ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての晋

王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性

王元姫




ろひもと

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の裏側」のコーナーです。

 

三国志って何

 

三国志演義と正史を比べるとあまりにも描かれ方が違うので戸惑う場合があります。

例えば今回取り上げる王朗(おうろう)などがいい例でしょう。

三国志の世界の入り口が「三国志演義」の場合が多いので、

どうしても三国志演義で描かれるキャラ設定が強く印象に乗っています。

私もそのひとりです。

この王朗は三国志演義では脇役のなかの脇役ですが、皆さんご存知でしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい)

関連記事:司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?




会稽太守の王朗

会稽太守の王朗

 

王朗の名前が登場するのは、孫策が呉で独立勢力となるときになります。

袁術の配下だった孫策袁術から兵を借りて、長江以南を攻めます。

揚州刺史だった劉繇、そして呉の許貢、厳虎、

最後に会稽の王朗を破り、江南一帯は孫策の領土となるのです。

(正史では王朗を倒してから厳虎の順です)

要するに孫策の踏み台にされるだけの存在ですね。

かなり簡単に孫策にやられるので、

シュミレーションゲームにおいても「雑魚」扱いされていました。

死んだと思っていたら生きていて、いつの間にか魏に所属しており、

完全に忘れたころに登場して諸葛亮孔明に戦場で舌戦を挑んで負けます。

こうしてゲームユーザーから見向きもされないとてつもない雑魚キャラと化すのです。




本当は凄い王朗・その1

黄巾賊

 

正史での王朗は一味違います。

黄巾の乱が起こる前年に王朗は名門・

袁氏の袁隗に呼ばれて地方の県令に任ぜられます。

地方の振興を図るためです。

そのために中央から優秀な人材が送られることになったのです。

王朗は若くして徐州彭城国肢菑丘県の県令になりました。

このとき同時に呼ばれたのが劉繇、趙昱、臧洪という将来を期待された面々です。

この当時、州や郡とは違い「国」は皇帝の直轄地で国相が治めていましたが、

彼らは皆、宦官の縁戚ばかりでした。

汚職政治の象徴です。

それを善しとしない王朗は早々に辞表をだして県令を辞めます。

そして徐州刺史の陶謙にその才能を認められて仕えることになるのです。

董卓連合が結成されたときに王朗は陶謙に進言し、朝廷に金品を献上させます。

陶謙は安東将軍に出世し、王朗は会稽太守に選ばれました。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

本当は凄い王朗・その2

孫策

 

会稽太守となった王朗は袁術配下の孫策に攻め込まれ、抵抗するのですが、敗北します。

捕らわれましたが、殺されることはありませんでした。

袁術が皇帝を自称し、曹操献帝を保護した時期に、

孫策は王朗を曹操のもとに送り出します。

使者として王朗は許都を訪れました。

王朗は孫策の実力をありのまま曹操に伝えます。

曹操は孫策を認め、結果、孫策は討逆将軍となりました。

 

孫策

 

そして政略結婚によって孫策との姻戚関係を持つことも考えるようになるのです。

諸侯と同盟を結ぶことがほとんどない曹操にしては珍しいことです。

王朗から聞いた話がそれだけ曹操に響いたのでしょう。

その後、儒学を重んじる王朗は、実直な働きぶりを称賛されて朝廷でどんどん出世していきます。

そして三公である司空や司徒にまで登りつめるのです。

 

王朗の子孫たち

王朗の子孫たち

 

王朗は曹操だけでなく、皇帝となった曹丕曹叡にも進言しています。

魏を代表する重臣となったわけです。

家督を継いだ息子の王粛も曹叡司馬師といった政治の中心にいるリーダーたちに助言しています。

王朗の清廉潔白さはどうやら息子たちにも受け継がれたようです。

この王粛の娘が、司馬昭の妻となる「王元姫」です。

彼女もまた道理を重んじる人だったそうです。

王元姫司馬昭の子を産みます。

その子が三国志を終焉させ天下を統一させる「司馬炎」なのです。

つまり王朗の子孫が天下を統一することになります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

あの王朗の子孫が天下を統一するなんて、皆さん知っていました?

そう考えると王朗は、三国志の中でもかなり重要なメンバーのひとりといえるのではないでしょうか。

政治力だってもっと評価されてもいいはずです。

王朗は脇役ではなく、雑魚キャラでもないのです。

どうして三国志演義ではこうも扱いが雑になったのでしょうか。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 鍾会 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  2. 目玉が飛び出て亡くなる司馬師 司馬師(しばし)とはどんな人?眼球が飛び出て死亡!強烈すぎるのエ…
  3. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん) 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた…
  4. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  5. 司馬炎(はじめての三国志) 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人…
  6. はじめての三国志 画像準備中 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、…
  7. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  8. 反対する賈充 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夏侯惇
  2. 北条早雲
  3. キングダム53巻
  4. 霊帝
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 孟達を討伐する司馬懿

おすすめ記事

  1. 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期 朝まで三国志 劉虞
  2. 士匡とはどんな人?従兄弟を守るためも悲惨な最期を迎える南海の覇者の一族 士匡
  3. 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた 兵馬俑
  4. 【董卓の逸話】董卓は実はいい人だった? 赤兎馬を可愛がる董卓
  5. 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺」を紹介 馬に乗って戦う若き織田信長
  6. 諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介 親バカな諸葛孔明

三國志雑学

  1. 魏を破る朱然
  2. 玉璽 三国志
  3. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  2. 戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)
  3. 君たちはどう生きるか?劉禅
  4. 海上での戦い 劉備と曹操
  5. 周瑜と孫策

おすすめ記事

姜維と孔明 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの? 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり? くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ 劉璋と劉備 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する 賈詡と曹操 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた! 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた 丁奉(ていほう) 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考) 今川義元 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP