キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国大戦スマッシュ!

【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です!

この記事の所要時間: 424

 

お待たせいたしました「はじめての三国志」の三国志ゲーム中継第3弾です!

世の中のいろいろな三国志ゲームを自称三国志マニアの

「ろひもと理穂」が実際にプレイし、三国志マニアの視点からお伝えしております。

 

 

今回からNEWゲームに挑戦していきます。

ひっぱりアクションゲームの「三国大戦スマッシュ!」です。

リリースされてから時間も経過していますので、

この「はじめての三国志」読者の皆さんの中でも、

プレイしたことのある方が多いのではないでしょうか。

 

ゲームのレビューなどを見てもかなりの人気がうかがえますね。

私はこれまで「シュミレーション系」「RPG系」「カードゲーム系」の三国志は

いろいろとプレイしたことがあるのですが、

この「ひっぱりアクションゲーム」というのは全くの初挑戦です。

テレビのCMではこういったゲームを見たことはあるんですけどね。

ということで、ひっぱりアクションゲーム未体験の方はぜひ参考にしてみてください。

ダウンロードはこちら

まずはチュートリアルに挑戦

 

どのゲームでも同じですが、まずはチュートリアルから始まります。

操作性やゲームのルールなどをここで把握することになりますね。

ひっぱって弾くという感覚がまるでわからない私としては、このチュートリアルは重要です。

 

 

とりあえず言われたままにどんどんクリックし、進めていきます。

 

お話の内容は三国志ですね。

主役がオリジナルキャラで戦場に登場するということが多い三国志ゲームですが、

こちらはどうやら違うようです。

 

最初に引く武将が大事なようですが、

私は基本的に「リセマラ」することに抵抗がありますので、

引いた武将は甘んじて受け入れる覚悟です。

 

進めていく物語の年代と、登場する武将にはまったく時代考証はないようですね。

「黄巾の乱」を平定していくところから物語は始まりますが、配下の武将に「賈南風」がいます。

賈南風は、晋王朝建国の功臣・賈充の娘です。

陰湿な性格と記されており、残虐な行為も度々行っています。

色黒で醜女だったとも伝わっていますね。

政略結婚によって司馬炎の息子である司馬衷の后となり、

司馬衷が恵帝に即位してからは皇后となりました。

三国志に登場する女性としては、一二を争うほどの悪名です。

 

 

しかしこちらのゲームに登場する賈南風はかなり魅力的な女性として描かれていますね。

ダウンロードはこちら

5人でパーティーを組みます

 

ひっぱりアクションゲームですが、要素としてはRPGを多分に含んでいますね。

 

武将は★でレアリティが決まっているようです。

★5が最高のレアですね。★4も貴重です。

さらにそれぞれにレベルがあり、「強化」するとレベルは上がりますが、

レベルの上限はレアリティで制限されています。

同じ武将が揃うと「限界突破」が可能。

レアリティを上げるのは「覚醒」のようです。覚醒するとレベル上限も上がります。

 

そう考えると、賈南風はとても貴重な存在ですね。かなりの活躍が期待されます。

 

武将の詳細をよく見ていくと、

「Lv」「HP」「攻撃」「速度」「所属」「タイプ」という項目がありますね。

これらはRPGの定番なのでだいたい意味はわかります。

速度は攻撃する順番に関係するようです。

賈南風のHPが13,532、攻撃力が11,803ですから能力値的には、ややインフレ状態だと推測されます。

 

 

私の陣営の主力は、どうやら「曹操」のようです。

スーパーレアとはなっていますが、

★3で最大でも★4ですから、賈南風の方がレアリティは高そうです。

 

曹操、賈南風の他、あと3人を含めた5人でパーティーを組んで戦っていくゲームです。

もちろん5人とも強力な武将であることが望ましいのでしょう。

 

タイプの「反射」と「貫通」

実際に「物語」をプレイしてみます。

この「物語」を進めていくのがゲームの基本プレイのようです。

 

こちらは三国志の史実どおりに進んでいく感じなのでしょうか。

「馬元義」など、懐かしい黄巾の賊徒の名前がどんどん登場してきます。

チュートリアルはほとんど戦闘ですね。ひっぱり弾く練習です。

敵もかなり弱く設定されているようで、だいたいでプレイしても簡単に倒せます。

 

 

もっともっと物語を進めていくと、そうはいかないようです。

戦略性も重要になるそうです。私にはまだその実感はありません。

適当にひっぱって弾いていますね。

 

 

物語一つをクリアすると「戦果」の確認があり、

こちらでお金やアイテム、武将などをゲットできます。

それぞれのアイテムの価値や使い方はまだよくわかりません。

とりあえず貰えるものは貰っておきましょう。

 

武将は毎回増えていきますね。

ただし★1や★2といったレアリティの低い武将です。

 

 

タイプが二つに分かれています。「反射」と「貫通」です。

 

 

戦場で赤い矢印が出るのが反射、青い矢印が出るのが貫通です。

 

反射はビリアードのボールのように、画面の端や敵にぶつかって跳ね返ります。

同じ敵将を何度も攻撃することが可能です。

 

貫通はその名の通り貫通していきます。

狙った敵に攻撃を当てやすいというのがメリットですが、

複数回のダメージを与えられないというデメリットもあります。

 

 

武将の個性である「計略」と「連計」

 

「龍玉」を集めると「ガチャ」ができます。試しにやってみると、★5つのスーパーレアをゲット。

露出度の高い女性キャラですね。名前を確認してみると、なんと「張飛」です。

 

 

ゲームや漫画の作品によっては三国志の登場人物はよく女性化されていますが、

どうやらこちらも同じ系統のようですね。

 

それぞれの武将には「計略」と「連計」があります。

たくさんプレイしてゲームに慣れていけば使いこなすことや、

その効果のすばらしさも理解できるようになるでしょう。

 

「計略」は、戦場である程度ターンが進むと発動できるスキルのようなものですね。

ひっぱったり、弾いたりする必要なく敵にダメージを与えることができます。

きっとレアリティの高い武将の計略はかなりの威力があるのでしょう。

 

「連計」は、ひっぱって弾いたときに味方に当たると発動します。

それぞれの連計で効果が異なるようで、今後は戦局を見極めて使いこなす必要がありそうです。

 

 一番の魅力はそのビジュアルかな

 

まだ始めたばかりなので、ひっぱって弾く楽しさはよくわかりません。

それ以上に感銘を受けたのは、このゲームの武将のビジュアルの高さグラフィックの美しさですね。

オリジナリティもあり、繊細なタッチで、カッコいいです。これにはビックリしました。

これまでプレイしてきた三国志ゲームの中では飛び抜けたハイセンスですね。

 

ただ、やはり女性化キャラが多いような気がします。

まあ、美しい女性が多いことに文句はないのですが、何か理由があるのでしょうか。

逆に史実に登場する女性キャラが男性化しているということはないようですね。

 

 

「三国志演義」の主役である「劉備」もまた女性化していますね。

張飛も女性だったわけですから、これは「関羽」も女性?の可能性大ですね。

 

 

ちなみに武将のレベルは上げやすいみたいです。

 

 

ゲットしたレアリティの低い武将を素材にすることもできますし、

「強化」専用の「武神」というキャラもいます。

 

 

試しに張飛に使ってみるとあっという間にLvが35まで上がりましたね。

ちなみに★5つの張飛はLvが99まで上がります。

そうなると戦場での活躍ぶりもかなり変わりそうです。

 

とりあえずスタートしたばかりなので、まだまだゲームの特性を掴み切れていませんね。

一週間プレイしたらかなり違うと思いますので、お楽しみに!

次回はさらに深く、この「三国大戦スマッシュ!」に迫りますね。

登場する武将についての詳細を知りたい方は、ぜひこの「はじめての三国志」で検索してみてください。

 

次回記事:【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です!

 

ダウンロードはこちら

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  2. 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム
  3. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  4. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  5. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった…
  6. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  7. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた…
  8. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  2. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  3. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言
  4. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  5. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  6. 妻子を人質に取られすぎな劉備

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

おすすめ記事

  1. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  2. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  3. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!
  4. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  5. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ
  6. 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)
  7. 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?
  8. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP