【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介

2017年2月11日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操の三顧の礼03 曹操、荀

 

正史三国志の著者である陳寿(ちんじゅ)は「超世の英傑」と曹操(そうそう)を称えます。

彼は軍事・政治のなどあらゆる面で天才的な才能を発揮して行き、

エピソードも劉備(りゅうび)孫権(そんけん)らの群雄達に比べて多く存在しております。

今回はそんな曹操の恐ろしさが窺うことができるエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

 

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



曹操の恐ろしいエピソードその1:寝ている時に近づいたら誰であろうと斬る

曹操頭痛

 

曹操の恐ろしいエピソードその1としては寝ている時に近づいたら誰であろうと斬るです。

ある日曹操はお気に入りの側室を呼んで「私が寝ている時に近づくな。

近づいたら斬られてしまうからな。」と注意を促します。

その後曹操は自分の部屋を開けっ放しで寝てしまいます。

曹操の寝ている姿を見た側室は曹操が風邪をひかないようにするために彼の上に毛布を

かけようと彼の言いつけを破って近づいてしまいます。

実は曹操は寝ているふりをしており、本当に自分の言うことを聞くか側室を試していたのです。

そして側室は曹操の言いつけを破って、

彼の上に毛布をかけようとしたために斬られてしまうのでした。

曹操のために毛布をかけようとしただけなのに斬られてしまうなんてかなり恐ろしいです。

 



曹操の恐ろしいエピソードその2:褒美を餌にして役人に芝居させるが・・・・

曹操と張繍

 

曹操の恐ろしいエピソードその2褒美を餌に役人に芝居させるが・・・・です。

曹操は側近や配下達に「俺は危害を加える者が近づいてきたらわかってしまうのだ」と

言いふらしておりました。

彼はこれを証明するために役人を呼び「お前。小さい刀をもって俺に近づいてきてくれないか。」と

お願いします。

役人は「嫌です。捕まってしまうではないですか」と反対しますが、

曹操は「褒美をたんまりあげるからやってくれよ。捕まったら俺が姿を表してお前を救ってやる」と

言います。

役人は曹操の言葉を信じて、彼のお願いを受け入れて芝居を打つことにします。

そして役人は曹操の元へ近づいてきて小さい刀を出すと親衛隊の隊長である典韋(てんい)

見つかってしまい捕縛されてしまいます。

そして役人は曹操が出てきてくれることを知っていたので、大人しく捕まっておりました。

しかし曹操は姿を表すことなく、典韋にそのまま処断されてしまいます。

曹操が自ら芝居を役人に依頼したにも関わらず、その役人を殺害してしまうなんて

なんて恐ろしいのでしょう。

 

曹操の恐ろしいエピソードその3:兵糧が少なくなってきているから配給する兵糧の量を減らそうと役人から提案されてOKするが・・・・

曹操

 

最後の曹操の恐ろしいエピソードは兵糧が少なくなってきているから、

配給する兵糧の量を減らそうと役人から提案されてOKするが・・・・です。

曹操は軍勢を率いて諸方を駆け回っておりましたが、兵糧が少なくなってきてしまいます。

すると曹操は兵糧を担当していた役人を呼んで「兵糧が少なくなってきているが、

どうにかならんか。」と相談します。

するとこの役人は「そうですね。配給している兵糧の量を少なくすれば、

いいのではないのでしょうか。」と提案。

曹操は役人の提案をOKして翌日から兵糧の配給量を減らすことにします。

すると曹操軍の兵士達から「ふざけんな!!兵糧が少なくなっているじゃあね~か!!」と

喚きたてられてしまいます。

曹操はこのままでは兵士達から反乱される可能性があると考えて、

兵糧を減らそうと提案してきた役人を処断して、兵士達へ謝罪します。

すると兵士達は「そうだったんですか。分かりました。」と

言って納得し、事なきを得ることになります。

怖いですね~。役人に相談して、役人からアドバイスを得たにも関わらず処断してしまうなんて。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

今回は曹操の恐ろしいエピソードを三つご紹介しました。

曹操ならやりかねないからまた恐ろしいですし、

これらをやった事で恐怖により人臣を結束させることができるのがまた恐ろしいです。

ですが正史三国志にはこれらの記載がないので、

多分本当にやったことではないと思いたいです。

 

参考文献 講談社 乱世の英雄 尾崎秀樹著など

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-曹操
-