広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?

この記事の所要時間: 247




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志レコード大賞」のコーナーです。

 

後漢末期から三国志の時代にかけて一大ブームになった「五言詩」。

(七言詩が流行り出したのも同じ時期になります)いわゆる漢詩というものですね。

火付け役になったのは魏のメンバーです。

 

 

筆頭は魏の英雄・曹操(そうそう)

息子の曹丕や曹植も曹操の影響を受けて詩の才を発揮しています。

他にも「建安七子」と呼ばれる孔融、陳琳、王粲、徐幹、阮瑀、応瑒、劉禎がいました。

曹操親子と建安七子の詩風は唐の時代に活躍する有名な杜甫や李白からも賞賛されているほどです。

当時の五言詩は、民衆に広まる歌を集めて民意を知ろうとした

楽府という役所にちなんで「楽府詩」と呼ばれていました。

今回はそんな楽府詩の世界を一新するような革新的な詩を創作して

評判になった曹操の若い頃の詩を紹介して、分析してみましょう。

「蒿里行」という作品になります。

皆さんはこれを詠んで、曹操がいつごろ創作したかわかりますか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww




1・2行目

 

関東有義士 興兵討群凶

初期会孟津 乃心在咸陽

 

関東というのは中華の東の地域を指します。ここで群凶を討つに兵を興したのです。

最初は孟津に集まりますが、気持ちはもう咸陽に向いています。




3・4行目

 

軍合力不斉 躊躇而雁行

勢利使人争 嗣還自相戕

 

軍としてみんなが集結したものの、躊躇して雁行する

勢利は人をして争わせ、自ら相そこなう

 

5・6行目

 

淮南弟称号 刻璽于北方

鎧甲生飢虱 万姓以死亡

 

淮南にいる弟は称号し、北方では璽を刻むものもいる

鎧には虱が生まれ、万姓もって死亡する

 

7・8行目

 

白骨露于野 千里無鶏鳴

生民百遺一 念之断人腸

 

白骨は野で露となり、千里のなかで鳴く鶏もいない (露は露われてとも読むそうです)

生きる民は百人に一人 これを念じれば人の腸を断たしむ

 

どんな感じでしょうか

 

どうです曹操の詩の雰囲気はつかめましたでしょうか。

続く戦乱によって荒廃した土地と、民衆の惨たらしい有様を嘆いた詩です。

曹操は戦いの中にあっても常に自分の感慨を詩歌として表して残していたのですね。

こうした個人の情感を現した詩は、曹操から生まれ、やがて発展を遂げることになります。

ちなみに1行目の群凶とは、当時の朝廷を掌握し政治を独占した董卓のことです。

2行目の咸陽は長安のことで、董卓がすでに長安に遷都していたことがわかります。

3行目の雁行とは誰も前に進み出ない状態を示しています。

そう言えば反董卓連合は毎日のように酒盛りをして持久戦をしていたそうです。

5行目の淮南の弟が称号するとは、寿春の袁術が皇帝を自称したことを表しています。

このような戦乱によって民衆は被害を受け、

土地に残った者は百人に一人だったそうです。

多くは死に絶え、残った民衆も荊州などの比較的安全な土地に逃げていきました。

反董卓連合結成から袁術の独立までの期間の中原の荒廃ぶりを目の当たりにして、

心を痛めた曹操の五言詩ということになります。

 

関連記事:【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

柄にもなく漢詩なんて紹介してみました。いかがでしたか。

曹操の凄いところは詩を詠んで嘆くだけでなく、

政治の力を用いてその荒廃した土地を復興した点です。

感情を詠むことは詩人であれば誰でもできるのでしょうが、

そこから改善に動ける者はそういません。

このひとつを取ってみても曹操が英雄であったことがわかりますね。

また、仕事のできる人間は時間の使い方が上手いなんて言いますが、

まさに曹操はそうだったのかもしれませんね。

四方八方が敵の状態で、よくも漢詩を詠んでいる余裕があったものです。

まあ、それが曹操の魅力かもしれませんが。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…
  2. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  3. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  4. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  5. 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名…
  6. 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  7. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  8. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム?
  2. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1
  3. 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。
  4. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  5. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数
  6. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

総制作費40億円!!三国志史上、最も美しいエンターテインメント時代劇『三国志 ~趙雲伝~』を11月2日からレンタルをスタート 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた! 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本? 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち
  2. 95話:馬超と張飛の一騎打ち
  3. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  4. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  5. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】
  6. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)
  7. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  8. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP