キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?

この記事の所要時間: 231




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

三国志に登場する群雄の中で強烈なインパクトをもっているのが「董卓」でしょう。

「傍若無人」「暴虐非道」とはまさに董卓のためにあるような言葉です。

前代未聞の恐怖政治で朝廷を牛耳りしました。

 

 

もちろん命を賭して董卓の専制を阻止しようとする漢王朝の忠臣もいましたが、

ことごとくが捕らえられ、耳や鼻を削がれ、

生きたまま煮られて食されたとも伝えられています。

 

董卓子飼いの者たち、李傕郭汜

牛輔や李儒もまた残虐な性質を受け継いでおり、

かつての都・洛陽も遷都先の長安もその悪道非道の犠牲になっています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?




192年のクーデター

 

そんな董卓は内紛によって滅びることになります。

信頼していた司徒・王允と、

養子に迎えていた騎都尉・中郎将の呂布に裏切られ、誅殺されるのです。

それが192年4月のことでした。

董卓の親族はことごとく処刑され、火に焼かれます。

 

 

では、もし呂布が董卓を裏切らず、

司徒・王允のクーデターを事前に食い止めていたらどうなっていたでしょうか。

董卓の専制はまだまだ続くことになったことでしょう。

董卓はその寿命を全うするまで生き続けたかもしれません。




他の群雄に董卓を倒す力はあったのか

 

これについては「ない」と断言できます。

そもそも多くの群雄が協力して「反董卓連合」を

組織したにも関わらず董卓を討伐できてはいないのです。

 

董卓は「太師」として完全に朝廷を掌握しています。

さらに居城の「郿」はとてつもなく堅固であり、

30年間は籠城できる食料が保管されていました。

そもそも兵力の規模が他の群雄を圧倒しているのです。

 

東国はさらに群雄が覇権を巡って争っている状態です。

袁紹派と袁術派に分断されており、一枚岩で董卓に対抗できる状態ではありません。

可能だとすれば東国を完全に一人の群雄が平定した後の話になるでしょう。

 

 

董卓は様々な群雄に働きかけて、東国の混乱に拍車をかけています。

さらに洛陽で挙兵した名将・朱儁も牛輔・李傕郭汜らに敗れ、

兗州西部(陳留郡)・豫州西部(潁川郡)は略奪・虐殺の被害にあっているのです。

東国は少しずつ董卓の勢力に押され始めています。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

無敵の呂布の活躍

 

兵力、財力、兵糧面にまったく死角のない董卓軍において、

最強の呂布が戦う事だけに集中すれば他国にとってこれ以上の脅威はありません。

袁紹袁術曹操陶謙などあっという間に飲み込んでしまいます。

不利を悟った劉表公孫瓚は董卓側に付いたかもしれませんね。

 

東国は数年のうちに董卓軍によって平定されてしまいます。

その進撃を食い止められるのは長江以南の丹陽郡や呉郡といった揚州南部、

あとは天然の要塞といわれる益州くらいでしょう。

三国志に似た形勢は完成したかもしれません。

 

董卓は献帝に禅譲を迫り、ここで漢王朝は滅びます。

董卓は皇帝に即位し、さらに強靱な軍事国家を創り上げていくのです。

こうなると、はたして曹操劉備孫策らが活躍できる隙間はあったのでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

問題が無いわけではありません。

クーデターや暗殺に怯える董卓が呂布を身辺から離して大将として起用できるのかどうか。

難しい問題です。

 

呂布などの幷州出身者と李傕などの涼州出身者との確執もあります。

呂布の武勇に勝る武将はいませんが、涼州出身の武将は数が多いです。

派閥争いになると呂布は不利になります。

 

悪は栄えず、の言葉どおり、

董卓の王朝はどこかで破綻をきたし滅びの道を進んでいたことでしょう。

そこで頭角を現すのは誰なのか。

やっぱり地方で反旗を翻して勢力を拡大していたであろう曹操なのでしょうか。

気になる展開ではありますね。

 

皆さんはどうお考えですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム
  2. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  3. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  4. 策士・参謀・軍師の役割の違いって何?
  5. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎたR…
  6. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  7. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょ…
  8. 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ
  2. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】
  3. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二
  4. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  5. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦
  6. 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!? 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの? 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る! 月刊はじめての三国志2018年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】

おすすめ記事

  1. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  3. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】
  4. 姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介
  5. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット
  6. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  7. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!
  8. どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP