袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!

この記事の所要時間: 30




劉備 黒歴史

 

三国志に登場する英雄豪傑の話、特に怪力自慢の話は、現在の常識から考えると

信じがたいものが多いので、私達はそれを昔話の誇張だと考えています。

 

しかし、現代医学の発達は、超人を産み出す不思議な病の存在を確認しました。

それは、生きている限り筋力が発達しつづけるというミオスタチン関連筋肉肥大

という病気で、現在確認されているだけで全世界に100名ほど存在しています。



怪力の超人を産み出すミオスタチン関連筋肉肥大とは何?

キングダムと三国志

 

ミオスタチン関連筋肉肥大とは、

 

①筋力の抑制を司るたんぱく質であるミオスタチンが

遺伝子の変異で分泌されない。

 

②ミオスタチンは分泌されるが筋肉細胞がその信号を

無視して増殖を続けてしまう

 

という病気の事です。

 

このミオスタチン関連筋肉肥大の患者は、①ミオスタチンを分泌できない遺伝子

変異のケースでは通常の人の2倍の筋肉量、②ミオスタチンは分泌できるが、

筋肉がその信号を受容できないケースでは1・5倍という筋肉量を持つ事になります。

 

もちろん、ミオスタチン関連筋肉肥大でも、筋肉がそこまで増加しないケースや、

力持ちではないというケースも存在しますが歴代のハンマー投げや重量挙げの

オリンピック選手の中には、ミオスタチン関連筋肉肥大の人が多く居たのではないか?

と考えられています。

 

このミオスタチン関連筋肉肥大は、1990年頃に認められた病気で、これにより、

神話や伝説の類と考えられていた怪力の英雄豪傑の話が真実だったのではないか?

と考えられるようになっているのです。



三国志でも屈指の怪力の持ち主、典韋はミオスタチン関連筋肉肥大だった?

典韋 悪来

 

豪傑揃いの三国志の武将の中でも正史においても、その怪力が特筆されているのは

曹操のボディーガードだった悪来(あくらい)典韋(てんい)です。

 

例えば典韋はまだ曹操に仕える前に、張邈(ちょうばく)配下の

趙寵(ちょうちょう)に仕えていましたが、その時に張邈は牙門旗(がもんき)

といわれる総大将の軍旗を大きく造りすぎてしまい誰も持ち上げる事が出来ず

困り果てていました。

それを見た典韋は、両手でも持てない牙門旗を片手で立ててみせて

周囲を驚かせたと言われています。

 

夏侯惇

 

実は、この様子を曹操(そうそう)の側近の夏候惇(かこうとん)が見ていて、

曹操軍にスカウトしたのが典韋が曹操に仕え始めた切っ掛けだったりします。

誰も持ち上げられない重量の軍旗を片手で持ち上げる怪力には

ミオスタチン関連筋肉肥大による、屈強な筋肉を連想してしまいます。

 

張繍の配下の武器を砕いてしまう典韋の怪力

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

西暦197年、曹操は宛(えん)の張繍(ちょうしゅう)を撃ち破った時に、

未亡人の鄒氏(すうし)を巡り張繍と仲違いして張繍に謀反された事があります。

 

その時、典韋は曹操を守る為に大勢の張繍兵を相手にしますが、

典韋が双戟を振りまわすと、それにぶつかった敵の矛は十数本砕けたと言います。

はね飛ばされたではなく、砕けてしまうのです、典韋のとんでもない怪力ぶりが

分かる逸話ではないでしょうか?

 

また、典韋は双戟が使えなくなえると怪力で敵を二人脇に抱えて振りまわし、

その為に敵は誰も近づけなかったと言われています。

大の大人を両脇に抱えて自由を奪い振りまわすなど、並の筋力ではありません。

 

そして、典韋の得物は、双戟や長刀が主でしたが双戟の重さは81斤あり

現在の重量では18㎏もあります、これは演義の記述ではなく正史なので

おそらく事実であろうと思います。

こんな重さの武器を振りまわされて、命中したら、例え兜や鎧を装備しても、

ほぼ意味は無かったのではないかと思います。

 

ミオスタチン関連筋肉肥大の特徴、大変な大食い

三国志 英雄たちの宴

 

ミオスタチン関連筋肉肥大の患者には、とても辛い部分があります。

それは、肉体が脳に回されるべき栄養素まで筋肉に優先して使ってしまうので、

常人の何倍という大量の食事を摂って補わないと成長期には

脳の機能不全になってしまう恐れがあるという事です。

 

典韋にも、大食いの逸話があり食事の給仕は一人では間に合わず、数名で行い

左右から酒を注いで間に合う程であったと記録されています。

これは桁外れに食事量が多いというミオスタチン関連筋肉肥大の特徴ではないか

という感じがします。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

中国に限らず、ギリシャにはヘラクレス、日本には、源為朝のように信じられない

怪力の逸話がある人物は存在します。

怪物と戦うヘラクレス、弓矢で船を沈めてしまう源為朝などは、その逸話も誇張の

ような感じがしますが、もしミオスタチン関連筋肉肥大であったなら、

その伝説の幾つかは事実だったのかも知れません。

本日も三国志の話題をご馳走様でした。



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  2. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  3. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  4. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?
  5. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…
  6. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦
  7. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく…
  8. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  2. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?
  3. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  4. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  5. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣 【朝まで三国志2017】告知参加メンバーが判明したよ 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

おすすめ記事

  1. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  2. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  3. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  4. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  5. 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?
  6. 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  7. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?
  8. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP