編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画

この記事の所要時間: 333




 

燕の田光(でんこう)から始皇帝暗殺計画の依頼を受けた荊軻(けいか)

キングダムでは秦王政の弟である成蟜(せいきょう)の反乱を煽った人物である樊於期(はんおき)

どこかに逃亡しており、司馬遷(しばせん)が書いた史記には燕に樊於期が逃亡しているので、

キングダムの原作者の原先生が史記を参考資料とするのであれば、

キングダムの最終段階で登場するはずだとレンは勝手に予想しているのですがどうでしょうか。

彼は筑(ちく=げんがっきの一種)の名人である高漸離と仲良くしておりました。

彼は荊軻が始皇帝の暗殺に失敗したことによって殺害されたことを知り、

親友である荊軻の仇を取るために始皇帝暗殺を企てるのでした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




燕滅亡。この時高漸離は・・・・

 

燕王は秦王政を暗殺して強大になっていく秦の国に歯止めをかけようと考えて、

荊軻に始皇帝暗殺を提案します。

荊軻は燕王の計画を受け入れて着々と準備を進め、ついに秦の首都である咸陽(かんよう)へ

向けて出発する日がやってきます。

高漸離は荊軻が暗殺計画を成し遂げられるように筑を奏でて彼を見送ります。

しかし荊軻の秦王暗殺計画は未遂に終わってしまい、

荊軻は秦王暗殺を企てた者として処断されてしまいます。

政は自らを暗殺しようと企んだ燕王に激怒し、王翦(おうせん)や李信(りしん)に燕攻撃を命令。

王翦軍と李信らの軍勢は燕の首都を1年ほどで陥落させますが、燕王は遼東半島へ逃亡します。

この燕王を追撃したのが李信で彼は、

燕王を追撃して燕王の嫡男を打ち取る大功を立てることになります。

燕王は逃亡に成功するのですが、数年後に捕縛されてしまい燕は滅亡してしまうことになります。

燕の首都が陥落した際に高漸離は首都から脱出して、宋子(そうし)という場所へ逃亡します。




名前を変えて、チャンスを伺う

 

高漸離は宋子へ逃げ込むと名前を変えてしまいます。

名前を変えたのは知っている人と遭遇しないためで有り、親友である荊軻を処断した秦王政に

復讐を行うためでした。

しかし高漸離は官位を持っていなかったため秦王政と会うことなど不可能に近く、

復讐できるか可能性はゼロでした。

だが彼は必ず復讐してやると心に誓っていたため、

仕事が終わったら名人の域に達していた筑を奏でてチャンスが来るのを待っておりました。

 

祈りが天に届き、チャンスが到来する

 

高漸離は荊軻の復讐を誓って毎日を過ごしておりました。

秦王政は天下を統一し、中国初の皇帝であったことから始皇帝として天下に君臨。

彼は色々な政策を実行しており、忙しい毎日を過ごしておりました。

そんな中、宋子という土地に筑の名手がいるとの噂が彼の耳に達します。

始皇帝は筑の名手と言われている人物を側に置きたいと考えて、高漸離を招聘するように家臣へ

命じます。

高漸離は始皇帝がお呼びが掛かると大いに喜び、

すぐに秦の首都咸陽(かんよう)へ向けて出発していきます。

こうして高漸離に最大のチャンスが到来することになります。

 

始皇帝の近くに仕えることになるが・・・・。

 

高漸離は始皇帝の近くに仕えることになり、早速筑の腕前を披露することになります。

だが元燕王の家臣が始皇帝に仕えていたことが、

高漸離にとって運命の分かれ道になってしまいます。

高漸離を知っていた燕王の元家臣は始皇帝へ「あいつは荊軻と仲が良かった高漸離という者。

始皇帝の近くに仕えさせれば不測の事態が起きるかもしれません。」と進言。

この進言を聞いた始皇帝ですが、高漸離の筑の巧さに魅了されていたため、

彼を手放すのが惜しくなり、彼の目を潰して仕えさせることにします。

高漸離は目が見えなくなってしまったのですが、筑を奏でることに支障はありませんでした。

こうして目を潰されてしまった高漸離ですが、なんとか始皇帝の近くに仕えることになります。

 

始皇帝暗殺を実行するが・・・・

 

こうして始皇帝の側で筑を奏でること数ヵ月。

高漸離に最大のチャンスが訪れます。

いつも筑を奏でるときは誰かしら側近がいるのですが、今回は二人きりで筑を奏でて欲しいと

始皇帝から要望があったのです。

そこで高漸離は筑の中に鉛を仕込んで始皇帝暗殺を計画。

そして高漸離はいつものように始皇帝の近くに座って筑を奏でることになります。

彼は筑を演奏している途中に渾身の一撃を始皇帝に見舞います。

だが彼の目が見えなかったことが災いして、始皇帝へ鉛を直撃させることができませんでした。

始皇帝は驚きの声をあげると側近が入ってきて彼は捕らえられてしまいます。

そして始皇帝は彼の筑の技を惜しみながら亡くなってしまうことになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

もし高漸離を知っている者が始皇帝の側にいなければ彼を殺害することができたかもしれません。

なぜならば目が見えたからです。

小さな刀や匕首などを暗殺する道具を持っていなければ誰も彼を怪しむことはしないと思います。

そのため筑に鉛を仕込んでいたとしても誰も気づくことができなかったと考えられます。、

もし彼の暗殺が成功していれば、

もっと大きく彼の名前が歴史に刻まれることになったに違いありません。

それにしても親友の復讐のために自らの命も顧みずこのような行為に出た高漸離に

レンは絆の美しさを感じ得ませんでした。

 

参考文献 史記 司馬遷著 奥平卓・久米旺生訳など

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はあ…
  2. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった…
  3. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  4. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  5. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…
  7. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  8. 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  2. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  3. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男
  4. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  5. 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?
  6. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師) 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識! 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ! 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

おすすめ記事

  1. インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!
  2. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  3. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  4. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官
  5. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】
  6. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!?
  7. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定
  8. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP