はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?

この記事の所要時間: 249




 

三国志初心者の方には、分らない事が幾つかあるであろうと思います。

例えば、どうして諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は圧倒的に

国力に開きがある魏に何度も戦いを挑んだのか?別に戦わないで益州に籠った方が

ずっと政権は延命されたのではないかという疑問です。

実は、それにもちゃんと理由がありますので、ここで解説しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編




戦わないと国力が開くから・・だけでは正しくない

 

孔明の北伐について、よく解説されるのは、孔明は頻繁に遠征軍を送る事で、

魏の国力を削いで、その国力差が大きくならないようにしたという事です。

それは、間違いではないのですが、では、呉はどうなのでしょうか?

 

呉は蜀よりは国力がありますが、それでも魏には劣ります。

しかし、合肥(がっぴ)城を巡って地域紛争はしたものの、蜀のように

洛陽を落すような大規模な計画を立ててはいません。

 

それに国力が開くとはいえ、秦嶺山脈の険しい道を越えるのは蜀軍であり

魏は待ち受ける方なのです、より国力を消耗するのは蜀であって、

もし大敗しようものなら、その瞬間に魏に攻め込まれ蜀は終わるでしょう。




呉には無く蜀にあるモノが北伐を止められない理由

 

こうして見ると、北伐で魏の国力を削ぐ為というのは説得力が弱すぎます。

さらに呉には当てはまらないので、大きな要因とは言えないでしょう。

 

実は、北伐が止められない理由とは、蜀が後漢を受け継いだ後継政権だと

主張していた事と大きな関係があります。

敵対している魏も、自分達こそは後漢を継承した政権だと主張しています。

呉は、その辺をパーフェクトにスル―した独立王朝なので無関係なんですが

魏と蜀は論理上、並立できない関係でお互いを潰してしまわないと、

建国の正統性に揺らぎが生じてしまう不倶戴天(ふぐ・たいてん)の敵なのです。

 

蜀が先に滅んでしまったのも偶然では無かった

 

歴史上、呉と蜀では蜀が先に263年に滅んでいますが、それも偶然ではありません。

やはり、同じく後漢を継いだ正統王朝であると主張する蜀の方が

魏には気に障る存在だったのです。

 

呉が滅びるのは、蜀の17年後で、暴君、孫皓(そんこう)が呉に出てきて、

いつでも滅びる状態でも、晋は、かなり呑気に国内整備などをしています。

魏から見れば呉は、正統性で張り合う必要のない地方政権であり、

一刻も早く滅ぼすというモチベーションにはならなかったのです。

 

蜀は魏を滅ぼす事が建国の悲願だった

 

もうひとつ、劉備(りゅうび)が皇帝になって建国された蜀は、

その最初から曹丕(そうひ)によって盗まれた漢の天下の回復が聖なる目標でした。

つまり、呉の孫権のように、ノホホンと毎日を送る事は許されず、

一日も早く、一刻も早く、軍勢を起こして魏を討ち滅ぼして長安と洛陽を回復し

中国を本来の姿に戻すというのが絶対のイデオロギーなのです。

 

これが失われると、蜀はただの地方政権に成り下がり、

劉璋(りゅうしょう)が統治していた時のような、だらけた状態に戻ってしまうでしょう。

だからこそ、孔明は、ムキになったように北伐の軍を起こしていましたし、

その後継者の姜維(きょうい)も、緩んでいく蜀の士気を呼び戻すように、

かなり無茶な北伐を繰り返したと言えるのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

このように、孔明が北伐を繰り返した大きな理由は、魏と蜀が、

双方とも後漢の後継者だと主張していて、どっちかを滅ぼす以外に、

なんとかする方法が無かったという所にあります。

 

非常にイデオロギー色が強い話ではありますが、仮にその看板を降ろしたら、

蜀の内部の求心力が消滅し、魏か呉に降伏して身の安全を図ろうという人々が

大勢出てきてしまい、もっと早く蜀は滅んだのではないか?と思います。

 

 

あたかも、無能な劉璋に愛想を尽かした、張松(ちょうしょう)法正(ほうせい)

劉備を引きこんで国を売り渡したように、劉禅(りゅうぜん)の無能さに不安を感じた

蜀の臣が、出てきて蜀漢を売り飛ばした可能性も捨てきれません。

そう考えると、北伐は止めるに止められなかったのではないでしょうか?

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた…
  2. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  3. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  4. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当な…
  5. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人…
  6. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  7. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一…
  8. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり
  2. はじめての三国志 好きな武将アンケート
  3. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  4. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  5. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男
  6. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの? 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

おすすめ記事

  1. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  2. キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】
  3. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  4. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!
  5. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  6. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  7. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  8. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP