ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志補完計画」のコーナーです。

 

 

三国志が好きになって、いろいろな事件や

いろいろな人物のことを知っていくと、一つの壁にぶつかります。

え!?三国志って二つあるの!?どういうこと!?どっちが真実なの!?

という不安と疑問です。突如パニックに襲われます。

これを三国志の「セカンドインパクト」と呼びます。

下手をするとこのセカンドインパクトで三国志を嫌いになるひとや、

三国志から遠ざかってしまうひともいるのです。

恐るべしセカンドインパクト。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?




三国志演義

 

一般的に三国志の小説はこの「三国志演義」が下地です。

14世紀の羅貫中というひとが書きました。そして今なおベストセラー作品になっています。

問題なのはノンフィクション作品ではないという点です。

それはそうです。三国志は3世紀。羅貫中は14世紀。1100年も時代は離れています。

日本で例えると今から1100年前といえば917年ですから、平安時代中期です。

醍醐天皇の時代ですね。って言っても何もわからないでしょう。

その時代の話を正確に書けるわけがありません。

だから時代考証もはちゃめちゃです。仕方ないですよ、細かい点なんてわかんないんだから。

14世紀と同じかなーっていうところがあっても仕方なし。

三国志演義では羅貫中によって勝手に殺されちゃったっていう人物もいるくらいです。

 

 

関羽を捕らえた呉の朱然(しゅぜん)とかは趙雲に討たれますが、

本当は生きてたくさん実績を積んでいます。

そこは突っ込んじゃダメなんです。だって羅貫中は大の蜀ファンなんですから。

絶対にケチをつけてはいけません。ジャニーズファンの前で「嵐」の悪口言うようなもんですよ。

 

 

なんか曹操って織田信長っぽいなとか、

司馬懿って徳川家康っぽいなとか(思わないか)感じてしまうのは、

羅貫中が14世紀のひとだからです。

雰囲気が現代に近いので受け入れやすいんです。

では羅貫中はどうやって三国志演義を書いたのでしょうか。




正史

 

それが正史「三国志」です。これは陳寿というひとが書きました。

さらに裴松之が注釈をつけています。

 

 

陳寿は3世紀に生きていたひとですからほぼリアルタイムで書いていますね。

それを羅貫中は参考にしたのです。

問題なのは陳寿が晋の臣下だったということです。

晋は三国志で天下を統一した国です。

だから晋が正統な国家という前提です。するとその前身である魏が正統という話になります。

しかも陳寿は晋の前は蜀にも仕えていたので、やや蜀びいきです。

「魏書」「蜀書」「呉書」などに区分されています。

本紀として扱われているのは魏の皇帝のみで、劉備孫権は列伝で扱われます。

陳寿は晋にとって不都合な記録はすべて抹消しました。これが正史というものです。

その後の天下に都合よく書かれているので別に真実とは限りません。

その150年後くらいに裴松之が陳寿と同じ文量の補完をしました。

抹消されていた部分を調べるだけ調べて記載したのです。

 

 

ここで誕生した英雄が趙雲(ちょううん)です。

裴松之がいなければ誰も趙雲に注目したりはしませんでした。

 

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

 

ゲームはどっち?

 

正史と演義で描かれ方がまったく異なる人物がいます。

王朗(おうろう)などはその類ですが、現代のゲームはどっち寄りなのでしょうか。

それは、そのゲームに寄ります!(ほとんど演義寄りだと思いますが)

別にどっちに寄ったからいいとか悪いとかはないのです。

どっちでもいいのです。

あ!この言い方だと語弊があるな。

どっちもその人物の側面を映し出しているからOKなのです。

人間にはいろいろな側面がありますからね。

で、劉備は演義では主役だし、正史でも陳寿から尊敬されているのであまり悪くは書かれないのです。

少しずるいと思いませんか。

 

関連記事:三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる

関連記事:曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

結局どっちを信じればいいのかという不安と疑問ですが、

まあ、解消の仕方はひとぞれぞれですね。私はどちらも話半分だと思っています。

問題はそこから何を学ぶかです。何を感じるかですね。

義の尊さは演義を読んで学びました(だから演義っていう名前なわけではないですよ)

三国志に興味を持てたのも演義のおかげです。

だから「どっちも受け入れよう!!」

すると三国志は補完し合い、さらに奥の深い面白い世界になります。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿
  2. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  3. 始皇帝と星空 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣…
  4. 張飛にお酒はだめだよ 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  5. 曹洪と曹操 ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されか…
  6. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  7. 皇帝いっぱい 三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?
  8. 三国志大学 曹操 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛誕
  2. 趙雲
  3. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  4. 五虎大将軍の馬超
  5. 病気がちな孔明
  6. 耶律阿保機
  7. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  8. 丁奉(ていほう)
  9. 黒船(ミシシッピ号)
  10. 司馬懿を欲しがってた曹操

おすすめ記事

  1. 劉備と西郷隆盛の共通点って何? 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  2. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 呉の周瑜、孫策、程普
  3. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介! 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
  4. 明智光秀と熊本藩との関係は?細川ガラシャが関係している? 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  5. 明智光秀のたたき上げの人生とは?苦労人・明智光秀の生涯を3分で理解 明智光秀 麒麟がくる
  6. 明智光秀は剣術の達人だった?鉄砲射撃術が得意な光秀の剣の腕に迫る 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

三國志雑学

  1. 劉備と曹操
  2. ヨイショをする曹操
  3. 曹操と夏侯惇
  4. はじめての三国志 画像準備中


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  2. 西遊記巻物 書物
  3. 孫堅の妻
  4. 種子島を目指す衛温
  5. 周瑜

おすすめ記事

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀は謎だらけの戦国武将の理由とは?謎に包まれている原因を解説 明治天皇 明治天皇とはどんな人?天皇に即位から西南戦争、人柄まで解説 徳川家を守った篤姫 篤姫の江戸城無血開城における役割とは? 陸遜 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み出る陸遜 李儒と三国志 キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! 榎本武揚 函館戦争とは?戊辰戦争最後の戦争を分かりやすく解説 孔融と禰衡 党錮の禁とは何?刑罰なの?それとも皇帝の命令なの?分かりやすく解説 バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 【お知らせ】はじめての三国志コミュニティに参加しよう!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP