よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!




 

諸葛孔明は北伐を敢行する際、

自らの決意を述べた「出師の表(すいしのひょう)」なる物を作成。

この文章は後世これを読んで涙を流さない物は臣下にあらずと言われる程の名文でした。

この名文に蜀の四人の臣下が登場するのをご存知ですか。

 

一人は孔明の跡を引き継いで蜀を引っ張っていったリーダー費禕(ひい)。

二人目は穏やかな性格をしていた郭攸之(かくゆうし)。

三人目は軍事の能力に秀でた才能を持っていると言われた向寵(しょうちょう)。

そして最後の一人が董允(とういん)です。

しかしなぜ彼が蜀の滅亡を防いだ人物と言えるのか

ご存知な方はあまりいないのではないのでしょうか。

今回は彼がどのような活躍をしていたのかをご紹介するとともに

なぜ彼がいたから蜀は滅亡しないで済んだのかもご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!



孔明から宮中を取り仕切ることのできる人物として推挙される

 

董允諸葛孔明に熟考型の人物として評価された董和の息子です。

彼は劉禅が皇帝の位についた時黄門侍郎の位に就任することになります。

孔明は劉禅が年若くまだ物事の判断がしっかりとできないことを憂いて、

魏を討伐する戦に出陣する前にある決断を行います。

それは董允に宮中の事を取り締まる事を任せることです。

董允に宮中を取り締まらせようとさせたきっかけは、

彼の人柄が公正明大を尊ぶ人物であると感じたためです。

孔明は北伐に赴く際に劉禅へ「侍中の郭攸之、董允、費禕は、

先帝が残してくれた優れた臣下達です。

彼らに宮中の大小の事柄に関わらず相談なされるのがいいでしょう。

必ず彼らは陛下のためになるように言葉を尽くしてくれるでしょう。

しかし彼らが陛下のためになるような言葉述べなければすぐに処断なされますよう」と

上奏を行います。

劉禅は孔明の進言を採用して彼ら三人に宮中を取り仕切ることにさせます。

費禕はその後孔明と一緒に北伐戦に参加することになり、

郭攸之は人柄がいいだけで劉禅にあまり進言を行わなかったことから

董允一人で宮中を取り仕切ることになります。




美女を宮中に増やすことは許さない

 

ある日董允は劉禅から「後宮の美女を増やしたいんだけどいい」と相談されます。

すると彼は劉禅に「陛下。後宮の美女は12人と古来から決まっており、

現在後宮の美女は12人おりますからこれ以上増やしてはいけません」と彼の相談を

しっかりと跳ね除けます。

そのため劉禅はがっくりしてしまいますが、

彼を追放するようなことをせずにしっかりと彼の意見を聞いて成長していったそうです。

 

黄皓の台頭を押さえつける

 

劉禅は成長すると宦官である黄皓(こうこう)を気に入って彼を側に侍らせます。

黄皓は劉禅におべんちゃらを述べて気に入られようと言葉を尽くします。

しかし董允は劉禅が黄皓の言葉に気をよくするとすぐに注意を行い、

黄皓に対しても厳しく接していき、彼が劉禅に近づけないようにします。

そのため董允が存命中は黄皓も好き放題行うことができず、

官位を上げてもらうこともできなかったようです。

董允がいるあいだは蜀の宮廷は暴走することなく、

しっかりとしていたため滅びに向かうことはありませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

董允が奥向きのことを取り仕切っていたため、

劉禅も好き放題することができずに彼の意見に従っており、

黄皓も董允がいたため劉禅に媚びへつらうことができずに官位も低いままでした。

そのため彼がいた事によって蜀は滅亡しないでいたといいのではないのでしょうか。

その理由は彼が亡くなった後、

黄皓は劉禅に取り入って一気に出世して蜀の政権を牛耳っており、

劉禅も董允と言う枷が亡くなったことによって政治に関心をなくして、

遊び放題していたからです。

また蜀の人々は諸葛孔明・費禕・蒋琬(しょうえん)・董允の四人を四相と呼んで、

敬意を評していたそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文…
  2. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たし…
  3. 大喬と小喬 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  4. 【衝撃の事実!!】正史三国志の作者・陳寿は孫権が打ち立てた孫呉を…
  5. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  6. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1
  7. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  8. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 撃剣を使う曹丕
  2. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀
  2. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)
  3. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  4. 【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの?
  5. 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの??
  6. 【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章?

三國志雑学

  1. ボロボロになった馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの? 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!

おすすめ記事

  1. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)
  2. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊 解煩督 呉
  3. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  4. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い
  5. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!
  6. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  7. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介
  8. 知ってた?桜田門外の変は超お粗末な事件だった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP