キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

華雄と呂布




赤兎馬 呂布

 

徐州(じょしゅう)を領有することになった呂布(りょふ)

袁術から婚姻の申し出があるとすぐに応じるのですが、

陳珪(ちんけい)や陳登(ちんとう)らの名士の説得によって袁術と婚姻するよりも

曹操軍と同盟したほうがいいと進言を受けたことによって袁術との婚姻話を破棄します。

すると袁術は呂布に激怒して大軍を催して徐州へ攻め込んでくることになります。

この時呂布は珍しく他人の進言を取り入れて袁術軍をフルボッコにします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




呂布が進言を受け入れる

呂布

 

呂布は袁術が帝を守っていた楊奉(ようほう)や韓暹(かんせん)らと連合軍を結成して、

徐州へ押し寄せてくることを知ります。

すると彼は陳珪へ「お前が袁術との婚姻話を断れと俺にアドバイスしたから

こんなことになってしまったではないか。どうしてくれんだ」と激怒します。

すると陳珪は「連合軍は明確な目的を持って連合を組んでいるのではなく、

なんとなく連合を組んでいるだけです。

今息子の陳登楊奉・韓暹らを袁術軍から切り崩して、

こちらに味方するように交渉しております故しばしお待ちくだされ」と進言。

呂布は陳珪の進言に従い戦に出る準備を行います。

そして陳珪から再度「陳登楊奉らを寝返らせることに成功しました。

そこで将軍にはありたっけの物資を彼らに渡してください。

そうすれば彼らは呂布軍に味方して袁術軍を内側から攻撃することになるでしょう」と

再度進言を行います。

呂布は陳珪の進言に従って楊奉らの陣営にありったけの物資を届けることにします。




袁術軍をフルボッコにする

袁術 呂布

 

呂布は袁術軍を迎え撃つべく進軍を開始。

そして袁術軍率いる張勲(ちょうくん)の軍勢とぶつかる寸前にまで近づくと旗をあげます。

すると楊奉・韓暹らが袁術軍へ向かって攻撃を開始します。

この結果、呂布・楊奉・韓暹軍の攻撃を受けてしまい、

袁術軍を率いていた張勲は大混乱した袁術軍を立て直すことができず、

フルボッコにされてしまい本拠地である寿春(じゅしゅん)へ退却することになります。

呂布軍は袁術軍を追撃しながら彼の領地で略奪等を行いながら寿春へ向かいます。

しかし袁術は城門を固く閉ざして出てくる気配がなかったため

徐州へ向けて退却していきます。

 

「ビビってないならかかってこい!!」と罵る呂布

華雄と呂布

 

袁術の領土を暴れまわって寿春に到着するも袁術が城門を固く閉ざしていたので、

退却することになった呂布。

彼は袁術へ手紙を来ることにします。

彼が袁術に送った手紙の内容は「あんたは昔『俺の軍勢は強くて武将も勇猛果敢だ。

だから敵を撃滅することはいとも簡単だ』と述べていた。

しかし俺が寿春に到着して暴れまわっているにも関わらず一向に出てこないではないか。

勇猛果敢な将軍や強い軍勢は一体どこに行ってしまったのだろう。

もしかしたら君はビビって出てこれないのではないか。

もしビビっていないならいつでもかかってくるといい」と挑発的な手紙を送ります。

袁術はこの手紙を見ると激怒して、

呂布軍の後を追っていくことにしますが彼に追いつくことはできませんでした。

こうして陳珪・陳登の策略を採用した呂布は大勝利で徐州へ戻ることになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

呂布は戦に関して軍師である陳宮高順(こうじゅん)らの進言を

受け入れることをあまりしませんでした。

しかし袁術と対戦したこの戦いにおいては珍しく他人の意見を素直に受け入れております。

珍しく受け入れた呂布の心情は測りかねますが、

陳珪・陳登の策を受け入れたことで大勝利を収めることになったので、

たまには意見を聞き入れるのもいいのかなと袁術との戦以降考えていたかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔子と儒教 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理
  2. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  3. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  4. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…
  5. 曹操と機密保持 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことある…
  6. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  7. 上杉謙信 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  8. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. かぼちゃ 孫権
  2. 司馬昭と司馬師
  3. 卞夫人 曹操
  4. 曹操
  5. 魏の忠臣・徐宣(じょせん)
  6. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

  1. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  2. 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか
  3. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  4. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 范増
  5. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  6. キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー

三國志雑学

  1. 諸葛孔明019
  2. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何? 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた? 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選 はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫? 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった? 周瑜 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、揚州(ようしゅう)編

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP