司馬懿の「野心家」イメージはどこから生まれた?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明 vs 司馬懿

 

三国志の武将たちには、皆さんそれぞれ「イメージ」するものがあると思います。その中で司馬懿(しばい)のイメージを挙げるとすると「諸葛亮(しょかつりょう)のライバル」や「野心家」などがあるのではないでしょうか。

 

司馬懿

 

特にゲームなどで、司馬懿がまるで帝位の簒奪(さんだつ)を狙っているかのようなキャラクターとして描かれることが目に付きますね。

 

司馬懿

 

今回はこれらのイメージがどこから生まれたのか、それを考察してみたいと思います。




司馬仲達という男

司馬懿と曹叡

 

司馬仲達(ちゅうたつ)、司馬懿は後にその孫が晋王朝を開くこともあって、高祖と称されることもあります。しかし本人自身は魏の王に、曹操(そうそう)曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)曹芳(そうほう)と四代に渡って仕え続けました。

 

司馬懿、司馬師、司馬昭

 

晋王朝を孫が開いたこと、息子である司馬師(しばし)司馬昭(しばしょう)らが魏の実権を握っていったこともあり、父親である司馬懿も「帝位簒奪の野心」があった……と言われることもあります。

 

関連記事:司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

関連記事:司馬昭の父である司馬懿の政敵 曹爽たちはどんな政策だったの?




狼願の相という相を持っていた司馬懿

 

そんな司馬懿は「狼顧(ろうこ)(そう)」という相を持っていました。この狼顧の相とは、体は前を向いたまま首は後ろを向くことができるというとても特殊な相で、それを聞いた曹操が本当かどうか確かめようと後ろから呼びかけると、司馬懿はその通りだったという逸話が残っています。

 

司馬懿を欲しがってた曹操

 

このことから曹操は司馬懿のことを「大志と野望を持つ人物」と評したとされ、これも司馬懿が野心家であったとされる理由の一つとして考えられる要因となっています。

 

司馬懿と曹操

 

しかし一方で狼顧の相は狼のように用心深い、という意味ともされており、これだけで司馬懿が野心家であったとも言い切れません。

 

関連記事:司馬昭の台頭と夏侯覇の裏切りとも言える亡命、そして両方に縁ある武将羊コ

関連記事:司馬昭と劉禅の宴会のシーン、賈充の言葉を噛みしめてみる

 

曹丕からの信頼

司馬懿と曹丕

 

事実、司馬懿は曹丕からとても頼りにされていました。曹丕が遠征に出る際には留守を任され、曹丕の後継者となる曹叡の後見を託されています。

 

またその曹叡自身からも深く信頼され、死の淵に瀕した際に、曹叡は司馬懿に「其方の顔を見ずに死ぬのが辛かった」とまで言われ、またその後継者である曹芳の後見を託されました。少なくとも魏の時代に置いて、司馬懿は皇帝たちの信頼を勝ち取っていたと言えるでしょう。

 

関連記事:太陽が昇らないのは賈詡のせい!?魏の人に嫌われていた賈詡を守る曹丕の逸話

関連記事:明かされた真実!曹丕・曹植の後継者争いは、曹操と曹丕が仕組んだ罠だった?

関連記事:曹丕の性格に問題大有り?陰険扱いされる曹丕をフォローしたい

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 仮病を使う若き司馬懿に嫌がらせをする曹操

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 埼玉県の山の民
    • 2021年 7月 13日

    お疲れ様です。イラストのラストを見て、懐かしさとかっこよさに泣きそうになりました。ターミネーター‥‥(笑)

    この記事を読ませてもらって感じたのが、司馬懿の事は司馬懿本人にしかわからないんだなという感想です。

    曹芳の時代には主導権は息子たちに移っていて司馬懿こと宣帝は殺されはしないけど、敬意を払われつつ
    道具に使われたところもあったのかもしれませんね。

    自分は漫画の蒼天航路が大好きで、司馬懿の首に関する話が好きで、曹操に後ろから声をかけられた司馬懿が首だけ曹操のほうを向いた時に曹操が『首大丈夫か?』みたいに声かけて心配してたシーンで。

    この時の司馬懿が焦った顔で忘れられなくて、曹操も司馬懿にドン引きしていて、直で笑えました。

    これ思い出して、司馬懿は実はじっくり考え事する余裕もないままに気がつけばクーデターも成功していて(息子たちがかなり動いていた)いろいろ後からついてきたんじゃないかなと。ラッキーボーイ司馬懿(笑)

    偶然がいくつも重なりあったのかもしれませんね。
    (アニメのTo Heart の歌思い出した。)

    自分の司馬懿のイメージは遠くを見る野心家ではなく、目の前にある障害を速やかに廃除する職人軍人です。

    面白かった!

    • じつどうだいすけ
    • 2021年 7月 12日

    義兄(夏侯玄)殺しの司馬師、皇帝(曹髦)殺しの司馬昭、逃れ難い悪業です。そのイメージがあって、父である司馬懿、母である張春華は、悪く描かれているのです。そもそも晋書自体が、西晋の司馬懿の正妻である張春華血統でなく、東晋の司馬懿の妾である伏夫人血統の正統性を主張してます。俗にいう高平陵の変も、実質は司馬師が主導し、政治の実権を握る為に、カリスマ武将で名声高い父司馬懿を担ぎ出して起こしたものですし。曹丕の右腕、曹叡の宿将として活躍した、司馬懿の意図しないものだったと推察します。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP