編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

この記事の所要時間: 334




 

献帝(けんてい)が生きている頃からフライングで皇帝に即位し、

後世の歴史家から悪逆無道のレッテルを貼られた、はちみつボーイ袁術(えんじゅつ)

どんな史料でも口汚く罵られる宿命を背負った袁術ですが、実はその袁術を

やや庇った人物がいます、それが何を隠そう天下人曹操(そうそう)だったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?




西暦210年、魏武故事に出てくる曹操の自叙伝

 

曹操は西暦210年の十二月に己亥の布令を出しています。

ここで、曹操は青年の頃から、これまでの自分の人生を振り返り・・

早い話が自ら望んだ事はないのに、思いがけず神霊の導きでこのような地位に

上りつめてしまった、というような自叙伝を書いています。

 

これは恐らく、位を勧めて魏公になれという部下の押しあげを謙虚にかわし

皇帝の権威をカサに好き放題しているという世間の不満に対して、

それとなく弁解したようなものでしょう。

その中で曹操は必然的に袁術に触れるのですが、その記述が袁術を若干、

擁護しているように見えるのです。




嫌がる袁術を周りが皇帝にしたように見える記述

 

さて、以下、曹操が袁術を庇っているように見える記述です。

 

抜粋――

私は兗州を支配して黄巾を破って青州兵三十万の軍勢を投降させた。

その頃、袁術が九江で僭号し、その配下は皆な帝臣と名乗り、門を名付けて

建号門とし衣装は皆、天子の制を為し二人の婦人は皇后の地位を争った。

準備は万端整ったので袁術に対して「帝位に即いて天下に号令すべき」と

勧める者があったが、袁術は「曹操がまだ生きているダメだ」と拒否した。

後に私が袁術を討って四将を捕縛し、軍勢を壊滅させたので袁術は困窮して、

やがて死んでしまった。――終了

 

僭号(せんごう)というのは、分不相応な地位に就く事を意味していますが、

以下の文脈から考えると皇帝ではありません。

おそらく、臣下の身の上からいきなり皇帝という無作法をはばかり、

公か王になって帝位への段階を踏んだのでしょう。

 

さらに、その後の文章を見ると、袁術の部下は呆れるどころか、

嬉々として帝の家臣を名乗り、門を造って建号門と名付けて、

衣装は天子の制にしてしまい、袁術の妃二人は、皇后の地位を争うなど

かなりノリノリで嫌がっている様子がありません。

 

これは、陳寿が正史で記しているような、袁術だけが即位に大乗り気で、

群臣は覚めているのとまるで正反対の書かれ方です。

 

そして、袁術の部下が袁術に「皇帝として天下に号令して下さい」と言っています。

それに対して袁術は大喜びで応じるどころか「曹操が生きているからダメだ」

と答えて、警戒心を失っていないようです。

 

結果として袁術は帝位について、曹操に滅ぼされるのですが、

曹操の回想録では、袁術は部下に担がれているようにも見えます。

 

曹操は等身大の袁術を知っていた・・袁術の真実。

 

曹操は袁術と同時代を生きていますし、ライバルなので持ちあげる必要はありません。

その曹操が袁術を、まるで周囲に持ちあげられて皇帝に即位したかのように

書いているのは、特筆に値する事だと思います。

 

よくよく考えてみると、西暦190年代は、袁紹が劉虞(りゅうぐ)を立て、

天子を二名にしようとしていたり、献帝が李傕(りかく)・郭汜(かくし)の追手から、

洛陽に逃れて困窮しても、諸侯は誰一人救援に来ない程に漢王朝は落ちぶれています。

 

むしろ、曹操が献帝を保護し、袁紹を破った西暦200年辺りから

曹操の権力を背景にして献帝の威光も増してきたのではないでしょうか?

そう考えると、袁術の配下が後漢の皇帝を軽んじて、袁術を担いで、

フィーバーしていた理由も分かりますし、逆に袁術は元々、尊皇心が厚い分は、

帝位を名乗る事に一定の躊躇(ちゅうちょ)があった事も窺えます。

 

※実は、尊皇心が厚かった袁術については、こちらをclick↓

 

これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

袁家は、董卓(とうたく)に大半を殺され、生き残った袁術、袁紹も滅んでしまったので、

どんなにヒドイ書かれ方をしても歴史家は、誰にも恨まれません。

そこで、悪い事は全て袁家に被せてしまっている節があります。

 

ですので、逆に、こういう曹操の回顧録に信憑性を感じるのです。

何故なら、曹操の布令を都合よく捏造するわけにはいかないので、

そのままの曹操の感想が残っていくからです。

 

袁術に帝位への野心が無かったわけではないですが、むしろ、その配下の方が

激しく袁術が帝位に就く事を望んだという可能性は高いと思います。

そもそも王族を除けば、最も皇帝に近いのは袁家だからです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?
  2. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?
  3. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  4. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  5. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  6. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  7. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  8. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  2. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  3. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将
  4. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  5. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  6. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました! 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは? 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

おすすめ記事

  1. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  2. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  3. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  4. 袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家の長男
  5. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  6. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  7. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  8. 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP