春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!

この記事の所要時間: 30




劉備 黒歴史

 

三国志に登場する英雄豪傑の話、特に怪力自慢の話は、現在の常識から考えると

信じがたいものが多いので、私達はそれを昔話の誇張だと考えています。

 

しかし、現代医学の発達は、超人を産み出す不思議な病の存在を確認しました。

それは、生きている限り筋力が発達しつづけるというミオスタチン関連筋肉肥大

という病気で、現在確認されているだけで全世界に100名ほど存在しています。



怪力の超人を産み出すミオスタチン関連筋肉肥大とは何?

キングダムと三国志

 

ミオスタチン関連筋肉肥大とは、

 

①筋力の抑制を司るたんぱく質であるミオスタチンが

遺伝子の変異で分泌されない。

 

②ミオスタチンは分泌されるが筋肉細胞がその信号を

無視して増殖を続けてしまう

 

という病気の事です。

 

このミオスタチン関連筋肉肥大の患者は、①ミオスタチンを分泌できない遺伝子

変異のケースでは通常の人の2倍の筋肉量、②ミオスタチンは分泌できるが、

筋肉がその信号を受容できないケースでは1・5倍という筋肉量を持つ事になります。

 

もちろん、ミオスタチン関連筋肉肥大でも、筋肉がそこまで増加しないケースや、

力持ちではないというケースも存在しますが歴代のハンマー投げや重量挙げの

オリンピック選手の中には、ミオスタチン関連筋肉肥大の人が多く居たのではないか?

と考えられています。

 

このミオスタチン関連筋肉肥大は、1990年頃に認められた病気で、これにより、

神話や伝説の類と考えられていた怪力の英雄豪傑の話が真実だったのではないか?

と考えられるようになっているのです。



三国志でも屈指の怪力の持ち主、典韋はミオスタチン関連筋肉肥大だった?

典韋 悪来

 

豪傑揃いの三国志の武将の中でも正史においても、その怪力が特筆されているのは

曹操のボディーガードだった悪来(あくらい)典韋(てんい)です。

 

例えば典韋はまだ曹操に仕える前に、張邈(ちょうばく)配下の

趙寵(ちょうちょう)に仕えていましたが、その時に張邈は牙門旗(がもんき)

といわれる総大将の軍旗を大きく造りすぎてしまい誰も持ち上げる事が出来ず

困り果てていました。

それを見た典韋は、両手でも持てない牙門旗を片手で立ててみせて

周囲を驚かせたと言われています。

 

夏侯惇

 

実は、この様子を曹操(そうそう)の側近の夏候惇(かこうとん)が見ていて、

曹操軍にスカウトしたのが典韋が曹操に仕え始めた切っ掛けだったりします。

誰も持ち上げられない重量の軍旗を片手で持ち上げる怪力には

ミオスタチン関連筋肉肥大による、屈強な筋肉を連想してしまいます。

 

張繍の配下の武器を砕いてしまう典韋の怪力

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

西暦197年、曹操は宛(えん)の張繍(ちょうしゅう)を撃ち破った時に、

未亡人の鄒氏(すうし)を巡り張繍と仲違いして張繍に謀反された事があります。

 

その時、典韋は曹操を守る為に大勢の張繍兵を相手にしますが、

典韋が双戟を振りまわすと、それにぶつかった敵の矛は十数本砕けたと言います。

はね飛ばされたではなく、砕けてしまうのです、典韋のとんでもない怪力ぶりが

分かる逸話ではないでしょうか?

 

また、典韋は双戟が使えなくなえると怪力で敵を二人脇に抱えて振りまわし、

その為に敵は誰も近づけなかったと言われています。

大の大人を両脇に抱えて自由を奪い振りまわすなど、並の筋力ではありません。

 

そして、典韋の得物は、双戟や長刀が主でしたが双戟の重さは81斤あり

現在の重量では18㎏もあります、これは演義の記述ではなく正史なので

おそらく事実であろうと思います。

こんな重さの武器を振りまわされて、命中したら、例え兜や鎧を装備しても、

ほぼ意味は無かったのではないかと思います。

 

ミオスタチン関連筋肉肥大の特徴、大変な大食い

三国志 英雄たちの宴

 

ミオスタチン関連筋肉肥大の患者には、とても辛い部分があります。

それは、肉体が脳に回されるべき栄養素まで筋肉に優先して使ってしまうので、

常人の何倍という大量の食事を摂って補わないと成長期には

脳の機能不全になってしまう恐れがあるという事です。

 

典韋にも、大食いの逸話があり食事の給仕は一人では間に合わず、数名で行い

左右から酒を注いで間に合う程であったと記録されています。

これは桁外れに食事量が多いというミオスタチン関連筋肉肥大の特徴ではないか

という感じがします。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

中国に限らず、ギリシャにはヘラクレス、日本には、源為朝のように信じられない

怪力の逸話がある人物は存在します。

怪物と戦うヘラクレス、弓矢で船を沈めてしまう源為朝などは、その逸話も誇張の

ような感じがしますが、もしミオスタチン関連筋肉肥大であったなら、

その伝説の幾つかは事実だったのかも知れません。

本日も三国志の話題をご馳走様でした。



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  2. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみ…
  3. 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は?
  4. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  5. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  6. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇…
  7. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…
  8. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢
  2. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  3. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  4. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  5. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!
  6. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに? 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」 はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・ 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る

おすすめ記事

  1. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  2. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  3. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  4. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  5. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!
  6. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  7. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  8. 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP