キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!

この記事の所要時間: 226




 

諸葛孔明は北伐を敢行する際、

自らの決意を述べた「出師の表(すいしのひょう)」なる物を作成。

この文章は後世これを読んで涙を流さない物は臣下にあらずと言われる程の名文でした。

この名文に蜀の四人の臣下が登場するのをご存知ですか。

 

一人は孔明の跡を引き継いで蜀を引っ張っていったリーダー費禕(ひい)。

二人目は穏やかな性格をしていた郭攸之(かくゆうし)。

三人目は軍事の能力に秀でた才能を持っていると言われた向寵(しょうちょう)。

そして最後の一人が董允(とういん)です。

しかしなぜ彼が蜀の滅亡を防いだ人物と言えるのか

ご存知な方はあまりいないのではないのでしょうか。

今回は彼がどのような活躍をしていたのかをご紹介するとともに

なぜ彼がいたから蜀は滅亡しないで済んだのかもご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!



孔明から宮中を取り仕切ることのできる人物として推挙される

 

董允諸葛孔明に熟考型の人物として評価された董和の息子です。

彼は劉禅が皇帝の位についた時黄門侍郎の位に就任することになります。

孔明は劉禅が年若くまだ物事の判断がしっかりとできないことを憂いて、

魏を討伐する戦に出陣する前にある決断を行います。

それは董允に宮中の事を取り締まる事を任せることです。

董允に宮中を取り締まらせようとさせたきっかけは、

彼の人柄が公正明大を尊ぶ人物であると感じたためです。

孔明は北伐に赴く際に劉禅へ「侍中の郭攸之、董允、費禕は、

先帝が残してくれた優れた臣下達です。

彼らに宮中の大小の事柄に関わらず相談なされるのがいいでしょう。

必ず彼らは陛下のためになるように言葉を尽くしてくれるでしょう。

しかし彼らが陛下のためになるような言葉述べなければすぐに処断なされますよう」と

上奏を行います。

劉禅は孔明の進言を採用して彼ら三人に宮中を取り仕切ることにさせます。

費禕はその後孔明と一緒に北伐戦に参加することになり、

郭攸之は人柄がいいだけで劉禅にあまり進言を行わなかったことから

董允一人で宮中を取り仕切ることになります。




美女を宮中に増やすことは許さない

 

ある日董允は劉禅から「後宮の美女を増やしたいんだけどいい」と相談されます。

すると彼は劉禅に「陛下。後宮の美女は12人と古来から決まっており、

現在後宮の美女は12人おりますからこれ以上増やしてはいけません」と彼の相談を

しっかりと跳ね除けます。

そのため劉禅はがっくりしてしまいますが、

彼を追放するようなことをせずにしっかりと彼の意見を聞いて成長していったそうです。

 

黄皓の台頭を押さえつける

 

劉禅は成長すると宦官である黄皓(こうこう)を気に入って彼を側に侍らせます。

黄皓は劉禅におべんちゃらを述べて気に入られようと言葉を尽くします。

しかし董允は劉禅が黄皓の言葉に気をよくするとすぐに注意を行い、

黄皓に対しても厳しく接していき、彼が劉禅に近づけないようにします。

そのため董允が存命中は黄皓も好き放題行うことができず、

官位を上げてもらうこともできなかったようです。

董允がいるあいだは蜀の宮廷は暴走することなく、

しっかりとしていたため滅びに向かうことはありませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

董允が奥向きのことを取り仕切っていたため、

劉禅も好き放題することができずに彼の意見に従っており、

黄皓も董允がいたため劉禅に媚びへつらうことができずに官位も低いままでした。

そのため彼がいた事によって蜀は滅亡しないでいたといいのではないのでしょうか。

その理由は彼が亡くなった後、

黄皓は劉禅に取り入って一気に出世して蜀の政権を牛耳っており、

劉禅も董允と言う枷が亡くなったことによって政治に関心をなくして、

遊び放題していたからです。

また蜀の人々は諸葛孔明・費禕・蒋琬(しょうえん)・董允の四人を四相と呼んで、

敬意を評していたそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…
  2. 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  3. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せくだ…
  4. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国…
  5. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  6. 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  7. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  8. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  2. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!
  3. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  4. ネクソンがシミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』を配信開始。「三国統一モード、武将ごとのシナリオ、ifの歴史」が楽しめる
  5. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  6. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円! 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった! 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる 【告知】はじめての三国志が本格三国志巨編に挑むよ! かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した! 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説! 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?
  2. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】
  3. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは
  4. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  5. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  6. 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神
  7. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  8. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝ったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP