呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

羅漢中

 

三国志演義の原作者と考えられている羅貫中(らかんちゅう)ですが、

彼が元末の戦乱時代に、張士誠(ちょう・しせい)の幕僚として

働いていた事は余り知られていません。

 

 

三国志演義の合戦シーンは、もちろん14世紀のものですが、かなり

リアルで臨場感があるとされていて、それは羅貫中が実際に従軍していて、

戦場の様子を知っていたからだと言われているのです。

 

 

羅貫中が生きた時代はどんな時代だったの?

騎馬兵 騎馬軍団

 

羅貫中が生きていた、14世紀後半、中国ではモンゴル民族の元が衰え、

白蓮教という新興宗教をバックに、朱元璋(しゅげんしょう)

陳友諒(ちんゆうりょう)、そして張士誠という3名の実力者が、

それぞれ王を名乗っているという三国時代でした。

 

 

羅貫中は、その中でも江南を抑えていた張士誠の幕僚だったのです。

 

 

赤壁の戦いに似ている戦いが起こった

赤壁の戦い

 

実は、この3者の内の陳友諒と朱元璋は、西暦1363年、

天下分け目の八陽湖の戦いを起して激突するのですが、

その戦いの様子が、赤壁の戦いにとても良く似ているのです。

 

 

「陳友諒は朱元璋に覆された優位を挽回すべく形勢逆転を狙って、

巨艦数百艘、兵員60万と号する大船団を南昌に向けた。

それに対して朱元璋は、白塗りの小型船を中心にした20万の大軍を

動員して陳友諒と対峙した。」

 

 

どうですか?数に違いはあるのですが、曹操孫権赤壁の戦い

シュチュエーションがそっくりではありませんか?

 

 

戦いをさらに追っていきましょう・・

 

 

「陳友諒の船団は、巨艦を集めて艦と艦を鎖で繋いで陣としていた。

一方で朱元璋の船団は小型船が中心であり火力を重視した。」

 

巨艦を集めて、艦と艦を鎖で繋いでいた

これって連環の計ですよね!

 

 

もう少し、話を進めてみましょうか・・

 

 

「朱元璋の軍は小型の船が多く、陳友諒の巨艦に恐れをなして

戦いは不利だった、陳友諒の部下の勇将張定辺(ちょうていへい)が、

一時朱元璋の旗艦に肉薄するほどの苦戦を強いられていた。」

 

 

成程、ここでは巨艦が優位に働き小船の朱元璋の軍は苦戦を強いられた。

ここは、赤壁の戦いとは違います。

 

 

 

「しかし陳友諒側は長期包囲戦の後の疲労もあり、

朱元璋軍の通海率いる火砲船団が鈍重な陳友諒の船舶を砲撃して

次々を火だるまに変えていき、戦いの主導権は朱元璋に移りつつあった。」

 

 

三国志演義にはない、新兵器の火砲を連続で使って陳友諒軍の巨艦を

どんどん火だるまにしたとあります。

 

 

そして、次の件では決定的な事が起きます。

 

 

「戦いの3日目に、にわかに東北の風が吹いた。

朱元璋は決死隊による火船七艘を陳友諒に突っ込ませたため、

折からの強風で身動きのとれない巨艦は一気に炎上

「煙焰天にみなぎり、湖水ことごとく赤なり」という地獄絵図になった。」

 

 

↑どうですか!どうですか! これどう見ても、孔明が東南の風を吹かせて

黄蓋が苦肉の計で降伏を偽り、火のついた船を突入させた件と同じですよね!

 

 

この戦いで60万を号した陳友諒の軍は、水死、戦死数え切れないという

大惨敗を喫して、陳友諒も、弟で勇将の誉れ高い陳友仁戦死して、

翌年に陳軍は、朱元璋に降伏してしまいます。

 

関連記事:龐統初登場、連環の計発動!

関連記事:龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

関連記事:連環の計って、どんな作戦?

 

赤壁の戦いと八陽湖の戦いが酷似している

朱元璋

 

この八陽湖は、赤壁よりは、ずっと東側なんですが、同じ長江の上での

戦いで、雰囲気も似ています。

 

 

あくまでも仮定ですが、この戦いのあらましを羅貫中は知っていて

これをリアルに赤壁の戦いに引用したのではないでしょうか?

 

ちなみに、この朱元璋は、ほどなく江南に地盤を持っていた張士誠を攻め滅ぼし

1368年に中国を統一して明を建国しています。

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

 

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

こちらの記事もよく読まれています

孫権 劉備 対立

 

よく読まれてる記事:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?

 

孔明 東南の風

 

よく読まれてる記事:曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

周瑜 死

 

 

よく読まれてる記事:赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)

 

正史 三国志 張飛

 

よく読まれてる記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

 

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

関連記事

  1. 陳寿(晋) ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした…
  2. 孔明 vs 司馬懿 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第14部
  3. 曹操 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  4. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  5. 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ…
  6. 病死した郭嘉 どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救…
  7. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できた…
  8. 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 虎士(黒豹)
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 今川義元
  4. 劉虞
  5. 孔明の罠
  6. 曹操は関羽をGET
  7. 船冒険する諸葛直 船
  8. 孔明と司馬懿

おすすめ記事

  1. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】
  2. 島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの?
  3. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】
  5. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  6. 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの? 関興と張苞

三國志雑学

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. キレる劉備になだめる黄権
  3. 張飛のヨメ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 胡亥
  2. 蜀の劉備
  3. 周瑜に憧れる袁術
  4. 考える諸葛亮孔明
  5. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧
  6. 酒乱の徳川慶喜

おすすめ記事

再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは? はじめての三国志からのお知らせ バナー 【告知】はじめての三国志コミュニティ10月1日よりリリース開始 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 吉田松陰の辞世の句は3つあった!松陰最期の日の心境に迫る 李斯 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし) キングダム587話最新ネタバレ「祈るのみ」レビュー 徐庶の初陣 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する! 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP