編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

この記事の所要時間: 324




 

転職は人生の大きな選択で、そう軽々しく出来るものではありません。

しかし、人生は一度きり、その一度の人生で自分のやっている仕事が、

自分の目標に合わないと感じたら、そこはさっさと辞めてしまい、

転職する事だって、与えられたチャンスを物にする事なのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法




転職の不安は、たいてい取り越し苦労に過ぎない

 

今では、三国志ライターをしているkawausoですが、

この仕事に就くまでに20回位は転職を繰り返しています。

レジ打ちもやりましたし、肉屋もやりましたし、園芸ショップの店員、

コックの見習い、警備の仕事、コンビニ店員、出稼ぎにも3度出ています。

面接だけなら、100回はやったと思います。

 

若かったので、貯金も無かったのですが、食うには困りませんでした。

もし、転職が人生の一大決心ならkawausoは一大決心を二十回やっています。

何が言いたいのか?と言えばね、実は転職の不安なんか、大した事ないのです。

なんども転職していると、仕事を変える不安や面接の不安なんて、

取り越し苦労だと分ってしまうからです。




無責任男 呂布に学ぶポジティブ人生

 

皆さんは人中の鬼人、呂布(りょふ)をご存じでしょう?

彼のイメージってどんなですか?

 

喧嘩最強だが裏切りやすくて気まぐれ、油断のならない梟雄ですか?

まあ、それもそうでしょうが、kawausoは、呂布に無責任な程の楽天家の

素質を見出してしまいます。

 

あんなに好き放題に生きて、あの結末なら正直カッコイイとさえ思えるのです。

 

呂布は己の武勇に絶大な自信を持っていますから、

誰であれ、天下を狙うヤツは俺を必要とする筈だとうぬぼれています。

 

 

そうであればこそ、自分を引き立てた丁原(ていげん)を赤兎馬と

武将のポストで、董卓に寝返り、いとも簡単に殺してしまい、

次に董卓(とうたく)を殺し、袁術(えんじゅつ)袁紹(えんしょう)

張楊(ちょうよう)、劉備(りゅうび)と裏切りの遍歴を繰り返します。

 

それは、それで酷いのですが、自分の武を疑いなく信じている、

楽天的な性格だからこそ出来る事でもあります。

 

貴族の地位を追われても、笑って放浪する楽天ぶり

 

呂布は、王允(おういん)に寝返り董卓を斬った時に、

手柄で温県を与えられ温侯(おんこう)になります。

温県の領地は個人の役職ではなく、世襲で子孫に継げるので

普通のボーナスより何倍もデカイのです。

 

つまり呂布は貴族になったのですが、それも束の間、王允は強引で、

器量が狭い政治をして長安の人心を失い、攻め上ってきた李傕(りかく)

郭汜(かくし)の軍勢の前に撃破されてしまいます。

 

普通なら「折角掴んだ領地と貴族の地位が・・しょぼーん」と凹むのに

呂布は、あっさりと現実を受け入れ、馬の鞍に董卓の首をぶら下げて

さっさと長安から落ちていきます。

 

 

「はっ!俺の武力さえありゃ、いつでも取り戻せるさ」

 

ここにも、呂布の武力に裏打ちされた楽天的過ぎる絶対の自信が見えます。

事実、呂布は三百騎の精鋭と共に、中原を放浪し、袁紹の指揮下では、

100万の黒山賊さえ退治して崩壊させているのです。

 

転職マインド ネガティブをポジティブに変える

 

呂布は行き過ぎですが、転職は気の持ちよう一つです。

例えば、仕事を辞める時、どうしてもその理由は、「給料が安い」

「嫌な上司がいる」「仕事が単調でつまらない」などネガティブになります。

それは、仕方がない事で、仕事のネガ面が目立つから嫌気が差し転職するからです。

 

ですが、辞めてしまったら、それはさっぱり忘れて、

 

「次はより高収入の仕事を目指す」とか、「やってみたかったあの仕事を受ける」

とか、ポジティブ思考に変換しましょう。

どうせ辞めたのです、その事実は変わらないのですから、良い方に取りましょ!

kawausoなどは、仕事を辞めるとサッパリした気分になり

「これで、次の仕事決まるまで友達と朝まで飲める」と、

ちょっと嬉しくなったものです。

 

面接に落ち続けている時の不安解消

 

仕事を何度も転職していると、あっけない程、簡単に次の仕事が決まる時と

何十回、面接しても全然受かる気がしない事があります。

kawausoは最高で17回面接で落ちましたが、途中からは、話の流れで、

「あ、落ちたな」と直感できるようになりました。

 

 

あきらかに、時間潰しで面接している面接官とプロ野球の話題で盛り上がり

打ち解けたので、「本当は採用するつもりないでしょ?」と聞いたら

笑顔で頷かれた事があります。

 

kawausoはモチベ重視で、面接は1日一回と決めていたので、

こんな時は、余った時間で美味しいモノを食べたり、

漫画喫茶で漫画読んで時間を潰したり、名所・旧跡を訪ねたりしました。

落ちても、次があるさと気分を変え、さらに余った時間で、何か楽しい事を

見つけてみるのです。

 

よく、面接企業のある町の図書館なんかにも入って、

陽が暮れるまで読書もしましたが、今考えると役に立っていますね。

 

 

ちなみに、転職サポートサイトの調べでは、

初心者が面接に受かりやすいのは、7月で、

即戦力が求められるのは、9、10月だそうです。

こういうサイトは、基本は、登録無料なので、

とりあえず登録して、自力転職がおぼつかない時に備えて

保険を掛けておくにはいいですよ。

 

三国志ライターkawausoの一言

 

いつまでも面接に落ち続けるものではありません。

現代日本は不景気とはいえ、売り手市場なのです。

リアルな話をしますと、団塊の世代が65歳を迎えてリタイヤし、

一定の新規採用枠が出てきているからなんですが、、

 

面接に合格したら、すぐに翌日から働くのではなく、

出来れば1週間位、間を置いて、これから走り出す準備をしましょう。

何故なら、仕事が決まったら決まったで、上手くいくだろうか?

なーんて人は不安になるからです。

 

こんなごちゃごちゃした気持ちで即日で働くと、ブランクでヘマが続き

入社して早々に、辞めたくなるって事もあり得ます。

なので間を置いて必要なアイテムを揃え、「これで良かった」と覚悟を決めて、

後は、遊びに行って、不安を発散させて、全てリセットして新しい仕事に臨みましょう。

 

PR:[AidemSmartAgent]転職

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法

関連記事:就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

 

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  2. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  3. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  4. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  5. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  6. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  7. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留…
  8. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】
  3. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  4. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】
  6. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!? 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる! 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介! 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ

おすすめ記事

  1. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  2. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)
  3. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  4. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  5. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官
  6. 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  7. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  8. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP