キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?

この記事の所要時間: 212




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

献身的に蜀を支え、忠義に生きた諸葛亮孔明は、

三国志の登場人物の中でも群を抜いて人気があります。

劣勢の中でも果敢に魏に攻め込んだ「北伐」が諸葛亮孔明人気に拍車をかけました。

しかし諸葛亮孔明は大きな成果を残すことなく、五丈原の陣営で病没してしまいます。

諸葛亮孔明自身も大国相手に勝機を見出すのは難しかったはずですが、

もし仮に諸葛亮孔明の北伐が成功していたら時代はどうなっていたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫策が生きていたら三国志はどうなったの?




どの北伐が成功していたのかによって変わる

 

何度も北伐を試みている諸葛亮孔明ですが、

チャンスだったのは最初の北伐と最後の北伐になるでしょう。

最初の北伐は228年になります。

漢水を下った荊州北部は孟達が守っていましたが、諸葛亮孔明は内応を取り付けていました。

漢中から褒斜道を進軍し、

郿城を目指す趙雲鄧芝は囮、本陣はさらに西にあり天水・南安・安定を押さえてしまいます。

順調にも思える諸葛亮孔明の戦略ですが、いくつものほころびが生じてきます。

まず孟達司馬懿に寝返りを看破されて討たれてしまいます。

長安にはなんと皇帝・曹叡が自ら親征してきました。

西には五万の大軍とともに張郃を送っています。

ここで「泣いて馬謖を斬る」ことになる街亭の戦いが起こったのです。




第一次北伐が成功していたら

 

孟達司馬懿に見破られてもなお踏みとどまれれば展開は変わってきました。

魏としては街亭の確保どころではなくなっていたはずです。

これによって蜀は涼州を完全に平定、さらに全軍を投じて郿城を抜き、長安を制圧できます。

こうなると魏の都である洛陽はもう目と鼻の先になるのです。

曹叡は遷都を余儀なくされることでしょう。

曹操が魏王だった頃に都としていた冀州の鄴まで本隊を下げることになるのではないでしょうか。

もしかするとこの戦で、蜀は曹真司馬懿、張郃あたりも討ち取っていたかもしれませんね。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

呉がどう動くのか

 

益州、涼州に続き、雍州も接収した蜀は呉の国力に並びます。

しかも孟達の寝返りによって荊州の北部も手に入れているのです。

ここでの問題は二点あります。一つは兵站の維持。

長安を落とした時点で大量の兵糧を手に入れていれば問題解消ですが、

それができないとなると戦線維持は難しいでしょう。

この問題さえクリアできれば、長安から洛陽と進軍し、鄴に迫ることが可能です。

もう一つの問題点は同盟国である呉の動きです。

必要以上に蜀が巨大になることを呉は望んでいません。

もしかすると孟達のいる荊州北部や益州東部に侵入してくる可能性もあります。

この場合、一番望ましいのは孫権が合肥を含めた魏領である

揚州北部や徐州の平定に戦力を集中してくれることです。

 

陳震外交の約束がどこまで守られるのか

 

孫権が皇帝に即位するのが翌229年です。

諸葛亮孔明は陳震を慶賀使として孫権のもとに送っています。

そこで領土分割について話し合われ、取り決めができます。

揚州北部・徐州・豫州・荊州北部・洛陽・青州・幽州は呉の領土とするというものです。

もちろんこれは第一次北伐、第二次北伐に失敗して以降の話なので、

第一次北伐が大成果をあげていたら話は変わっていたかもしれません。

逆に呉は魏と組んで蜀の領地に攻め込む可能性もあります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

北伐に成功したからといって蜀がすぐに天下を統一できたわけではありません。

魏と呉を相手にすることになれば、蜀の滅亡は早まったかもしれないのです。

しかし、そうなると諸葛亮孔明は神謀をもって、

誰もが驚くような奇策を打ち出していたのではないでしょうか。

そんな三国志の展開も実に面白そうですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄
  2. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  3. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  5. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!
  6. 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権
  7. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…
  8. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  2. 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因
  3. 司馬昭の死因と大きな決断とは一体何!?
  4. 韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】
  5. 衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操
  6. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!? 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介! 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの? 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの? 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる? 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師

おすすめ記事

  1. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  2. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師
  3. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  4. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  5. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?
  6. 【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!
  7. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  8. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP