成功します。

 

董卓軍へ攻撃を行うために再び募兵をするが・・・・

曹操 夏侯惇

 

曹操は徐栄軍にフルボッコにされてしまったために兵力を大きく減らしてしまいます。

そのため彼は揚州(ようしゅう)へ夏侯惇(かこうとん)と一緒に兵力を獲得するために、

向かいます。

この地で4千ほどの兵力を手にすることに成功するのですが、

兵士達が反乱を起こしてしまいます。

曹操は反乱を起こした兵士達を倒すために自ら剣を奮って戦いなんとか反乱を鎮圧。

だがこの反乱で4千いた兵力はたったの5百人に減ってしまいます。

しかし曹操はめげずに揚州からの帰り道で募兵を繰り返し、

1千人ほどの兵力を獲得することに成功しますが、董卓連合軍は解散の兆しを見せておりました。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉さん02b 背景あり

 

曹操の若かりし頃は後年の魏を建国した時のような余裕など一切なく、

東奔西走しておりました。

反董卓連合軍に参加した時から群雄として立った独り立ちすることになった曹操。

彼は兵力も少なく、拠って立つ土地すらない状態でした。

しかしこの反董卓連合軍に参加した時に誰ひとりとして動かない諸将の中で、

果敢に攻撃を仕掛けたことがきっかけで、彼に運が向いてくることになります。

上記を計算して曹操が董卓軍に劣勢でありながら攻撃を仕掛けたのであれば、

名声の利用価値を知っておりとんでもない人物であったことが伺えます。

 

 

参考文献 講談社 乱世の英雄 尾崎秀樹著など

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  2. 曹操と黄巾賊 劉備も孫権も黄巾賊と変わらない!三国志の蜀の皇帝劉備と呉の皇帝孫…
  3. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  4. 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命…
  5. 韓信vs孔明 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  6. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の…
  7. はじめての三国志 画像準備中 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  8. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 劉邦と張良と陳平
  3. 王賁
  4. 劉禅
  5. 始皇帝
  6. 徐庶
  7. 関興と張苞

おすすめ記事

  1. 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい 桂小五郎(木戸孝允)
  2. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  3. 邪馬台国VS狗奴国の戦乱後、 狗奴国の存在は?スサノオはどうなったの? スサノオノミコト(日本神話)
  4. 東京オリンピック2020は大学連携とPRで大きく変わる? 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  5. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは? 絶世美女 貂蝉
  6. 龐統はどんな性格をしていたの?希代の怠け者であり曹操を騙した軍師 龐統

三國志雑学

  1. 降伏する劉禅
  2. 過労死する諸葛孔明
  3. 呉蜀赤壁の戦い
  4. 陳蘭
  5. 周瑜の魅力
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉寵と袁術
  2. 劉虞
  3. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  4. 孔明
  5. キングダム54巻amazon
  6. 鼎(かなえ)

おすすめ記事

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった お酒が強い篤姫 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう! 野球をする呂布、孔明、劉備 はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達 劉備 婿 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 キングダム休載スペシャル!楊端和完全勝利シナリオを解説 朶思大王 インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ! 王翦 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何? 羌瘣 【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事教官【キングダム外伝】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP