キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?

騎馬兵にあこがれる歩兵




騎馬兵にあこがれる歩兵

 

三国志演義は民衆達が楽しめるように刊行された正史三国志を元ネタにした娯楽本ですが、

三国志演義の前半最大の見せ場といえば、赤壁の戦いではないでしょうか。

正史三国志ではこの戦いをたった数行でしか紹介していませんが、

三国志演義ではいろいろな創作を導入することで、華々しい戦いとして読者を楽しませております。

今回は三国志演義の赤壁の戦いのどこが創作なのかをピックアップしてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?

 

 

三国志演義・赤壁の戦いの創作その1:連環の計

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

三国志演義では孫呉の総司令である周瑜(しゅうゆ)龐統(ほうとう)が、

曹操軍の船を鎖で結ばせれば、逃げることもできない状態になるでしょう。

あとは周瑜殿が考えている必勝の火計を用いれば曹操軍の船は全滅させることが可能でしょう。

私が曹操軍へいって曹操に進言してきましょう。」と

連環の計を進言したことにより行われることになります。

龐統は曹操の元へ行き船を鎖で結ばせることの利点を説きます。

すると曹操は龐統の進言を聞き入れて、船を鎖で結びつけることにします。

上記が連環の計のざっくりとした説明ですが、この計略・・・・実はフィクションでした。

龐統正史三国志で曹操にこのような助言を行っていた事実は一切ありませんでした。

 

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

関連記事:曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?

 

 

三国志演義・赤壁の戦いの創作その2:10万本の矢を集めた逸話

孔明 矢

 

孫呉の総司令官である周瑜劉備軍の外交官である孔明

「我が孫呉では弓矢不足で困っております。何とかできますか。」と相談します。

すると孔明は「任せてください!!」と言った後、周瑜から小さい軍船を1艘借りて出かけて行きます。

彼は船の両舷にわら人形をたくさん立ててから深夜、曹操軍の陣地へ向かいます。

曹操軍では軍船が孫呉軍の方からやってくるので、軍船めがけて大量の矢を撃ちまくります。

孔明は船の両舷に立てた藁人形達に矢が沢山刺さっていることを確認すると撤退。

孫呉の陣営に帰ると周瑜へ「弓矢をたくさん仕入れてきましたので、これをお使いください」と

言ってわら人形にたくさん突き刺さった弓矢を周瑜に献上しております。

しかしこれも三国志演義のフィクションになります。

この10万本の弓矢の話は孫権が元ネタとなっているそうです。

また10万本の弓矢の逸話を使用して敵から矢を仕入れた武将として有名なのが

唐の時代で城を守らせたら鉄壁と言われる張巡(ちょうじゅん)が使用しております。

 

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

 

三国志演義・赤壁の戦いの創作その3:東南の風

孔明 東南の風

 

周瑜は火計を用いて曹操軍の軍船を燃やし尽くして勝利を得ようと考えておりましたが、

曹操軍の方に吹く風が発生しなくて困っておりました。

周瑜は孔明に相談すると「任せてください!!」と二つ返事で了承。

孔明は祈祷を行うと風向きが突然変化し、曹操軍の方へ勢いよく吹き始めます。

周瑜は風向きが変化したことを知ると前もって曹操軍へ偽装投降する手はずを整えていた

黄蓋に乾いた柴をたくさん載せて出発させます。

その後ははじさん読者も知っている通りで、

黄蓋は自らの船に火をつけて突撃させて曹操軍の船を火だるまにしてしまいます。

曹操軍はくさりで船と船を縛り付けていたので、

火から船を避けることもできずに燃やされてしまいます。

こうして赤壁の戦いは終幕を迎える事になるのですが、

孔明が起こしたこの東南の風もフィクションだったのです。

孔明は東南の風が起きることを予知していた訳でもなく、

単純に赤壁の戦いを盛り上がらせるためのフィクションとして創作したものです。

 

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

正史三国志の赤壁の戦いがたった数行でしか紹介されていないため、

三国志演義を完成させた羅貫中(らかんちゅう)は

色々な創作を作るしかなかったのではないのでしょうか。

それにしても上記で紹介した以外の計略も巧妙にフィクション計略が入っているので、

読者も疑うことなく赤壁の戦いを盛り上がって読むことができるので、

三国志に興味をもって赤壁の戦いを知った方は結構ショックな出来事ではないのでしょうか。

レンも三国志演義から入ったのですが、本当の赤壁の戦いを知って結構ショックだったことを

覚えております。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 晋の陳寿 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件
  2. 孫夫人と趙雲 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…
  3. 馬超の兜にフォーカス 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ
  4. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  5. 絶世美女 貂蝉 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  6. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…
  7. 郭嘉 vs 法正 郭嘉と法正って似ている所あったの?
  8. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 兀突骨
  2. 費禕
  3. 虎形棺座
  4. 水攻めをする兵士
  5. 孔子と儒教
  6. おんな城主 直虎
  7. 幻の1940年の東京五輪 いだてん

おすすめ記事

  1. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 兀突骨
  2. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ? 韓信
  3. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  4. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします
  5. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの? 司馬懿と曹操
  6. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪

三國志雑学

  1. 法正
  2. 蒋琬(しょうえん)
  3. 姜維と孔明
  4. スキッパーキ犬


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明治天皇
  2. 楽進
  3. 関羽の青銅像
  4. 野望が膨らむ鍾会
  5. 何進に見切りをつける蒯越(カイ越)

おすすめ記事

楊彪を司空に任命させる董卓 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか? 嬴政(始皇帝) キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに? はじめての三国志 「はじめての三国志」のロゴが完成しました 侍と忍者は世界でも大人気!!侍と忍者が登場するゲーム5選 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想! 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】 キングダム キングダム598話ネタバレ予想ガチリアルに漫画の流れを予想する 袁紹と献帝と董卓 袁紹と何進はなぜ董卓を都へ招集したの?後漢王朝の命運を絶った大愚挙

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP