呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画




 

燕の田光(でんこう)から始皇帝暗殺計画の依頼を受けた荊軻(けいか)

キングダムでは秦王政の弟である成蟜(せいきょう)の反乱を煽った人物である樊於期(はんおき)

どこかに逃亡しており、司馬遷(しばせん)が書いた史記には燕に樊於期が逃亡しているので、

キングダムの原作者の原先生が史記を参考資料とするのであれば、

キングダムの最終段階で登場するはずだとレンは勝手に予想しているのですがどうでしょうか。

彼は筑(ちく=げんがっきの一種)の名人である高漸離と仲良くしておりました。

彼は荊軻が始皇帝の暗殺に失敗したことによって殺害されたことを知り、

親友である荊軻の仇を取るために始皇帝暗殺を企てるのでした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




燕滅亡。この時高漸離は・・・・

 

燕王は秦王政を暗殺して強大になっていく秦の国に歯止めをかけようと考えて、

荊軻に始皇帝暗殺を提案します。

荊軻は燕王の計画を受け入れて着々と準備を進め、ついに秦の首都である咸陽(かんよう)へ

向けて出発する日がやってきます。

高漸離は荊軻が暗殺計画を成し遂げられるように筑を奏でて彼を見送ります。

しかし荊軻の秦王暗殺計画は未遂に終わってしまい、

荊軻は秦王暗殺を企てた者として処断されてしまいます。

政は自らを暗殺しようと企んだ燕王に激怒し、王翦(おうせん)や李信(りしん)に燕攻撃を命令。

王翦軍と李信らの軍勢は燕の首都を1年ほどで陥落させますが、燕王は遼東半島へ逃亡します。

この燕王を追撃したのが李信で彼は、

燕王を追撃して燕王の嫡男を打ち取る大功を立てることになります。

燕王は逃亡に成功するのですが、数年後に捕縛されてしまい燕は滅亡してしまうことになります。

燕の首都が陥落した際に高漸離は首都から脱出して、宋子(そうし)という場所へ逃亡します。




名前を変えて、チャンスを伺う

 

高漸離は宋子へ逃げ込むと名前を変えてしまいます。

名前を変えたのは知っている人と遭遇しないためで有り、親友である荊軻を処断した秦王政に

復讐を行うためでした。

しかし高漸離は官位を持っていなかったため秦王政と会うことなど不可能に近く、

復讐できるか可能性はゼロでした。

だが彼は必ず復讐してやると心に誓っていたため、

仕事が終わったら名人の域に達していた筑を奏でてチャンスが来るのを待っておりました。

 

祈りが天に届き、チャンスが到来する

 

高漸離は荊軻の復讐を誓って毎日を過ごしておりました。

秦王政は天下を統一し、中国初の皇帝であったことから始皇帝として天下に君臨。

彼は色々な政策を実行しており、忙しい毎日を過ごしておりました。

そんな中、宋子という土地に筑の名手がいるとの噂が彼の耳に達します。

始皇帝は筑の名手と言われている人物を側に置きたいと考えて、高漸離を招聘するように家臣へ

命じます。

高漸離は始皇帝がお呼びが掛かると大いに喜び、

すぐに秦の首都咸陽(かんよう)へ向けて出発していきます。

こうして高漸離に最大のチャンスが到来することになります。

 

始皇帝の近くに仕えることになるが・・・・。

 

高漸離は始皇帝の近くに仕えることになり、早速筑の腕前を披露することになります。

だが元燕王の家臣が始皇帝に仕えていたことが、

高漸離にとって運命の分かれ道になってしまいます。

高漸離を知っていた燕王の元家臣は始皇帝へ「あいつは荊軻と仲が良かった高漸離という者。

始皇帝の近くに仕えさせれば不測の事態が起きるかもしれません。」と進言。

この進言を聞いた始皇帝ですが、高漸離の筑の巧さに魅了されていたため、

彼を手放すのが惜しくなり、彼の目を潰して仕えさせることにします。

高漸離は目が見えなくなってしまったのですが、筑を奏でることに支障はありませんでした。

こうして目を潰されてしまった高漸離ですが、なんとか始皇帝の近くに仕えることになります。

 

始皇帝暗殺を実行するが・・・・

 

こうして始皇帝の側で筑を奏でること数ヵ月。

高漸離に最大のチャンスが訪れます。

いつも筑を奏でるときは誰かしら側近がいるのですが、今回は二人きりで筑を奏でて欲しいと

始皇帝から要望があったのです。

そこで高漸離は筑の中に鉛を仕込んで始皇帝暗殺を計画。

そして高漸離はいつものように始皇帝の近くに座って筑を奏でることになります。

彼は筑を演奏している途中に渾身の一撃を始皇帝に見舞います。

だが彼の目が見えなかったことが災いして、始皇帝へ鉛を直撃させることができませんでした。

始皇帝は驚きの声をあげると側近が入ってきて彼は捕らえられてしまいます。

そして始皇帝は彼の筑の技を惜しみながら亡くなってしまうことになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

もし高漸離を知っている者が始皇帝の側にいなければ彼を殺害することができたかもしれません。

なぜならば目が見えたからです。

小さな刀や匕首などを暗殺する道具を持っていなければ誰も彼を怪しむことはしないと思います。

そのため筑に鉛を仕込んでいたとしても誰も気づくことができなかったと考えられます。、

もし彼の暗殺が成功していれば、

もっと大きく彼の名前が歴史に刻まれることになったに違いありません。

それにしても親友の復讐のために自らの命も顧みずこのような行為に出た高漸離に

レンは絆の美しさを感じ得ませんでした。

 

参考文献 史記 司馬遷著 奥平卓・久米旺生訳など

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 韓信と劉邦 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  2. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どこ…
  3. 華歆(華キン) 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  4. 楊儀 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  5. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  6. 姜維と孔明 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  7. 劉璋にアドバイスをする張松 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  8. 孔明と司馬懿 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽に無視される孫権
  2. キングダム53巻
  3. 苦笑いするしかなかった公孫サン(公孫瓚)
  4. 秦の旗を掲げる兵士
  5. 魏の夏侯淵
  6. 張飛の虎髭
  7. 夏侯惇
  8. 曹操に憧れる荀彧

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 旅馬 三国志
  2. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官 合肥の戦いの満寵
  3. 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは? 孔子と儒教
  4. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 卞夫人 曹操
  5. 岳飛の子孫にはどんな人がいるの?子供や孫、子孫たち一覧 岳雲
  6. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍 反董卓軍マニアック(劉備 雷銅 リョカ サマカ 周倉)

三國志雑学

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 蒯越(カイ越)
  4. 呉蜀赤壁の戦い
  5. 呂布VS劉備三兄弟
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 太平道 黄巾賊
  2. 曹幹
  3. 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 三国志の計略と孔明

おすすめ記事

kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】 甘寧に殺されかける料理人 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街! 曹操が遺言で見せた女性への愛情 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ! 知ってた?三国志由来のことばBest5 王莽 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢 呂布がカバに乗って暴れまわっているシーン(赤兎馬) 【2018年版】『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!なんとあの文献に書かれていた?【HMR】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP