キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】

2017年3月2日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

現在、漫画では趙の国門にあたる列尾を全力で攻めている秦軍ですが、

当初にチラッと出てきた、司馬尚(しば・しょう)の動向はまだ掴めません。

三大天に任命される程に能力抜群ながら、面倒くさい性格の為に仮病で領地に

引き籠っているらしい、司馬尚、彼はどんな性格なのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



廉頗のように好き嫌いが激しい性格

 

自領の青歌に引き籠っている司馬尚、一般には病気の為に出仕しないとされていますが

事実は、趙の王宮が気に入らず、出仕もしないし三大天の要請も受けていません。

今の所、背中しか見えていませんが、見ると、そこまで若い将軍でもないようで

悼襄王(とうじょうおう)をバカと呼んだ廉頗(れんぱ)のような難しい気性のようです。

 

今回の戦いも、燕のオルド将軍が自領の青歌を荒らさなければ出て来なかった

可能性も否定できません、龐煖(ほうけん)のようなバーサーカーではありませんが

国への忠義から献身的に戦う人物ではないようです。

 



司馬尚は、どのように三大天就任を受けるのか?

さて、決定事項のように語られている司馬尚の三大天への就任ですが、

そう簡単にいくでしょうか?

 

「歴史の流れから、三大天に加わるしかないっしょ?龐煖死亡フラグ立つし」

 

まあ、それはそうなんですが、いい年したおっさんが、こじれた性格を推して

辞退し続けた三大天に成ろうというのですから、結構なドラマがいります。

信と漂のような「大将軍の夢の継承」というTHE少年漫画のような動機は

司馬尚では、あり得ないわけです。

 

kawausoの考える限り、龐煖が殺されたとしても、

「おのれ秦軍許せん」という敵概心から司馬尚が三大天になるとしたら

どうも動機が弱いように感じて仕方ありません。

 

龐煖との関わり合いも関係するでしょうが、あいつが濃密な人付き合いを

している人がいるとも思えませんしね。

そんなので欠員が出たからなし崩しで三大天、司馬尚では白けます。

 

関連記事:これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?

 

司馬尚、三大天就任の理由1桓騎の虐殺

 

司馬尚が辞退し続けた三大天になるには、己の好き嫌いを超えた大きな動機がいります。

例えば、それが趙のケースなら長平の戦い以来、秦兵に趙兵を虐殺され続けた

というような動機でしょう。

 

そこで、鍵になるのが、黒羊丘の戦いにおける桓騎(かんき)の蛮行です。

罪もない民衆を殺し、その首をアーチのように繋げて紀彗(きけい)に見せつける

皮肉にも、黒羊丘の戦いの勝敗を決定づけた、アレを桓騎は今度もやるでしょう。

そして、それを行う都市が司馬尚の領地である青歌だったとしたら・・

ずっと、青歌を守ってきた司馬尚の怒りが爆発し、打倒秦から、三大天への

就任要請を受けたとしても不思議はないと思うのです。

 

そして、後に桓騎を撃破するに至って鬼神のような知略を奮うでしょう。

 

関連記事:桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

 

司馬尚 三大天就任の理由2 新しい趙王に忠誠を誓う

 

史実では、あの美少年好きのバカ、悼襄王が紀元前236年に死去します。

漫画における年代も紀元前236年で、戦争の終結後か途中で死ぬ計算です。

ただ、あのように風呂で美少年に肩を揉まれ、ウハウハ健康そうに見えるので、

そうそう病死はなさそう・・となると考えられるのは暗殺ではないか?と思われます。

 

次の幽繆王(ゆうぼくおう)は、歴史上は暗愚だとされていますが、

悼襄王が若いですから、恐らく幼児として出てくるのではないでしょうか?

そして、実は奸臣、郭開(かくかい)に操られているとはいえ、名君の素養があり、

司馬尚は、その資質に魅了されるに至ります。

 

廉頗が趙の恵文王や孝成王の時代に仕えていたのと同じ理由です。

主君のカリスマにより、三大天就任を受ける気になるわけですね。

しかし、事実上、幽繆王は郭開に命を握られていて、司馬尚は心ならずも

李牧と共に、滅亡に向かう趙を支える事になるのです。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

kawausoの予想では、2の予想が、より信憑性があるように考えます。

流石に毎回、毎回、桓騎で憎悪を掻き立てるでは芸が粗すぎるように思うからです。

郭開は、反吐が出る程に嫌いながら、聡明な幼い趙王を守る為に、

北斗の拳で言う所のジャコウに天帝を幽閉され戦わざるを得ない

元斗皇拳のファルコのような立場に、司馬尚は立つのではないでしょうか?

 

 

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-春秋戦国時代
-, ,