曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生

この記事の所要時間: 241




 

関羽を討ち取る覚悟で于禁と共に樊城救援に出陣した龐徳(ほうとく)

しかし結果は関羽に捕らえられてしまい討ち取られてしまいます。

そんな彼ですが曹操に仕える前は、

一体どのような人物であったのか知っている人は少ないのではないのでしょうか。

今回は曹操に仕える前の龐徳をご紹介したいと思います。

 

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




馬騰に仕えて異民族討伐戦で活躍する

 

龐徳は涼州(りょうしゅう)出身の武将で最初はなんと武将としてではなく、

地方の役人として後漢王朝に仕えていたのです。

猛将としてイメージの強い彼が県の役人をしている姿はちょっと想像しにくいですが・・・・。

しかし県の役人の職を捨てなくてはならい事件が勃発。

 

 

馬超のパパである馬騰(ばとう)が涼州で反乱を起こします。

龐徳は「県の役人なんて俺には似合わねーぜ」と

言って役所を辞めて馬騰の反乱軍に参加することになります。

彼は馬騰に仕えるとすぐに武将としての才能を開花させ、

馬騰の勢力内で反乱を起こした羌族(きょうぞく)や氐族(ていぞく)らの

異民族討伐戦で活躍していきます。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)




幷州攻撃へ赴く

 

曹操は官渡の戦いで袁紹軍を打ち破った後、

河北を統一するために袁紹の子供達である袁譚(えんたん)袁尚(えんしょう)らと

戦いを続けていきます。

そんな中長年馬騰や韓遂(かんすい)ら、

関中の豪族達と付き合ってきた曹操軍の文官である鍾繇(しょうよう)から

「河東(かとう)を共に守備して欲しい」との依頼がやってきます。

馬騰は鍾繇の依頼を受けて自慢の息子である馬超や龐徳らに幷州攻撃を行わせます。

 

鍾繇の甥・郭援を討ち取る

 

袁紹の甥で幷州の刺史であった高幹(こうかん)は曹操軍の守備が甘い河東へ侵攻。

馬超と龐徳は平陽へ進出し、

河東へ侵攻を行おうとしている高幹や彼の武将である郭援と激しい戦闘を開始します。

龐徳は先陣をきって高幹軍と戦闘を行い、

彼らの陣営を打ち破って郭援を討ち取ることに成功し高幹は撤退していきます。

馬超と龐徳はこの戦いが終わると鍾繇へ挨拶するために彼の幕舎へ立ち寄ります。

彼らは中に入ると鍾繇が「私の甥である郭援の首はまだ見つからないのか」と武将達に

聞いておりました。

龐徳は戦功を示すために持っていた首の入った袋から郭援の首を取り出すと鍾繇へ

頭を下げて謝ります。

すると彼は「龐徳よ。謝る必要ない。郭援は我の甥であるが、

公私は混同せず区別しなければなるまい」と

真っ赤に泣きはらした目で龐徳へ向けて言葉を述べたそうです。

 

黄巾残党軍討伐戦でも活躍

 

馬超と龐徳は鍾繇の依頼をしっかりと果たしてから帰路に着きます。

涼州へたどり着くと休む暇なく馬騰から出陣命令がやってきます。

龐徳は馬騰に付き従って弘農(こうのう)で反乱を起こした黄巾残党軍討伐のために出陣。

この戦いでも彼は敵軍を大いに打ち破って大活躍を行っていき、

馬騰軍きっての勇将として涼州にその名を響き渡らせることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

馬騰はその後曹操に呼ばれて朝廷がある許(きょ)へ出向する事になります。

龐徳は馬騰に付き従うことをしないで、

彼の息子である馬超の配下として加わることになります。

馬超の配下として関中の豪族達を討伐しに来た曹操軍と激闘を繰り広げていきますが、

曹操軍の謀略にはまってしまい馬超軍や関中豪族連合軍はバラバラになってしまい敗北。

その後馬超と一緒に涼州各地で曹操軍と戦っていきますが、

馬超軍に協力する豪族達が少なくなったことなどが原因で、

涼州平定軍の総司令官である夏侯淵(かこうえん)の軍勢に敗北し漢中へ逃亡。

 

 

馬超が張魯の元を離れて行く際付き従わず、

漢中平定に成功した曹操の配下として加わることになります。

馬騰と共に戦をしていた頃は勇将としてその名を轟かせておりましたが、

馬超の配下となってからは負け続きで、

精根尽き果てて曹操に降伏したのではないのでしょうか。

でなければ主君を殺害した武将に仕えることはしないと思うのはレンの妄想でしょうか。

皆さんはどのように思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  2. 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長とし…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31…
  4. 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行
  5. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  6. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしてい…
  7. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場…
  8. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 阿部正弘の死因は何?ストレスに倒れた若きイケメン老中首座
  2. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  3. 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗
  4. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え
  5. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  6. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた? 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー

おすすめ記事

  1. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  2. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?
  3. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍
  4. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  5. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  6. 竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった!
  7. 【はじめての三国志】配信スケジュール一覧
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP