ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!

公孫サン(公孫瓚)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

公孫瓚

 

劉備の学友であった公孫瓚(こうそんさん)

彼は幽州(ゆうしゅう=中国の北方)を支配しており、袁紹軍との戦いを激しく行っておりました。

彼の配下には趙雲(ちょううん)などの勇将や

白馬義従(はくばぎじゅう)と言われる強力な騎馬隊を有しており、

一時は袁紹軍を凌ぐほどの力を持っておりました。

しかし公孫瓚袁紹軍に滅ぼされてしまいます。

彼はなぜ滅亡することになったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将

関連記事:公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった


公孫瓚が滅亡した理由その1:皇族・劉虞を殺害して人心が離れていった為

皇族・劉虞を殺害して人心が離れていった

 

公孫瓚が滅亡した理由その1として皇族の中でも一番人望を得ていた劉虞(りゅうぐ)を殺害した

ことにより人心が離れていったことに原因があるのではないのでしょうか。

劉虞は幽州の刺史として黄巾の乱で荒廃していた土地を持っている民衆達に

恩恵を与えて統治してことで多くの民衆や名士達から人望を得ておりました。

彼は公孫瓚が後漢王朝に対して反乱を起こす可能性があることを危惧して、

異民族たちの協力を受けて数十万の軍勢を持って公孫賛討伐に出陣。

劉虞は公孫賛を討伐しようと考えておりましたが配下から

「圧力をかければ彼は降伏することでしょう」と進言を受けたことがきっかけで、

軍勢を持って戦闘することをやめて圧力をかけるだけにします。

公孫賛は劉虞が自らを討伐するのではなく圧力をかけるために出陣したことを知ると

精鋭騎馬隊である「白馬義従」数百騎を率いて劉虞軍を奇襲。

圧力をかけるだけで戦闘は行われないと信じていた劉虞軍は、

公孫賛率いる軍勢の奇襲を受けて敗退してしまいます。

公孫賛は劉虞軍を打ち払うことに成功し執拗に追撃をかけて劉虞を捕えます。

そして彼は「劉虞に皇帝になる意思があった」とでっち上げの罪を作り上げて、

殺害してしまいます。

その結果彼は幽州全土を領有することに成功しますが、

劉虞を慕っていた名士や民衆達は公孫賛の行いに反発し、

劉虞の元配下達が集まって異民族と協力して公孫賛に反撃をすることになります。

公孫瓚は劉虞の元配下と袁紹軍の協力体制に苦戦することになり、

易京城に追い詰められることになるのです。


公孫瓚が滅亡した理由その2:名士達を活用しなかった

名士達を活用しなかった公孫瓚

 

公孫瓚は名士を積極的に登用して要職につけることをしませんでした。

その理由として彼は「俺が名士達に高い位を与えても奴らは、

自らの力で高い地位に就くことができたと考えて、

俺に忠誠を尽くさないからである」と述べております。

そのため彼は名士を優遇しないでなるべく低い地位に就けておりました。

その結果公孫瓚は君主の権力増大を図り軍事力を強大にする事で、

袁紹軍と激戦を繰り広げていくことになるのですが、

一旦敗北してしまい軍事力が低下すると名士を活用して、

領地に安定した政権をしていなかった事が原因で領地の不満が爆発。

袁紹軍の調略に呼応して大反撃を受けることになってしまいます。

そして自らが作り出した鉄壁の要塞である易京城に篭城することになるのですが、

外部からの救援を得ることができないまま滅亡してしまうことになります。


三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

公孫瓚や呂布など軍事力に依存して、名士を軽んじてきた群雄は滅亡してしまいます。

しかし名士を重用してきた群雄である袁紹や袁術(えんじゅつ)らもやはり滅亡してしまいます。

彼らは君主として器に問題があったと考えられますが、

方針としては必ずしも正しいやり方とは言えないのではないのでしょうか。

名士を重用しすぎると君主権力が強くならずにいざって時に、

君主の命令が通りにくくなってしまいます。

そのため孫権曹操は名士の処遇の仕方をどのようにするのが、

一番いいのかという事に考えを巡らしていくことになるのですが、

名士勢力を打破することはできませんでした。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  2. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  3. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持…
  4. オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義…
  5. 水魚の交わり 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  6. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  7. 敬哀皇后 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  8. 曹操を好きになってはいけない6つの理由

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と曹操
  2. キレる劉備になだめる黄権
  3. 郭嘉の本
  4. 曹丕
  5. キングダム
  6. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  7. 曹丕
  8. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  9. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  10. 蜀の劉備

おすすめ記事

  1. 近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは? 近藤勇 新選組
  2. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた? 胡亥
  3. キングダム601話休載スペシャル「キングダムの強さは思いで決まる」 キングダム54巻amazon
  4. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 西遊記 孫悟空
  5. 苦肉の計とは?意味や語源は?故事成語辞典 苦肉の策(笑)
  6. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの? 多様化が進む蜀の国

三國志雑学

  1. 雷怖くない 能ある劉備
  2. 曹操のガラス
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 魏曹操と魏軍と呉軍


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 考える諸葛亮孔明
  2. 安土城 織田信長が作らせた城
  3. 孫策軍をコテンパンにする陳登軍
  4. 吉田松陰(極悪顔)
  5. 幕末 洋式軍隊の行進
  6. 華雄と呂布

おすすめ記事

ホウ煖(龐煖) キングダム624話ネタバレ予想「不安しかない!龐煖がキングダムをブチ壊す?」 龐統 龐統の実力発揮!呉における人物鑑定士としての力量 鍾会 月刊はじめての三国志2019年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ) 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選! 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 西門豹 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る! 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP