ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての漢

顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇

漢の顔良(がんりょう)




顔良&文醜

 

河北の覇者となった袁紹の元には多くの有能な人材が集まります。

文官でいえば田豊(でんぽう)を筆頭に沮授(そじゅ)郭図(かくと)などが有名です。

武官でいえば張郃(ちょうこう)文醜(ぶんしゅう)などの名が知られております。

その中で今回文醜と共に袁紹軍の勇将として知られた顔良(がんりょう)と文醜について

ご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔良と文醜は三国志の中でも可哀想な武将だった!その理由とは?

関連記事:【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

 

 

正史三国志」に記載がない謎の武将・顔良

顔良と袁紹

 

袁紹の配下としてその名を知られている顔良ですが、

実は彼、陳寿が書いた正史「三国志」にはその名前が記載されていない謎の人です。

ですが、「後漢書」にはしっかりと彼の名前が書いてることから、

実在していた人物なのは間違えありません。

また顔良が実在していた証左として、

唐の時代に学問の重要性を書いた顔之錐(がんしすい)という人が、

「私の先祖に三国志の勇将として知られた顔良がいる」と述べております。

 

 

官渡の戦いから名前が出てくる

官渡の戦いと2

 

顔良と文醜が実在した人物であるのは間違えなさそうですが、

袁紹軍でどのような功績を挙げていたのかは実際のところ記載されていない為、

不明です。

しかし袁紹と曹操が中原の覇者を決める戦いである「官渡の戦い」に参加していたのは、

間違えなさそうです。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

官渡の戦いで白馬攻撃に参加

顔良

 

顔良は郭図淳于瓊(じゅんけい)らともに袁紹に命じられて、白馬攻撃に向かいます。

この時沮授が「顔良はイノシシのように突っ込むことしか知らない為、

戦況を把握できずに敗れるのではないでしょうか。」と進言します。

しかし袁紹は沮授の進言を取り上げず、顔良達に白馬攻撃を任せます。

 

荀攸の進言を取り入れる

曹操 真田丸

 

曹操は白馬に袁紹軍の大軍が迫ってきていると報告が入ります。

荀攸(じゅんゆう)はこの報告を曹操から知らされると「袁紹軍の本体の背後に回り込むように

陽動を仕掛ければ、白馬を攻撃している袁紹軍は退却するはずです。」と進言。

曹操はさっそくこの進言を取り入れて、袁紹軍本体へ回り込むように軍を進めます。

袁紹は曹操軍が自らの軍勢の背後に回る動きを示した事で、

曹操軍に対応するため本体を二つに分けます。

曹操は袁紹が陽動作戦に引っかかった事を知ると、急いで白馬救援に向かいます。

 

顔良軍敵中に孤立する

曹操 魏王

 

郭図淳于瓊は袁紹軍の本体が危険にさらされている事を聞き、

急いで引き返していきます。

しかし顔良は白馬が陥落する寸前であったのか、

それとも沮授が言ったように戦況を読めないイノシシ武者だったのか、

今となってはわかりませんが、白馬攻撃を単独で行います。

そのため曹操軍が白馬付近に来た時、顔良は急いで曹操軍を迎撃する陣を敷きます。

 

関羽に一撃で討たれる

顔良と関羽

 

曹操は顔良軍のみが戦場に踏みとどまって白馬を攻撃している事を知ると、

顔良軍を殲滅するため張遼(ちょうりょう)と曹操の客将となっていた関羽に、

「顔良軍へ猛攻かけて殲滅せよ」と命令。

張遼軍と関羽は顔良軍めがけて突撃していきます。

この時関羽は単騎で顔良軍の奥深くに突き進んでいき、顔良を一撃で討ちとっています。

顔良が関羽に討ち取れられると白馬を攻撃していた顔良の軍勢は、

すぐに退却していきます。

こうして袁紹軍の勇将として名を馳せていた顔良は残念な最期を迎えることになります。

 

顔良の敵討ちを図るも…

馬超フルボッコ02 関羽

 

文醜は顔良が討ち取られた事を知ると大いに悲しみ、彼のために敵を討とうと決意。

この決意が身を結んだのか、すぐにチャンスがやってきます。

袁紹は曹操軍が顔良を討ち取って白馬を放棄したことを知らされると、

すぐに追撃の軍を出陣させます。

この追撃の軍を指揮したのが、復讐に燃える男・文醜です。

彼は曹操を討ち取ろうと、曹操軍を急追します。

荀攸は袁紹軍が追撃している事を密偵から知らされると、

再び曹操に「殿。ここは輜重隊を囮にして袁紹軍の軍勢を混乱させた後、

一気に文醜を包囲して討ち取ってしまえばいいのではないでしょうか。」と進言します。

曹操は荀攸の作戦を再び採用し、軍から輜重隊を切り離します。

すると袁紹軍の兵は輜重隊に群がり、軍の隊形が乱れていきます。

曹操はこのチャンスをしっかりと掴み、文醜軍に猛攻をかけます。

文醜は隊形の乱れた軍勢を何とか立て直そうとしますが、

曹操軍の攻撃の前に敗れてしまいます。

そして顔良と同じように彼も討ち取られてしまうのです。

 

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

関連記事:【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!

 

三国志ライター黒田廉の独り言

三国志ライター黒田廉の独り言

 

顔良は残念な最期を迎えることになりましたが、さすがに関羽がいくら強くても

敵陣の中に単騎で入っていってはあっけなさすぎると思った三国志演義は、少し

脚色しています。

当時袁紹の元には劉備がおり身を寄せておりました。

そのため劉備が袁紹や白馬攻撃が決まった顔良に「関羽の風貌を教えておくから

斬らないで、私をよんでくれ」と頼んだとしております。

そのため顔良は関羽の風貌を見て、

攻撃を仕掛けなかった為に一撃で討ちとられてしまったと

三国志演義に記されております。

しかし一つ言えることは、関羽に一撃で斬り殺されてしまった事で、

彼の名前は有名になった事は間違えの無いことだと思います。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた『はじめての三国志』でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…
  2. 袁尚と対立する袁譚 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…
  3. 被害妄想で怯える韓馥 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え…
  4. 出世した韓遂 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反…
  5. 邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』…
  6. 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  7. 関羽 男だち 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  8. 袁紹が宦官を惨殺に行く 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術をからかう呂布
  2. 袁紹を説得しようとする田豊
  3. 曹洪
  4. 皇帝に就任した曹丕
  5. 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  6. 劉邦をなだめる陳平と張良
  7. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

  1. 曹丕も感動した煮豆の詩とはどんな詩? 枝豆と煮豆 曹丕と曹植
  2. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強 蒼天航路
  3. キングダム最新610話ネタバレ予想「藺相如の遺言内容が判明!」 kawauso編集長
  4. 岩崎弥太郎とはどんな人?世界の三菱を築き上げた一代の政商の生涯 岩崎弥太郎
  5. 曹操の詩の世界を体験してみよう 曹操 詩
  6. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略3】激戦・徐州攻略戦でONLINE の怖さを知ることに

三國志雑学

  1. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
  2. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  3. kawausoと呂布と張遼
  4. 孫権 劉備 対立
  5. 馬良と孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. 王翦
  3. 釣りをする太公望
  4. おんな城主 直虎
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 幕末 洋式軍隊の行進
  7. ホウ徳、馬超

おすすめ記事

三国志大学 曹操 科挙とは何?中国の元祖公務員試験を知ろう 曹操 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 ボロボロになった馬超 賈詡の智謀に敗れた馬超。「潼関の戦い」を分かりやすく解説 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰 曹操と機密保持 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント? 孟嘗君 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の作品の元になっている『信長公記』とルイスフロイスの『日本史』を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP