よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?

この記事の所要時間: 317




 

防御力に問題がある列尾(れつび)を捨て、全軍で鄴(ぎょう)を攻略するかに

見えた王翦(おうせん)

しかし、そんな王翦は、楊端和(ようたんわ)の軍を北の公孫龍(こうそんりゅう)に

ぶつけると、進軍方向を変え鄴とは無関係な小城、吾多(ごた)を陥落させたのです。

減り続ける兵糧に気が気ではない信(しん)や河了貂(かりょうてん)ですが、

ここで再び王翦の奇策が炸裂!なんと、降伏させた趙の民を食糧も与えずに、

城から追放したのです。

 

前回記事:キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの?

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




命は助けるが、城からは出てもらう王翦の奇妙な命令

 

最初の吾多城を陥落させた王翦は、全軍に民を傷つけないように厳命して、

吾多城の住民を広場に集め、別の城に移動するように命令を出しました。

命は助かるのだからと、食糧もないまま城を離れ、別の城に移動していく趙の民衆・・

 

こうして、城を追い出された趙の民衆は東へと向かい難民と化していきました。

もちろん、王翦が意味もなく、こんな事をする筈がありません。

では、大量の難民を産み出す王翦の計略の真意はどこにあるのでしょう?




王翦の意味深な発言、李牧が鄴に到着する前に仕掛けを完成させる

 

吾多の城を落した時点で、王翦は、さらに王翦本隊、桓騎(かんき)軍、

そして、玉鳳隊、楽華隊、飛信隊の連合軍で、西から順番に残り七つの城を落すと

宣言しました。

さらに、それを李牧(りぼく)が鄴に入る3日後までに完了させ、

仕掛けを済ましておくと言っています。

 

西から順番にという事は、趙の人民は東へ向けて難民化していく事になります。

北は、楊端和と公孫龍が睨みあいをしていますし、西は太行山脈があるので、

趙の人々は戦の巻き添えを避ける為には東に向かわざるを得ないのです。

 

そんな中、ついに太行山脈を南下した趙軍が列尾を奪回し、

徐々に北上を開始しているという報告が王翦に入ります。

いよいよ、秦軍の活路も東にしかない事になりました。

 

羌瘣の一言、イナゴとは何を意味しているのか?

 

山旦城を落した、飛信隊と楽華隊と玉鳳隊、再び発生して東に向かう難民を

城壁から見下ろして「俺達は何やってんだ」と溜息をつく信・・

しかし、ここで羌瘣(きょうかい)が「あ、分った」と独り言をつぶやきます。

 

そして、移動していく難民を見て、羌瘣は「イナゴ・・」と言うのです。

この一言で、蒙恬(もうてん)王賁(おうほん)は何事かを理解したようです。

(信はまだですが)では、王翦の真意とは一体なんなのでしょうか?

 

予想 飢えた難民が李牧の行動を制限しかき乱す

 

イナゴのイメージは食糧を食いつくす害虫です。

あえてそれを、羌瘣が言ったという事は、思いつきではなく確信があると見ます。

つまり、難民達は闇雲に東に向かっているのではなく、東には趙の穀倉地帯があり

食べさせてもらえるという打算があるのではないか?と思います。

 

しかし、無尽蔵に食糧があるわけではないので、どこかで限界が来ます。

そうなると飢えた難民は趙の扱いに不満を持つ事になります。

現在、趙軍の総司令官は李牧ですから、その対策を迫られる事になります。

当然、暴動を警戒して、軍を割かねばならない事態になるので、

王翦にだけ気を配るのは難しいという事になるでしょう。

 

また、東へ向かう難民の群れが軍隊の往来を難しくしてしまうかも知れません。

敵である秦軍には難民は寄り付きませんが、趙軍に対しては、食糧を求めて

すがりついてくるかも知れないからです。

 

民を大事にする李牧の性格からして、これは計略を大きく変更しないといけない

重大な結果をもたらすかも知れません。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

もう一つ、細かい事ですが、王翦が見落としていた9番目の城が気に掛ります。

その9番目の城が、今回の王翦の戦略の要なのかも知れないからです。

また、王翦の軍勢が一切、動揺するそぶりがない事から、王翦の計略は、

薄氷を踏むものではなく、鉄板の勝ち方だと思われます。

 

いずれにせよ、来週になってみないとこれ以上は分りません。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  2. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!
  3. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実
  4. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  5. 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  6. 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます!
  7. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  8. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  2. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  3. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  4. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう
  6. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習

おすすめ記事

  1. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  2. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  3. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  4. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  5. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  6. 趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期
  7. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  8. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP