ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
姜維特集


はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰




 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム 現在、舞台は趙の領土の奥深く朱海平原。

前回は、前哨戦で紀彗(きすい)率いる趙軍の右翼30、000を5000の騎兵の

機動力と麻紘(まこう)軍との連携であわや全滅の窮地に陥れた秦軍左翼の

楽華隊の指揮官、蒙恬(もうてん)が大活躍しました。

 

第525話では、それに負けじと、右翼において蒙恬の幼馴染み、

玉鳳隊の王賁(おうほん)が若き鳳凰のはばたきを見せようとしていました。

 

前回記事:キングダム 524話 ネタバレ予想:秦右翼軍動き岳嬰が討死?王翦が信頼する亜光が活躍

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




キングダム525話 飛び出した岳嬰軍に亜光が圧倒的な武を奮う

 

初戦は、趙軍で一番咬ませ犬臭がする岳嬰(がくえい)が

手勢10、000を率いて先陣を勝手に引き受けて飛び出します。

これに対し秦軍の亜光(あこう)も10、000を率いて岳嬰軍に対して突撃します。

 

亜光軍は、味方の歩兵を後続の騎兵が躊躇なく踏み殺して敵軍に殺到するという

圧倒的な突破力で秦軍を舐めていた岳嬰を驚愕させます。

 

この、勝負では冷徹に徹する非情なまでの覚悟が王翦(おうせん)の右腕

亜光軍の凄みなのだと関常(かんじょう)は王賁に説明しています。

・・これは、亜光隊の先鋒なんか勤めたら、敵にやられる前に味方騎兵に

踏み殺されてしまいますね、キッツイわーー




キングダム525話 岳嬰がある程度ボコられるのを見てから馬南慈師匠出陣

 

さて、亜光軍の突破力で岳嬰がある程度ボコられてから

馬南慈(ばなんじ)師匠が動きます。

趙峩龍(ちょうがりゅう)と師匠の二人は、最初から岳嬰のやられ具合で

秦軍の力を測っていたようです。

 

一言、岳嬰に「相手は突破力がありそうだから気をつけなよ、、」と

アドバイスすればいいのに大人って汚いものですね。

 

馬南慈師匠は、副官の月宝(げっぽう)に命じて第二陣に出ようとしています。

それを見て趙峩龍は「少々早いのでは・・」と言いますが・・

馬南慈は、以下のように言います。

 

「なァに、私は北方の育ちで、

なかなか愛国心などと言われてもピンとこないが

さすがに今回の秦の侵攻には、思うところがありましてなぁ

 

やつらは、この一国を滅ぼすつもりできている

道を踏み外す程に思いあがった愚か者どもに、実はずっと、

この馬南慈の怒りの鉄鎚を喰らわしたく思っておったのですよ」

 

このあたりは師匠、総大将の李牧(りぼく)と同じ思想ですね。

中華は七国が小競り合いをしつつ均衡を保って存続するのが望ましく

秦によって六国が滅び中華が統一されるなど狂気の沙汰だと思っています。

 

読者の皆さん、これは重要なポイントで、今後秦の前に立ちはだかる敵は

「秦に滅ぼされてたまるか」という重圧で死に物狂いで掛ってきます。

馬南慈師匠がそんな秦への怨念を秘めた最初の武将である事に留意しましょう。

 

え?なんで馬南慈に師匠がつくのかって?

馬南慈って落語の名跡(めいせき)にありそうだなーって

六代目春秋亭馬南慈、なんか居そうでしょ?

 

 

キングダム525話 馬南慈師匠 軍を二手に分けて亜光軍の二波を足止め

 

満を持して飛び出した馬南慈師匠は、10000の軍勢を主攻の3000と

助攻の7000に分けて、主攻は馬南慈が率いて亜光軍の本隊の横腹に突っ込みます。

流石は、李牧の副官だけあり、矛を振り回すだけで秦軍の兵士の首が面白い程に

チョン、チョン、チョンパーしていきます。

 

これにより亜光軍の本隊は窮地に陥りますが、亜光軍の二軍は馬南慈が

繰り出した7000の騎兵により足止めされ、本体を救う事が出来ません。

自軍の助攻で壁を造り、岳嬰軍と合計して13000で、10000の亜光軍の

本体を攻めている形になります、なかなか まいうーな戦術です。

 

 

ここで、解説役になった趙峩龍が力だけではない馬南慈の戦術眼を褒め称えます。

そして、もしこれで馬南慈の武勇が廉頗(れんぱ)や会子坊(かいしぼう)に

近いとするならば、この朱海決戦の命運を握る鍵になると評価します。

 

えらい持ちあげようですね、オッサン二人で・・

 

キングダム525話 堂々と命令無視(笑)玉鳳隊参上!

 

馬南慈師匠によって、閉鎖された亜光軍の本体と二軍の間に

突然騎兵部隊が出現したのはこの時でした。

馬南慈軍の主攻と助攻の背を縫うように軽やかに疾走してきます。

もちろん、玉鳳隊の王賁率いる騎兵5000です。

 

524話で命令があるまで動かないように亜光に直々に

釘を刺されていたのにあっさりと無視しました。

さあ、あとでゴハン抜きのリスクを背負い飛び出した王賁は、

どんな活躍をするのでしょうか?

 

 

キングダムウォッチャーkawausoの予想と独り言

 

王賁の狙いは岳嬰隊であるようです。

早くも素早い槍裁きで趙兵を血祭りにあげています。

一刻も早く岳嬰隊を切り崩せば、亜光軍10、000と、

玉鳳隊の5000の合計15、000で

3000と不利な馬南慈師匠を攻撃できますからね。

 

しかし、趙軍左翼の背後には、趙峩龍が控えているので、

そう簡単ではないでしょうし、岳嬰は討てても馬南慈を討つのは

至難の業のような雰囲気がします。

 

次回記事:キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 史進(水滸伝) キングダム最新ネタバレ614話「挟撃」レビュー考察
  2. キングダム52巻 キングダム586話最新ネタバレ予想王賁覚醒の為に関常は死ぬ!
  3. キングダム53巻 キングダム590話ネタバレ予想vol2「最終決戦で飛信隊に死者が…
  4. キングダム キングダム576話最新ネタバレ「王翦の下知」レビュー
  5. キングダム613話ネタバレ予想vol2「騰が沢山いれば秦は滅亡を…
  6. キングダム54巻amazon キングダム最新608話ネタバレ予想vol2「王翦に独立国は絶対無…
  7. キングダム54巻amazon キングダム最新600話ネタバレ「十四日目の夜」レビュー
  8. キングダム 524話 ネタバレ予想:秦右翼軍動き岳嬰が討死?王翦…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 管仲
  2. 朝まで三国志 劉備
  3. 真田丸 武田信玄
  4. 桂小五郎(木戸孝允)
  5. 茶を飲む張角(太平道)

おすすめ記事

  1. 劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた 二刀流の劉備
  2. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 長坂の戦い 張飛
  3. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった 真田丸
  4. 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は? 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
  5. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)
  6. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

三國志雑学

  1. 曹操の弱点(蟻)
  2. 後継者争いで悩む孫権
  3. 周倉


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. キングダム54巻amazon
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 織田信長

おすすめ記事

Himalaya logo引用 耳のスキマ時間を豊かにするヒマラヤに「ながら三国志」開始 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部 江藤新平 幕末 江藤新平と佐賀の乱について語り佐賀を観光しよう! 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 魯粛、周瑜、劉備 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見? 大隈重信 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介 李儒と三国志 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP