編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

この記事の所要時間: 327

 

日本では、すでに江戸時代から大衆文学として人気を博していた三国志演義

しかし、単純な勧善懲悪のストーリーに大きな変化を加えて日本人好みの

三国志を造り上げたのが、文豪、吉川英治(1892~1962年)です。

 

彼が中外商業新聞(日本経済新聞)で1939年から1943年まで連載した

三國志は戦後に単行本化して大評判になり、何度も増刷と新訂を繰り返し、

吉川三国志を下敷きとした多くの三国志作品を産み出すに至ったのです。

 

その一方で、膨大な登場人物を動かす大河小説では作者が忘れてしまい、

作品中で何度も死んでは何事のないかのように甦る武将も出てきてしまいます。

そんな被害者の一人が魏の五大将軍の一人、張郃(ちょうこう)なのです。

 

 

張郃、汝南で1度目の死亡フラグ

趙雲 子龍

 

張郃の吉川三國志での最初の死は、官渡の戦いの直後曹操対劉備の戦いで出てきます。

袁紹を見限って曹操(そうそう)に降った張郃と高覧(こうらん)はその後に

汝南で勢力を築きつつあった劉備(りゅうび)との戦いに投入されます。

 

しかし高覧は、名将、趙雲子龍(ちょううん・しりゅう)の槍の前にあえなく刺し殺され、

残った張郃も、関羽(かんう)と趙雲の連携プレイで追い詰められ屠(ほふ)られたと

あるのです。

 

張郃、余命を30年以上残して一度目の死亡です(笑)。

 

もっとも、屠るという意味には殺すという意味以外にも、敵を撃破するという

意味もあるので高覧と違い、張郃は死んでない負けただけという事も

出来なくはありませんが、でも屠ると書かれたら、死んだと思いますよね・・

 

張郃、長坂坡(ちょうはんは)で2度目の死亡フラグ

趙雲 長坂の戦い

 

張郃の二度目の死は、曹操の大軍が劉備を追い詰める有名な長坂坡の戦いです。

必死で逃げる劉備軍ですが流民を従えているので動きが遅く、ついに長坂坡と

言う所で曹操の騎兵に追いつかれて乱戦に突入するシーンです。

 

ここで曹操軍から背中に張郃と書いた旗を差した騎兵が名乗りを挙げて、

趙雲に突撃します、趙雲と張郃は死闘を繰り広げますが、

趙雲は長剣を引き抜くと張郃を肩口から馬に至るまで斬り裂いて、

大量の返り血を浴びたというのです。

 

長剣で肩口から馬まで斬り降ろされ、大量の血が噴き出す・・

これは、どう考えても即死と考えて間違いないのではないでしょうか?

 

ただ、張郃は死んだという記述はない事から、いや死んだとは言えない

という強弁が出来ない事はありません。

 

でも、この状態で一命を取り留めても、もう武将としては再起不能

のような感じもしないではないですが・・

 

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

 

張郃、木門道で3度目の死亡フラグ

諸葛孔明

時代は降って、諸葛孔明(しょかつこうめい)による北伐の後半の事、

人望が厚い張郃は、魏の大軍を率いて蜀軍の前に立ち塞がります。

 

すると孔明は一計を案じて、部隊をわざと木門道で退却させて、

魏軍をおびき寄せようとします。

総司令官の司馬懿(しばい)は張郃に名セリフ「待て!孔明の罠だ!」を

発動しますが性格が烈火のような張郃はこれを無視して木門道へ突入します。

当然、これは孔明の罠であり、突如として周辺は火に包まれ、

張郃は焼け死んでしまうのでした。

 

ここでは、「張郃を亡った魏兵は、」や「張郃の戦死は惜しまれた」など
張郃がハッキリ死んだと確認される言葉が出てきます。

 

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  2. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…
  3. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  4. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ
  5. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」
  6. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…
  7. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  8. ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯
  2. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?
  3. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  4. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  5. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二
  6. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった! 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった? 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】

おすすめ記事

  1. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  2. 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられた忠義を尽くした武将
  3. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣
  4. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  5. インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!
  6. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  7. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  8. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP