袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑

この記事の所要時間: 239




 

曹操(そうそう)と言えば、唯才のみを挙げよという当時としては斬新な

求賢令(きゅうけんれい)で知られます。

しかし、この求賢令、実は、三度も出されている事は余り知られていません。

ついでに言うと、求賢令、年々内容が過激になっているのです。

今回は当時の固定観念と戦った、曹操の苦闘の歴史を紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!



建安十四年、最初の求賢令の発動

 

西暦209年、曹操は最初の求賢令を出します、その内容は以下です。

 

「諸君、我を助けて隠れた人材を照らしだしてくれ、ただ才のみを挙げよ

我は、これを得て用いる」

 

曹操は、この才のみを挙げよという言葉の中に、才能さえあれば、

人格も出自も問題にしないという意味を込めていました。

ところが、辞令を受けた部下は、そうとは思わなかったようで、

品行方正で、そこそこ才能がある人を推挙しました。

 

「なんじゃ、こいつらは、全部、正直者の小粒ばかりではないか」

 

曹操は、求賢令を出しても、効果が出ていない事に気がつき、

令の内容を具体的なものに変更します。



建安十九年、二度目の求賢令

 

西暦214年、曹操は二度目の求賢令を出し、自分が求める人材を

もう少し具体的に説明しています。

 

「あーよく聞けよ、品行方正なものが出世するとは限らぬ、

出世出来る者が品行方正とは限らぬ、、

よく歴史を見よ、陳平(ちんぺい)は品行方正か?蘇秦(そしん)は信義を守ったか?

それでも陳平は漢の建国に功積があり、蘇秦は弱い燕を守ったのだ。

人材に短所があるからとて、すぐにダメと決めつけてはいかんぞ」

 

このように、過去の人物の例を挙げたので、やや状態は緩和されましたが、

役人根性というのは、どうやっても、カテゴリを造るものらしく、

「そうか、陳平や蘇秦みたいな人はギリOKなのか」と考え、

そうじゃないタイプはやはり省かれてしまったようです。

 

建安二十二年、曹操、ダメ押しの求賢令

 

こうして、陳平、蘇秦のようなタイプの人ばかりが溢れると

曹操は、西暦217年、もう一度、求賢令を出す事になります。

こうなりゃ、ヤケだ、色々なタイプの人間を混ぜてしまえと、

これまでで、最長の求賢令になりました。

 

「伊摯(いし)、傅説(ふせつ)は身分卑しい階級の出である

管仲(かんちゅう)は桓公(かんこう)の下僕だ。

しかし、皆、用いられて名を残したのだ。

 

 

䔥何(しょうか)曹参(そうしん)は、県の小役人に過ぎず、

韓信(かんしん)、陳平はスキャンダルだらけで、世間のモノ笑いだったが、

よく王業を補佐して、その名は現在までも伝わっているではないか?

 

呉起(ごき)は将軍になる為にはどんな事でもしようと、妻を殺してまで信用を得、

大金をばら撒いて仕事を求め、母が死んでも自分を優先して帰らない。

だが、魏で活躍した時には、秦は恐れて領土を侵さず、楚に移ると、

趙・魏・韓は、敢えて南に攻め込もうと策謀しなかった。

 

今、天下には、至徳の人で世に知られていない人がいる筈だ。

戦えば無双の強さを持つ勇者がいる筈だ、文官にして偉才を持ち、

国を守るに優れた才能を持つ知者がいる筈だ。

 

スキャンダルにまみれ、人に笑われ、唾を吐かれながらも、

あるいは、親の死にも帰らないような親不孝人間でも、

兵を扱えば、古今無双の用兵の天才だっている筈である。

 

自分の領地をよくよく調べ、そういう人材が、ただ一人でも放置される

というような事がないようにせよ」

 

曹操、ありとあらゆる人間のタイプを挙げ、一々、懇切丁寧に説明しています。

 

「身分にも行いにも親不孝にも、見た目にも、なーんにも拘らぬ、

ただ、才能があればいいのだ、分かったか?」

 

という曹操の苛立ちが見えるような文章ではありませんか?

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹操が苦労するほどに、当時、人材とは品行方正で立派な人であるという

固定観念が社会を支配していた空気が伝わってきます。

ここまで懇切丁寧に人材を求めた曹操ですが、彼の死後には儒教勢力が盛り返し

身分制が固定する社会がやってくるのですから、皮肉なものですね。

 

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  2. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  3. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  4. 中国四大美女のひとり貂蝉
  5. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?
  6. 涙なしには語れない桃園の結義
  7. 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達…
  8. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者
  2. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍
  3. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?
  4. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  5. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  6. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた! インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ! 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3) 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム? 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?

おすすめ記事

  1. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  2. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  3. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  4. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  5. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  6. 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】
  7. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  8. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP