黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑

この記事の所要時間: 239




 

曹操(そうそう)と言えば、唯才のみを挙げよという当時としては斬新な

求賢令(きゅうけんれい)で知られます。

しかし、この求賢令、実は、三度も出されている事は余り知られていません。

ついでに言うと、求賢令、年々内容が過激になっているのです。

今回は当時の固定観念と戦った、曹操の苦闘の歴史を紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!



建安十四年、最初の求賢令の発動

 

西暦209年、曹操は最初の求賢令を出します、その内容は以下です。

 

「諸君、我を助けて隠れた人材を照らしだしてくれ、ただ才のみを挙げよ

我は、これを得て用いる」

 

曹操は、この才のみを挙げよという言葉の中に、才能さえあれば、

人格も出自も問題にしないという意味を込めていました。

ところが、辞令を受けた部下は、そうとは思わなかったようで、

品行方正で、そこそこ才能がある人を推挙しました。

 

「なんじゃ、こいつらは、全部、正直者の小粒ばかりではないか」

 

曹操は、求賢令を出しても、効果が出ていない事に気がつき、

令の内容を具体的なものに変更します。



建安十九年、二度目の求賢令

 

西暦214年、曹操は二度目の求賢令を出し、自分が求める人材を

もう少し具体的に説明しています。

 

「あーよく聞けよ、品行方正なものが出世するとは限らぬ、

出世出来る者が品行方正とは限らぬ、、

よく歴史を見よ、陳平(ちんぺい)は品行方正か?蘇秦(そしん)は信義を守ったか?

それでも陳平は漢の建国に功積があり、蘇秦は弱い燕を守ったのだ。

人材に短所があるからとて、すぐにダメと決めつけてはいかんぞ」

 

このように、過去の人物の例を挙げたので、やや状態は緩和されましたが、

役人根性というのは、どうやっても、カテゴリを造るものらしく、

「そうか、陳平や蘇秦みたいな人はギリOKなのか」と考え、

そうじゃないタイプはやはり省かれてしまったようです。

 

建安二十二年、曹操、ダメ押しの求賢令

 

こうして、陳平、蘇秦のようなタイプの人ばかりが溢れると

曹操は、西暦217年、もう一度、求賢令を出す事になります。

こうなりゃ、ヤケだ、色々なタイプの人間を混ぜてしまえと、

これまでで、最長の求賢令になりました。

 

「伊摯(いし)、傅説(ふせつ)は身分卑しい階級の出である

管仲(かんちゅう)は桓公(かんこう)の下僕だ。

しかし、皆、用いられて名を残したのだ。

 

 

䔥何(しょうか)曹参(そうしん)は、県の小役人に過ぎず、

韓信(かんしん)、陳平はスキャンダルだらけで、世間のモノ笑いだったが、

よく王業を補佐して、その名は現在までも伝わっているではないか?

 

呉起(ごき)は将軍になる為にはどんな事でもしようと、妻を殺してまで信用を得、

大金をばら撒いて仕事を求め、母が死んでも自分を優先して帰らない。

だが、魏で活躍した時には、秦は恐れて領土を侵さず、楚に移ると、

趙・魏・韓は、敢えて南に攻め込もうと策謀しなかった。

 

今、天下には、至徳の人で世に知られていない人がいる筈だ。

戦えば無双の強さを持つ勇者がいる筈だ、文官にして偉才を持ち、

国を守るに優れた才能を持つ知者がいる筈だ。

 

スキャンダルにまみれ、人に笑われ、唾を吐かれながらも、

あるいは、親の死にも帰らないような親不孝人間でも、

兵を扱えば、古今無双の用兵の天才だっている筈である。

 

自分の領地をよくよく調べ、そういう人材が、ただ一人でも放置される

というような事がないようにせよ」

 

曹操、ありとあらゆる人間のタイプを挙げ、一々、懇切丁寧に説明しています。

 

「身分にも行いにも親不孝にも、見た目にも、なーんにも拘らぬ、

ただ、才能があればいいのだ、分かったか?」

 

という曹操の苛立ちが見えるような文章ではありませんか?

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹操が苦労するほどに、当時、人材とは品行方正で立派な人であるという

固定観念が社会を支配していた空気が伝わってきます。

ここまで懇切丁寧に人材を求めた曹操ですが、彼の死後には儒教勢力が盛り返し

身分制が固定する社会がやってくるのですから、皮肉なものですね。

 

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?
  2. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  3. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人…
  4. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が…
  5. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  6. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…
  7. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟…
  8. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  2. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  3. 夏侯淵・夏侯惇・夏侯覇の夏侯トリオの活躍がマジやべぇ!!
  4. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  5. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/18〜12/24】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは? 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント? 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった? 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説

おすすめ記事

  1. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢
  2. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  3. 幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの?
  4. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  7. 陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?
  8. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP