袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?

この記事の所要時間: 247




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志レコード大賞」のコーナーです。

 

後漢末期から三国志の時代にかけて一大ブームになった「五言詩」。

(七言詩が流行り出したのも同じ時期になります)いわゆる漢詩というものですね。

火付け役になったのは魏のメンバーです。

 

 

筆頭は魏の英雄・曹操(そうそう)

息子の曹丕や曹植も曹操の影響を受けて詩の才を発揮しています。

他にも「建安七子」と呼ばれる孔融、陳琳、王粲、徐幹、阮瑀、応瑒、劉禎がいました。

曹操親子と建安七子の詩風は唐の時代に活躍する有名な杜甫や李白からも賞賛されているほどです。

当時の五言詩は、民衆に広まる歌を集めて民意を知ろうとした

楽府という役所にちなんで「楽府詩」と呼ばれていました。

今回はそんな楽府詩の世界を一新するような革新的な詩を創作して

評判になった曹操の若い頃の詩を紹介して、分析してみましょう。

「蒿里行」という作品になります。

皆さんはこれを詠んで、曹操がいつごろ創作したかわかりますか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww




1・2行目

 

関東有義士 興兵討群凶

初期会孟津 乃心在咸陽

 

関東というのは中華の東の地域を指します。ここで群凶を討つに兵を興したのです。

最初は孟津に集まりますが、気持ちはもう咸陽に向いています。




3・4行目

 

軍合力不斉 躊躇而雁行

勢利使人争 嗣還自相戕

 

軍としてみんなが集結したものの、躊躇して雁行する

勢利は人をして争わせ、自ら相そこなう

 

5・6行目

 

淮南弟称号 刻璽于北方

鎧甲生飢虱 万姓以死亡

 

淮南にいる弟は称号し、北方では璽を刻むものもいる

鎧には虱が生まれ、万姓もって死亡する

 

7・8行目

 

白骨露于野 千里無鶏鳴

生民百遺一 念之断人腸

 

白骨は野で露となり、千里のなかで鳴く鶏もいない (露は露われてとも読むそうです)

生きる民は百人に一人 これを念じれば人の腸を断たしむ

 

どんな感じでしょうか

 

どうです曹操の詩の雰囲気はつかめましたでしょうか。

続く戦乱によって荒廃した土地と、民衆の惨たらしい有様を嘆いた詩です。

曹操は戦いの中にあっても常に自分の感慨を詩歌として表して残していたのですね。

こうした個人の情感を現した詩は、曹操から生まれ、やがて発展を遂げることになります。

ちなみに1行目の群凶とは、当時の朝廷を掌握し政治を独占した董卓のことです。

2行目の咸陽は長安のことで、董卓がすでに長安に遷都していたことがわかります。

3行目の雁行とは誰も前に進み出ない状態を示しています。

そう言えば反董卓連合は毎日のように酒盛りをして持久戦をしていたそうです。

5行目の淮南の弟が称号するとは、寿春の袁術が皇帝を自称したことを表しています。

このような戦乱によって民衆は被害を受け、

土地に残った者は百人に一人だったそうです。

多くは死に絶え、残った民衆も荊州などの比較的安全な土地に逃げていきました。

反董卓連合結成から袁術の独立までの期間の中原の荒廃ぶりを目の当たりにして、

心を痛めた曹操の五言詩ということになります。

 

関連記事:【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

柄にもなく漢詩なんて紹介してみました。いかがでしたか。

曹操の凄いところは詩を詠んで嘆くだけでなく、

政治の力を用いてその荒廃した土地を復興した点です。

感情を詠むことは詩人であれば誰でもできるのでしょうが、

そこから改善に動ける者はそういません。

このひとつを取ってみても曹操が英雄であったことがわかりますね。

また、仕事のできる人間は時間の使い方が上手いなんて言いますが、

まさに曹操はそうだったのかもしれませんね。

四方八方が敵の状態で、よくも漢詩を詠んでいる余裕があったものです。

まあ、それが曹操の魅力かもしれませんが。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  3. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  4. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  5. 若かりし曹操は熱血漢
  6. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  7. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  8. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  2. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  3. いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】
  4. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得
  5. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  6. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの? 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選! 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮

おすすめ記事

  1. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  2. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  3. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部
  5. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革
  6. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介
  7. 「英傑ランキング」上位100名の中に選ばれた8人で争われる「公式頂上リーグ選抜決定戦 ~小暑の陣~」開催
  8. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP