はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義

この記事の所要時間: 335




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志補完計画」のコーナーです。

 

 

三国志が好きになって、いろいろな事件や

いろいろな人物のことを知っていくと、一つの壁にぶつかります。

え!?三国志って二つあるの!?どういうこと!?どっちが真実なの!?

という不安と疑問です。突如パニックに襲われます。

これを三国志の「セカンドインパクト」と呼びます。

下手をするとこのセカンドインパクトで三国志を嫌いになるひとや、

三国志から遠ざかってしまうひともいるのです。

恐るべしセカンドインパクト。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?




三国志演義

 

一般的に三国志の小説はこの「三国志演義」が下地です。

14世紀の羅貫中というひとが書きました。そして今なおベストセラー作品になっています。

問題なのはノンフィクション作品ではないという点です。

それはそうです。三国志は3世紀。羅貫中は14世紀。1100年も時代は離れています。

日本で例えると今から1100年前といえば917年ですから、平安時代中期です。

醍醐天皇の時代ですね。って言っても何もわからないでしょう。

その時代の話を正確に書けるわけがありません。

だから時代考証もはちゃめちゃです。仕方ないですよ、細かい点なんてわかんないんだから。

14世紀と同じかなーっていうところがあっても仕方なし。

三国志演義では羅貫中によって勝手に殺されちゃったっていう人物もいるくらいです。

 

 

関羽を捕らえた呉の朱然(しゅぜん)とかは趙雲に討たれますが、

本当は生きてたくさん実績を積んでいます。

そこは突っ込んじゃダメなんです。だって羅貫中は大の蜀ファンなんですから。

絶対にケチをつけてはいけません。ジャニーズファンの前で「嵐」の悪口言うようなもんですよ。

 

 

なんか曹操って織田信長っぽいなとか、

司馬懿って徳川家康っぽいなとか(思わないか)感じてしまうのは、

羅貫中が14世紀のひとだからです。

雰囲気が現代に近いので受け入れやすいんです。

では羅貫中はどうやって三国志演義を書いたのでしょうか。




正史

 

それが正史「三国志」です。これは陳寿というひとが書きました。

さらに裴松之が注釈をつけています。

 

 

陳寿は3世紀に生きていたひとですからほぼリアルタイムで書いていますね。

それを羅貫中は参考にしたのです。

問題なのは陳寿が晋の臣下だったということです。

晋は三国志で天下を統一した国です。

だから晋が正統な国家という前提です。するとその前身である魏が正統という話になります。

しかも陳寿は晋の前は蜀にも仕えていたので、やや蜀びいきです。

「魏書」「蜀書」「呉書」などに区分されています。

本紀として扱われているのは魏の皇帝のみで、劉備や孫権は列伝で扱われます。

陳寿は晋にとって不都合な記録はすべて抹消しました。これが正史というものです。

その後の天下に都合よく書かれているので別に真実とは限りません。

その150年後くらいに裴松之が陳寿と同じ文量の補完をしました。

抹消されていた部分を調べるだけ調べて記載したのです。

 

 

ここで誕生した英雄が趙雲(ちょううん)です。

裴松之がいなければ誰も趙雲に注目したりはしませんでした。

 

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

 

ゲームはどっち?

 

正史と演義で描かれ方がまったく異なる人物がいます。

王朗(おうろう)などはその類ですが、現代のゲームはどっち寄りなのでしょうか。

それは、そのゲームに寄ります!(ほとんど演義寄りだと思いますが)

別にどっちに寄ったからいいとか悪いとかはないのです。

どっちでもいいのです。

あ!この言い方だと語弊があるな。

どっちもその人物の側面を映し出しているからOKなのです。

人間にはいろいろな側面がありますからね。

で、劉備は演義では主役だし、正史でも陳寿から尊敬されているのであまり悪くは書かれないのです。

少しずるいと思いませんか。

 

関連記事:三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる

関連記事:曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

結局どっちを信じればいいのかという不安と疑問ですが、

まあ、解消の仕方はひとぞれぞれですね。私はどちらも話半分だと思っています。

問題はそこから何を学ぶかです。何を感じるかですね。

義の尊さは演義を読んで学びました(だから演義っていう名前なわけではないですよ)

三国志に興味を持てたのも演義のおかげです。

だから「どっちも受け入れよう!!」

すると三国志は補完し合い、さらに奥の深い面白い世界になります。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/2…
  2. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  3. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  4. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  5. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  6. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  7. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  8. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  2. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  3. はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました!
  4. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  5. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画
  6. 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利! これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの? 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド

おすすめ記事

  1. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  2. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  3. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】
  5. 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言
  6. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について
  7. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家
  8. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP