編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての漢

金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件

この記事の所要時間: 221




 

曹操(そうそう)張魯(ちょうろ)を降伏させて漢中を手に入れた後、

この地に夏侯淵(かこうえん)張郃(ちょうこう)らを残して撤退しますが、

劉備が大軍を率いて漢中を奪うべく出陣し、

漢中守備軍の総司令官であった夏侯淵を討ち取ってしまいます。

曹操は夏侯淵が討ち取られたことを知ると自ら大軍を出陣させて、

漢中を守るべく出陣します。

曹操が漢中防衛戦に出陣させている間に後漢王朝がいる許では、

大変な事件が起きていたことを知っていましたか。

あまりに劉備と曹操の戦に囚われすぎて見過ごしがちですが、

今回はこのマイナーな事件をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた




魏に服従している後漢王朝を救うべく立ち上がる

 

曹操が漢中を救出するべく大軍を率いて出陣した頃後漢王朝の皇帝が住んでいる許で、

一人の人物が後漢王朝を救うべく立ち上がろうと計画しておりました。

その名を金禕(きんい)と言います。

彼は後漢王朝の忠臣の家系で代々勤王の志を持っておりました。

そんな彼は魏に服従している状態になっている後漢王朝を救うべく、

吉本(きつほん)、彼の息子である吉邈(きつばく)、

韋晃(いこう)らと許襲撃作戦を計画しておりました。




金禕の許襲撃作戦とは

 

金禕は彼らが集まると後漢王朝を救うべく作戦を提案します。

彼は吉本らに「このままでは後漢王朝は魏によって滅亡してしまう。

その前に魏を滅ぼすため皇帝が住んでいるこの許で反乱を起こそうと思う。

私は許の駐留軍を指揮している王必(おうひつ)と仲が良いので彼の隙をついて

許で兵士を集めて挙兵しよう。

挙兵する日時だが、兵士が集まった日から数日後の夜としよう

そして彼を殺害して後漢王朝の皇帝・劉協(りゅうきょう)様を擁立してからは、

益州の劉備軍の武将で、

荊州(けいしゅう)に駐屯している関羽へ協力を仰ぐのがいいと思う」と作戦を提案します。

金禕の作戦を聞いた吉本達は皆賛成して兵士を集めるべく行動を開始します。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

許襲撃作戦決行

 

金禕らは許襲撃作戦の話し合いが終わった後、

細かいことを詰めながらこの作戦に参加してくれる兵士達を集めることにします。

しかし魏軍のような精強な兵士ではなく、

奴隷として許で働いていた者や各家の使用人しか集めることができませんでした。

だが金禕は彼らに「兵士はまあまあ集まったから数日後のよるに許の兵を指揮している

王必へ奇襲攻撃を決行する。

兵を率いるのは吉邈にお願いしたい。」と金禕が相談すると吉邈は快諾。

こうして作戦を決行することが決定します。

そして数日後の夜中、吉邈率いる部隊は王必が住んでいる役所へ攻撃を行います。

金禕は王必の役所に幾人かの内通者を得ており、

彼らが内通すると門が開かれすぐに役所は陥落してしまいます。

しかし王必を殺害することはできませんでした。

 

勘違いして話してしまう

 

王必は役所が攻撃を受けるとすぐに逃亡し、

仲のよかった金禕の家に匿ってもらおうと考えておりました。

金禕の家に到着した王必は彼の家の戸を叩くと驚くべきことを知ることになります。

金禕が家の中から王必へ「よくやった吉邈。王必は殺したかい」との返答が返ってきます。

王必はびっくりしてすぐに金禕の家から離れて兵が駐屯している場所に行くと、

兵を率いて金禕の反乱を鎮圧し首謀者であった金禕一派を捕縛し、

処断することに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

金禕らが反乱を起こした時の状況は千載一遇といえるチャンスでした。

曹操は漢中へ出撃していたため留守にしており、

この時に金禕達がしっかりと計画を立てていれば許を奪うことができたかもしれません。

しかし彼らの反乱に集まった人達は医者や兵権のない人物達が集まっていたため、

成功する確率はかなり低かもしれませんが、

もし成功していれば大変な偉業となっていたのは間違えないでしょう。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  2. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…
  3. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執…
  4. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できた…
  5. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析
  6. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政…
  7. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  8. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略
  2. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  3. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  4. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  5. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  6. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

妻子を人質に取られすぎな劉備 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上! 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何? 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは? 3周年を迎える「はじめての三国志」公式オンラインストアをオープン! 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)

おすすめ記事

  1. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!
  2. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  3. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  4. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ
  5. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣
  6. 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  7. 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!!
  8. 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP