広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち

この記事の所要時間: 21




張遼・楽進・李典

 

強い組織にはやはり優れた将器を持った人物が揃っているものです。

それらをまとめて「四天王」と呼んだりするのは戦国時代の共通項でもあります。

大人気アニメワンピースでも「四皇」やら「七武海」など強者をひとくくりにして呼んでいますね。

もちろん、そこに入るためには、やはり武勇だけでなく周囲を納得させる実績も必要になります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




魏の名将・五人衆

五虎大将軍 関羽

 

蜀には有名な「五虎将軍」というくくりがあります。

実際にそう呼ばれていたのかという真偽は別にしても、

それだけのカリスマを持っていた武将が五人いたのです。

対する魏にも名将と呼ばれるものたちが数多くいます。

曹操の血縁関係にあたる夏候惇や夏侯淵、

曹仁や曹洪などはまさに旗上げ当時から活躍した歴戦の勇です。

彼らをして「魏の四天王」と呼んだりもします。

逆に敵勢力から降ってきた名将を中心に「五人衆」などと呼んだりするくくりもあります。

それが張遼・于禁・張郃・楽進・徐晃の五人です。




泣く子も黙る猛将・張遼

張遼 カカロットーーーー!

 

三国志最強と呼ばれる呂布の配下だった張遼は呂布の死後、曹操に降りました。

西暦215年、魏と呉が争った「合肥の戦い」では、

わずか八百の兵で十万近い呉の陣に攻め込み孫権を追い込んだほどの武勇の持ち主です。

蜀の関羽からも実力を認められており、魏が誇る最強の武将といっていいでしょう。

呉では張遼が襲撃に来ると聞くと泣く子も黙ったというまさにレジェンドです。

 

冷静沈着の名将・于禁

于禁と兵士

 

猛将・鮑信の配下でしたが、主君が黄巾の残党に殺されて曹操に従うようになります。

曹操が、一時は降伏した張繍の反乱で危機に瀕した際、

騒ぎに乗じて裏切った味方を独断で倒し、曹操の兵が立て直す時間を作ったことで有名です。

西暦219年の蜀の関羽との戦いで、水攻めに破れ、降伏しています。

この一度の失態で于禁は名を落とす結果になりますが、そこまでの彼の武功は特筆すべきものです。

 

歴戦の名将・張郃

基礎知識 馬謖04 張コウ

 

もとは冀州の牧・袁紹の部下です。公孫瓚との戦いで武功をあげましたが、

曹操との戦いでは進言を受け入れてもらえず、

逆に烏巣にある兵糧庫が襲撃された事件で責められる立場となって曹操に帰順します。

西暦211年の馬超・韓遂と戦った「潼関の戦い」では敵軍を打ち破る働きをしています。

さらに西暦228年の蜀・諸葛亮孔明との戦いでは馬謖を街亭の戦いで見事に破っています。

 

生え抜きの勇将・楽進

楽進

 

曹操が旗上げした当時からの生え抜きの武将です。

敵を恐れず常に一番槍を争ったといわれており、

袁紹との激戦では、敵の兵糧庫を守る大将の淳于瓊を討ちました。

また、袁紹の長子・袁譚を攻めた際も一番槍の武功をあげています。

外様の張遼とはあまり仲が良くなかったと伝わっています。

 

関羽を打ち破った名将・徐晃

楊奉 ゆるキャラ

 

もとは楊奉(ようほう)の配下でしたが、

献帝の長安脱出の際に意見が衝突し、曹操に帰順を決めています。

曹操軍が戦ったほとんどの戦場に登場し、その度に武功をあげています。

袁紹との戦いでは敵軍最強の顔良・文醜も破っています。

西暦219年の関羽との戦いでは、味方を救うべく宛に布陣し、最終的には関羽を打ち破っています。

曹操からも絶賛され、古の名将・周亜夫の再来とまで褒め称えられた名将です。

どんなに活躍しても驕ることがなかったというのがさらに徐晃の魅力です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

蜀や呉の武将たちよりも遥かに多い戦の経験をもっている五人です。

もっともっと評価されてもいいはずです。

四方八方を敵に囲まれた曹操が勢力を広げられたのは、

まぎれもなく彼らの超人的な活躍があったからでしょう。

また、これほどの武勇を誇る武将たちを敵に回しながら、

その魅力で味方につける曹操のカリスマ性もやはり凄まじいものがあります。

強力な猛者たちを次々に仲間にしていく曹操の姿は、

ワンピースの世界で海賊王を目指す「ルフィ」とかぶるところがあるような気がしますね。

みなさんはどうお考えでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…
  2. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  3. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  4. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  5. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  6. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  7. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  8. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  2. 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの?
  3. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  4. 【はじさん編集部】第3話 大三国志スキルカイトルで一攫千金の巻!
  5. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2
  6. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何? 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官

おすすめ記事

  1. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で?
  2. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  3. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  4. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  5. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  6. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  7. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?
  8. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP