はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術

この記事の所要時間: 221




 

日本に桃太郎、金太郎のような昔話のヒーローがいるように、中国では三国志の英傑が

昔話に登場し、道徳や正義や人として生きる道を指し示すのに一役買っています。

その中でも曹操(そうそう)は、様々な形で各地の民話に登場しているのです。

今回も、三国志中国伝説の中の英傑から、思わず納得する曹操の民話を紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




袁紹を弔う事を止めない冀州の人々・・

 

官渡の戦いの2年後、北方四州を制した英傑、袁紹(えんしょう)は敗戦の失意から

血を吐いて死去、翌年、曹操は冀州の州都、鄴(ぎょう)を陥落させて支配下に収めます。

しかし、袁氏の政治は平等で公平であり、冀州の人々はよく懐いていました。

そして、袁紹の死を悼み、麻服を着て、喪に服す者や、大声を挙げて泣く者、

町まで出てきて袁紹の葬送を行う人々が大勢出ました。

 

もちろん、新しく冀州の支配者になった曹操は、自らの威信にかけて、

袁紹を弔う事を許さないという布令を出していますが、冀州の人々は、

危険を承知で命令を無視していたのです。




民衆を処罰しようと曹操の配下は息巻く

 

このような冀州の民の行動は、曹操の支配への挑戦と映りました。

曹操軍の将軍達は息巻いて、人々を殺す事を進言し大臣達は、

布令を破った民に厳罰を科す事を曹操に提言します。

 

しかし、曹操は、それに対して首を横に振って答えました。

 

「諸君、民の感情に逆らう事は出来ん、順応するのみだ

我々も袁紹の恩徳をしのび、その葬送に参加しようではないか?」

 

民衆の感情に寄りそう事で彼等を服従させる事が出来る

 

曹操の発言に、将軍達も大臣達も反対しました。

ここで、布令違反を許せば、ますます民はつけあがり、我々を侮ります。

それでは、安定した統治など覚束ないでしょうと心配するのです。

ところが、曹操はその声を抑えて言いました。

 

「冀州の民は、我々に叛いているのではない、袁紹の恩義を忘れていないだけじゃ

袁紹の恩義を優先する結果、わしが出した布令を無視する事になっても、

敬愛する袁紹の為に処罰されるなら、構わないと言っているのだ。

これは、評価してよい立派な心掛けであり、処罰する必要はないだろう。

 

考えてみれば、わしも袁紹とは幼馴染み、血で血を洗う乱世においては、

お互いを思いやる暇も無かったから、殺し合いを演じてきたものだが、

あやつが死んだ今になってみると、良い思い出ばかりが甦ってくるものだ・・

わしには、冀州の民の気持ちが分る、だから、麻の服を着て葬列に加わろう

そうすれば、冀州の民も我等が鬼ではない事が分かり、心を開くだろう」

 

曹操以下、すべての部下が袁紹の葬列に加わると・・

 

曹操の部下達は、どうして我が軍を苦しめた憎い敵の為に哀悼の意を示すのかと

ブーブー不満を言いますが、命令なので、渋々、麻の着物を着て葬送に加わります。

果たして、冀州の民は、袁紹に哀悼の意を示す曹操の姿を見て感動し、

以後は、次第に曹操の統治に服従するようになったという事です。

 

怒りや悲しみというのは、理屈で抑える事は出来ないもので、

それを生意気だからと力で抑え込むと相手の心に不信を産みだします。

曹操は、そういう人間の心を知りつくしていたので、まず共感して

相手と同じ気持ちである事をアピールして、その心を掴んだのです。

 

三国志民話ライターkawausoの独り言

 

これは民話ではありますが、冀州が袁紹の根拠地として長く存在し

民衆が袁家に服していたというのは歴史的にも事実です。

曹操が鄴に都を置いたのも、いつ冀州が叛くか分らないという不安があったからで

結局、曹操の存命中は鄴が帝都のまま、曹丕(そうひ)の時代になって

初めて洛陽へ遷都しています。

 

このような事から考えると、曹操は冀州の統治に相応に気を使った可能性があり

それが、このような民話を産んだ背景にはあるのでしょう。

 

 

関連記事:民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  2. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  3. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  4. 【はじめての水滸伝】役級を一挙公開、これが好漢だ!
  5. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの…
  6. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  7. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  8. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  3. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  4. 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!
  5. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!
  6. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰? 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何? 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?

おすすめ記事

  1. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  2. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  3. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  4. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣
  5. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】
  7. [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  8. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP