高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

燕の田光(でんこう)から始皇帝暗殺計画の依頼を受けた荊軻(けいか)

キングダムでは秦王政の弟である成蟜(せいきょう)の反乱を煽った人物である樊於期(はんおき)

どこかに逃亡しており、司馬遷(しばせん)が書いた史記には燕に樊於期が逃亡しているので、

キングダムの原作者の原先生が史記を参考資料とするのであれば、

キングダムの最終段階で登場するはずだとレンは勝手に予想しているのですがどうでしょうか。

彼は筑(ちく=げんがっきの一種)の名人である高漸離と仲良くしておりました。

彼は荊軻が始皇帝の暗殺に失敗したことによって殺害されたことを知り、

親友である荊軻の仇を取るために始皇帝暗殺を企てるのでした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発


燕滅亡。この時高漸離は・・・・

 

燕王は秦王政を暗殺して強大になっていく秦の国に歯止めをかけようと考えて、

荊軻に始皇帝暗殺を提案します。

荊軻は燕王の計画を受け入れて着々と準備を進め、ついに秦の首都である咸陽(かんよう)へ

向けて出発する日がやってきます。

高漸離は荊軻が暗殺計画を成し遂げられるように筑を奏でて彼を見送ります。

しかし荊軻の秦王暗殺計画は未遂に終わってしまい、

荊軻は秦王暗殺を企てた者として処断されてしまいます。

政は自らを暗殺しようと企んだ燕王に激怒し、王翦(おうせん)や李信(りしん)に燕攻撃を命令。

王翦軍と李信らの軍勢は燕の首都を1年ほどで陥落させますが、燕王は遼東半島へ逃亡します。

この燕王を追撃したのが李信で彼は、

燕王を追撃して燕王の嫡男を打ち取る大功を立てることになります。

燕王は逃亡に成功するのですが、数年後に捕縛されてしまい燕は滅亡してしまうことになります。

燕の首都が陥落した際に高漸離は首都から脱出して、宋子(そうし)という場所へ逃亡します。


名前を変えて、チャンスを伺う

 

高漸離は宋子へ逃げ込むと名前を変えてしまいます。

名前を変えたのは知っている人と遭遇しないためで有り、親友である荊軻を処断した秦王政に

復讐を行うためでした。

しかし高漸離は官位を持っていなかったため秦王政と会うことなど不可能に近く、

復讐できるか可能性はゼロでした。

だが彼は必ず復讐してやると心に誓っていたため、

仕事が終わったら名人の域に達していた筑を奏でてチャンスが来るのを待っておりました。

 

祈りが天に届き、チャンスが到来する

 

高漸離は荊軻の復讐を誓って毎日を過ごしておりました。

秦王政は天下を統一し、中国初の皇帝であったことから始皇帝として天下に君臨。

彼は色々な政策を実行しており、忙しい毎日を過ごしておりました。

そんな中、宋子という土地に筑の名手がいるとの噂が彼の耳に達します。

始皇帝は筑の名手と言われている人物を側に置きたいと考えて、高漸離を招聘するように家臣へ

命じます。

高漸離は始皇帝がお呼びが掛かると大いに喜び、

すぐに秦の首都咸陽(かんよう)へ向けて出発していきます。

こうして高漸離に最大のチャンスが到来することになります。


始皇帝の近くに仕えることになるが・・・・。

 

高漸離は始皇帝の近くに仕えることになり、早速筑の腕前を披露することになります。

だが元燕王の家臣が始皇帝に仕えていたことが、

高漸離にとって運命の分かれ道になってしまいます。

高漸離を知っていた燕王の元家臣は始皇帝へ「あいつは荊軻と仲が良かった高漸離という者。

始皇帝の近くに仕えさせれば不測の事態が起きるかもしれません。」と進言。

この進言を聞いた始皇帝ですが、高漸離の筑の巧さに魅了されていたため、

彼を手放すのが惜しくなり、彼の目を潰して仕えさせることにします。

高漸離は目が見えなくなってしまったのですが、筑を奏でることに支障はありませんでした。

こうして目を潰されてしまった高漸離ですが、なんとか始皇帝の近くに仕えることになります。


  

 

始皇帝暗殺を実行するが・・・・

 

こうして始皇帝の側で筑を奏でること数ヵ月。

高漸離に最大のチャンスが訪れます。

いつも筑を奏でるときは誰かしら側近がいるのですが、今回は二人きりで筑を奏でて欲しいと

始皇帝から要望があったのです。

そこで高漸離は筑の中に鉛を仕込んで始皇帝暗殺を計画。

そして高漸離はいつものように始皇帝の近くに座って筑を奏でることになります。

彼は筑を演奏している途中に渾身の一撃を始皇帝に見舞います。

だが彼の目が見えなかったことが災いして、始皇帝へ鉛を直撃させることができませんでした。

始皇帝は驚きの声をあげると側近が入ってきて彼は捕らえられてしまいます。

そして始皇帝は彼の筑の技を惜しみながら亡くなってしまうことになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

もし高漸離を知っている者が始皇帝の側にいなければ彼を殺害することができたかもしれません。

なぜならば目が見えたからです。

小さな刀や匕首などを暗殺する道具を持っていなければ誰も彼を怪しむことはしないと思います。

そのため筑に鉛を仕込んでいたとしても誰も気づくことができなかったと考えられます。、

もし彼の暗殺が成功していれば、

もっと大きく彼の名前が歴史に刻まれることになったに違いありません。

それにしても親友の復讐のために自らの命も顧みずこのような行為に出た高漸離に

レンは絆の美しさを感じ得ませんでした。

 

参考文献 史記 司馬遷著 奥平卓・久米旺生訳など

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー


 

関連記事

  1. テレビを見る朱霊
  2. 魯粛

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP