広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

この記事の所要時間: 342

 

日本では、すでに江戸時代から大衆文学として人気を博していた三国志演義

しかし、単純な勧善懲悪のストーリーに大きな変化を加えて日本人好みの

三国志を造り上げたのが、文豪、吉川英治(1892~1962年)です。

 

彼が中外商業新聞(日本経済新聞)で1939年から1943年まで連載した

三國志は戦後に単行本化して大評判になり、何度も増刷と新訂を繰り返し、

吉川三国志を下敷きとした多くの三国志作品を産み出すに至ったのです。

 

その一方で、膨大な登場人物を動かす大河小説では作者が忘れてしまい、

作品中で何度も死んでは何事のないかのように甦る武将も出てきてしまいます。

そんな被害者の一人が魏の五大将軍の一人、張郃(ちょうこう)なのです。

 

 

張郃、汝南で1度目の死亡フラグ

趙雲 子龍

 

張郃の吉川三國志での最初の死は、官渡の戦いの直後曹操対劉備の戦いで出てきます。

袁紹を見限って曹操(そうそう)に降った張郃と高覧(こうらん)はその後に

汝南で勢力を築きつつあった劉備(りゅうび)との戦いに投入されます。

 

しかし高覧は、名将、趙雲子龍(ちょううん・しりゅう)の槍の前にあえなく刺し殺され、

残った張郃も、関羽(かんう)と趙雲の連携プレイで追い詰められ屠(ほふ)られたと

あるのです。

 

張郃、余命を30年以上残して一度目の死亡です(笑)。

 

もっとも、屠るという意味には殺すという意味以外にも、敵を撃破するという

意味もあるので高覧と違い、張郃は死んでない負けただけという事も

出来なくはありませんが、でも屠ると書かれたら、死んだと思いますよね・・

 

張郃、長坂坡(ちょうはんは)で2度目の死亡フラグ

趙雲 長坂の戦い

 

張郃の二度目の死は、曹操の大軍が劉備を追い詰める有名な長坂坡の戦いです。

必死で逃げる劉備軍ですが流民を従えているので動きが遅く、ついに長坂坡と

言う所で曹操の騎兵に追いつかれて乱戦に突入するシーンです。

 

ここで曹操軍から背中に張郃と書いた旗を差した騎兵が名乗りを挙げて、

趙雲に突撃します、趙雲と張郃は死闘を繰り広げますが、

趙雲は長剣を引き抜くと張郃を肩口から馬に至るまで斬り裂いて、

大量の返り血を浴びたというのです。

 

長剣で肩口から馬まで斬り降ろされ、大量の血が噴き出す・・

これは、どう考えても即死と考えて間違いないのではないでしょうか?

 

ただ、張郃は死んだという記述はない事から、いや死んだとは言えない

という強弁が出来ない事はありません。

 

でも、この状態で一命を取り留めても、もう武将としては再起不能

のような感じもしないではないですが・・

 

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

 

張郃、木門道で3度目の死亡フラグ

諸葛孔明

時代は降って、諸葛孔明(しょかつこうめい)による北伐の後半の事、

人望が厚い張郃は、魏の大軍を率いて蜀軍の前に立ち塞がります。

 

すると孔明は一計を案じて、部隊をわざと木門道で退却させて、

魏軍をおびき寄せようとします。

総司令官の司馬懿(しばい)は張郃に名セリフ「待て!孔明の罠だ!」を

発動しますが性格が烈火のような張郃はこれを無視して木門道へ突入します。

当然、これは孔明の罠であり、突如として周辺は火に包まれ、

張郃は焼け死んでしまうのでした。

 

ここでは、「張郃を亡った魏兵は、」や「張郃の戦死は惜しまれた」など
張郃がハッキリ死んだと確認される言葉が出てきます。

 

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  2. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  3. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  4. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?
  5. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  6. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  7. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  8. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せくだ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  2. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  3. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  5. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  6. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】 もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

おすすめ記事

  1. 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?
  2. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  3. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  4. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  5. 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家
  6. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  7. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!
  8. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP