編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生

この記事の所要時間: 233




 

諸葛亮の宿敵であった司馬仲達(しばちゅうたつ)。

彼は曹操に仕える前、名士グループの人達から高い評価を受けておりました。

しかし曹操は彼が配下になると彼を信用していなかったのではないかと思える節があります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?




名門一家司馬家

 

司馬懿の家柄は名門で、父司馬防は京兆尹(けいちょういん=首都における知事相当の役職)に

ついており、司馬懿の爺様は頴川(えいせん=荀彧や郭嘉の出身地)の太守になっておりました。

そのため司馬懿は幼少期からしっかりとした教育を受けておりました。

また父司馬防の息子たちは皆優れ、

名前に皆「達」の字がついていたことから司馬の八達と言われる程の秀才ぞろいであったそうです。




名士グループから評価を受ける

 

司馬懿は河内(かだい)の出身でこの地方の名士達から大いに期待されており、

幼い頃には河内出身の名士である楊俊(ようしゅん)から

「君は非常の時に大きな才能を見せるであろう」と評価を受けます。

また冀州(きしゅう)出身の名士である崔琰(さいえん)も司馬懿を高く評価をしております。

これらの名士達からの評価を受けたことによって、

司馬懿の名声は一気に高くなっていくことになります。

 

荀彧から推挙を受けて曹操に仕える

 

司馬懿はこうして各地の名士達から高い評価を受けておりました。

そして彼は曹魏の中でトップ名士である荀彧(じゅんいく)からの推薦を受けて、

曹操に仕えることになります。

しかし司馬懿は曹操からの出仕を幾度も断っていると「晋書(しんしょ)」に記載されておりますが、

果たしてこれほどの名士グループから高い評価を受け、

曹操軍の配下の中でトップ名士である荀彧からの推挙を断ることができるのでしょうか。

一度は荀彧の誘いを断ったかもしれませんが、

二度も三度も断ることは無かったのではないのでしょうか。

その理由として名士の先輩から断る意味があまりないように思えるからです。

曹操を嫌っているのであればさっさと国元を出て他国で仕えてしまえば良かっただけです。

しかし曹操に仕えているので、そんなに曹操が嫌いで出仕を断ったのではなく、

儀礼的な感覚で一度断っただけではないのかなとレンは考えます。

 

曹操に仕えて順調に出世するも・・・・

 

曹操に仕えた司馬仲達は曹操が丞相に就任するとすぐに出世していきますが、

要職と言われるような地位に登ることはありませんでした。

また漢中を拠点にしていた五斗米道の教主である張魯(ちょうろ)を討伐した際、

司馬懿は曹操へ「王よ。益州を占領したばかりの劉備軍は、

まだ政権の地盤をしっかりと固めておりません。

今、大軍を率いて管仲から南下して益州へ攻撃を仕掛ければ容易く討伐できると考えます。」と

進言しております。

しかし曹操は「漢中を今手に入れることができたのだ。これ以上攻め込んで行くのはよろしくない」

と言って司馬懿の進言を退けてしまいます。

曹操はどうして司馬懿の進言を取り上げなかったのでしょうか。

司馬懿以外にも色々な人物が(劉曄(りゅうよう)とかが進言しているので一概には言えませんが、

司馬懿を警戒していたのではないのかなとレンは考えます。

曹操は司馬懿が名士グループと密接な関係を持っている人物であることから、

名士達を糾合して自分の勢力を拡大するのではないかと恐れていたため、

彼を要職に就けることもせず彼の進言を採用しなかったのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操は司馬懿の首が180°回る姿を見て「虎狼の相(ころうのそう)」と言い、

「やつは必ず何事かを胸に秘めている。用いる際は気を付けよ」と曹丕に伝えたそうです。

曹操は司馬懿の才能は素晴らしく有能で用いていたのですが、

司馬懿が従順に今後も従っていくことができるのか不安に思っていたため、

彼を警戒していたのではないのかなとレンは考えます。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹…
  2. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志…
  3. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復…
  4. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  5. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  7. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  8. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  2. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2回 ドラゴンブレイドのアプリはやり込むほどに面白い!
  3. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕
  4. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  5. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った? 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった? 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!

おすすめ記事

  1. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】
  2. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  3. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  4. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  5. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い
  6. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム
  7. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?
  8. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP