はじめての三国志

menu

はじめての変

兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ

この記事の所要時間: 234




曹仁 曹操

 

三国志最大の領土を築いた魏の曹操(そうそう)

いくつもの戦いを誰とも同盟することなく戦い続けた彼ですが、

若かりし頃の曹操は辛くて苦しい場面がいくつもありました。

董卓連合軍に参加した頃は金なし、兵糧なし、兵力なしの状態でしたが、

なんとか苦心して兵力をかき集めて董卓討伐戦に参加しております。

今回は董卓討伐連合軍で奮闘していた曹操の姿をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




反董卓連合軍に参加するため

抜き出た曹操

 

曹操は董卓の追っ手を交わしてなんとか洛陽から脱出することに成功し、

兗州(えんしゅう)に到着すると家に蓄えられていた金を使って、

董卓討伐をするために兵を募兵することにします。

この時に曹操に資金援助してくれた心優しい人物がおりました。

その名を衛茲(えいじ)と言い、

彼の協力のおかげでなんとか5千人ほどの兵力を得ることに成功します。

こうして曹操は群雄として名乗りを上げることになります。




反董卓連合軍に参加するが・・・・

反董卓軍010

 

曹操は5千の兵を率いて反董卓連合軍に参加。

名門出身の袁紹がこの反董卓連合軍の盟主の座に就任しますが、

彼ら連合軍は董卓軍へ攻撃を仕掛けることをせずに、

毎日幕舎で宴会ばかり開いている有様でした。

曹操は彼ら諸将が何にもしないで酒ばかり飲んでいる有様に怒りを感じ、

諸将の間に激を飛ばします。

彼が制作した檄文の内容をざっくりと説明すると

「諸将は董卓を討伐するためにここに集まったはずなのに、

毎日酒ばかり飲んでいるではないか。

董卓軍は今洛陽を捨てて長安へ退却している。

今追撃をかければ董卓を討伐することは容易いであろう」と

諸将へ董卓軍の追撃を行うように命令を出します。

しかしこの激文に応えて参加したのは、

曹操の親友である張邈(ちょうばく)と鮑信(ほうしん)だけでした。

 

三人で董卓軍へ攻撃を仕掛けるが・・・・フルボッコされる

曹洪と曹操

 

曹操・張邈・鮑信の三人は董卓軍を追撃するべく出撃しますが、

董卓軍の殿を務めていた徐栄(じょえい)軍にボコボコにされてしまいます。

曹操もこの時に怪我を負ってしまいますが、曹操の従弟である曹洪(そうこう)の助けによって

なんとか退却することに成功。

曹操はこの戦いでフルボッコにされてしまいますが、

果敢な将軍としての名声を得ることに成功します。

 

董卓軍へ攻撃を行うために再び募兵をするが・・・・

曹操 夏侯惇

 

曹操は徐栄軍にフルボッコにされてしまったために兵力を大きく減らしてしまいます。

そのため彼は揚州(ようしゅう)へ夏侯惇(かこうとん)と一緒に兵力を獲得するために、

向かいます。

この地で4千ほどの兵力を手にすることに成功するのですが、

兵士達が反乱を起こしてしまいます。

曹操は反乱を起こした兵士達を倒すために自ら剣を奮って戦いなんとか反乱を鎮圧。

だがこの反乱で4千いた兵力はたったの5百人に減ってしまいます。

しかし曹操はめげずに揚州からの帰り道で募兵を繰り返し、

1千人ほどの兵力を獲得することに成功しますが、董卓連合軍は解散の兆しを見せておりました。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉さん02b 背景あり

 

曹操の若かりし頃は後年の魏を建国した時のような余裕など一切なく、

東奔西走しておりました。

反董卓連合軍に参加した時から群雄として立った独り立ちすることになった曹操。

彼は兵力も少なく、拠って立つ土地すらない状態でした。

しかしこの反董卓連合軍に参加した時に誰ひとりとして動かない諸将の中で、

果敢に攻撃を仕掛けたことがきっかけで、彼に運が向いてくることになります。

上記を計算して曹操が董卓軍に劣勢でありながら攻撃を仕掛けたのであれば、

名声の利用価値を知っておりとんでもない人物であったことが伺えます。

 

 

参考文献 講談社 乱世の英雄 尾崎秀樹著など

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…
  2. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  3. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  4. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  5. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  6. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?
  7. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  2. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説
  3. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  4. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  5. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  6. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント? 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの? 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け! 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす

おすすめ記事

  1. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  2. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる
  3. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  4. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?
  5. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち
  6. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  7. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  8. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP