よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?




 

呉の孫皓(そんこう)

暴君として有名であり、家臣に気に食わないところがあったら殺害してしたり、

人の意見に耳をあまり貸さない人物でした。

そんな彼も皇帝の位に就いた当初は飢えている県などに施しをしたりして、

名君になろうと努力をしておりました。

そんな彼はある占い師に占ってもらったところ「○○へ向かうことになるであろう」と

伝えられます。

この占いをきっかけに彼は天下統一を統一できると信じてしまいますが、

この占い結果は孫呉が天下統一することができる占い結果ではありませんでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




呉最後の皇帝に孫皓が就任

 

蜀は魏の鄧艾(とうがい)鍾会(しょうかい)率いる軍勢によって滅亡。

呉は援軍を蜀へ送ろうと考えておりましたが、援軍が到着する前に滅亡してしまったため、

むなしく帰還することになります。

呉は蜀滅亡後、孫休(そんきゅう)が皇帝になり呉の国内で続いていた内乱を鎮圧しますが、

程なく亡くなってしまいます。

孫休の死後、孫策の再来と評価を受けていた孫皓が皇帝の位に就任。

皇帝の位に就いた当初は名君になるべく色々な慈善政策を行っていくのですが、

豪族連合の上に君臨している政権である呉がこれ以上よくならないと推察してしまったことから、

孫皓は暴走し始めることになります。

※孫皓が暴走したきっかけはレンの推察です




軍事の陸抗・内政の陸凱死す

 

孫皓が皇帝の位に就任した際、呉の国では陸一族が軍事と政治で重きをなしておりました。

宰相・陸遜(りくそん)の息子である陸抗が軍事を担い荊州(けいしゅう)に駐屯。

晋軍を寄せ付けずに粘り強い戦いを繰り広げ続けておりました。

また内政では陸抗の一族である陸凱(りくがい)が丞相として呉の内政をしっかりと見ていたことで、

呉の国内は孫休が内乱を鎮定した後、荒れることなく安定した政治を行っていくことになります。

しかし呉の内政を担い、孫皓の暴走をある程度食い止めていた陸凱が亡くなってしまうと孫皓の

暴走が徐々に激しくなっていきます。

さらに荊州で晋軍と対峙していた陸抗が亡くなると、呉の軍事力は大いに低下し、

孫皓の暴走を止める人物はいなくなってしまいます。

そんな中孫皓は領土を外に拡大しようと考えて占い師に呉の運命を占わせます。

 

青蓋洛陽へ入る

 

孫皓はよく当たると言われる占い師を呼びつけると孫呉の運命を占わせます。

占い師は孫皓の命令を聞いて孫呉の運命を占い、

占いの結果「青蓋(せいがい=王の位にある者が乗ることのできる屋根付きの車)

洛陽(らくよう)へ入る」と伝えられます。

孫皓はこの占いを聞いて大喜びして、占い師に多額の金銭を与えて帰します。

なぜ孫皓は占いを聞いて喜んだのでしょうか。

上記の占いを簡単に説明すると「王様の乗った車が洛陽に入る事になるのでしょう」と言うことです。

洛陽は当時晋(しん)の司馬炎(しばえん)が領土としていた地域で、呉の領土ではありません。

この洛陽へ入ることが出来ると占い結果に現れたことは、孫呉が晋の領土である洛陽を

領有することができると孫皓は考えたから大喜びしたのです。

しかしこの占いは孫皓が考えたような結末を迎えることができませんでした。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

 

孫呉滅亡。孫皓は降伏して洛陽へ入城

 

孫皓はこの占いを聞いてから数年後、

晋軍の六方面からの侵攻軍を撃退することができずに降伏することになります。

孫皓は晋に降伏すると帰命侯(きめいこう)の位を与えられることになり、

司馬炎に洛陽へ呼ばれて会見。

こうして孫呉は滅亡することになり、

占い師が出した占い結果は孫皓が降伏して洛陽へ入城するしたことによって、

当たることになるのです。

 

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孫皓が占いの解釈を間違ってしまったのは可哀想ですが、

当時の占いは占いを依頼してきたものへ結果を伝えるだけで、

その解釈をしてくれないのがほとんどだったそうです。

ですから孫皓が占い師から聞いた結果を自分なりに解釈したのは間違えではないのですが、

間違った解釈をしてしまうと孫皓のようなことになってしまうのが当時の占いでした。

もし孫皓が占い師の占いを正確に解釈することができたのであれば、

孫呉が滅亡するまでにもう少し時間がかかっていたかもしれません。

 

参考文献 徳間書店 十八史略 奥平卓・和田武司著など

 

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  2. 董卓の名言を見れば董卓の真の姿が分かる!?
  3. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  4. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本…
  5. 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  6. 真田丸 武田信玄 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  7. 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる
  8. 苛ついている曹操 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

  1. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)
  2. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣
  3. どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇
  4. 袁紹の評価が残念な6つの理由 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  5. 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗
  6. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り

おすすめ記事

75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化 はじめての三国志編集長kawauso kawauso編集長のぼやきVol.19「隠れ三国志ファン」 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった? 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】 はじめての三国志 コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部 司馬懿 楊修と司馬懿の二人は優秀なアドバイザーだった理由とは?

おすすめ記事

  1. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  2. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍
  3. 孫策の息子・孫紹が不憫だった!? 呉の小覇王・孫策
  4. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  5. 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介
  6. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの?
  7. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  8. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP