三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

三国志にはドラマチックなシーンが豊富に盛り込まれていますが、

その中でもインパクトがあるのが、

放浪の君主・劉備が在野の士・諸葛亮孔明を三度訪ねて仕官を嘆願するという「三顧の礼」でしょう。

 

 

現代でいうところの、経験豊富な社長さんが社会人の経験もない学生に

頭を下げて社員になってもらうような話です。なかなかない話ですよね。

 

しかもこのときの劉備は領地を有してはいませんでした。

荊州牧・劉表の客将だったからです。

あるのは経験と名声、関羽張飛趙雲といった精鋭、そして漢王朝復興という志だけです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?




207年という節目

 

207年(建安十二年)は三国志では一つの節目です。

袁紹の遺児である袁熙、袁尚らが処刑され、曹操が完全に河北を制したのです。

官渡の戦いから数えても8年あまり、曹操はついに最大のライバルを滅ぼしました。

曹操の支配する領国は、

幽州・幷州・冀州・青州・徐州・兗州・豫州・司隷という広大な範囲に及んでいます。

 

残る勢力は、荊州の劉表、益州の劉璋

揚州の孫権、涼州・雍州の馬騰韓遂くらいなもので、

これまで敵対してきた袁氏に比べると国力でも軍事力でも見劣りします。

もはや曹操の天下統一は時間の問題でした。

 

諸葛亮孔明が劉備の陣営に加わったのはこの年の12月といわれています。




諸葛亮孔明動かず

 

劉備にとってはギリギリのタイミングといっていいでしょう。

ここで諸葛亮孔明を得ることができず、将来の明確なビジョンを描けなかった場合、

劉備は浮上するきっかけをつかめずに曹操という激流に飲みこまれていたはずです。

 

仮に諸葛亮孔明を三顧の礼をもってしても陣営に招けなかったとします。

劉備は荊州の北、新野にあって曹操の南下に対する準備をひたすら進めます。

夏候惇を大将として荊州に攻め寄せてくる「博望坡の戦い」については、

三国志正史では202年のことになっていますし、

三国志演義では諸葛亮孔明を迎えた後の208年ごろの設定になっていてまったく別の内容です。

話が混乱するので省略します。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

208年の決戦

 

軍師のいない劉備。周辺はどんどん騒がしくなってきます。

6月には曹操は丞相に就任。同じタイミングで荊州の江夏郡は孫権軍に侵略され、

太守・黄祖は討ち死にします。

そして8月には荊州の牧・劉表が病没するのです。

後継者は豪族・蔡瑁を外戚とする次子の劉琮です。

蔡瑁は客将の劉備に人望が集まっていることを好ましく思っていなかったようですから

劉備を頼ることはもはやないでしょう。

さらに曹操への帰順を決意しています。

 

 

劉備とすると新野に留まり援軍も期待できぬ状態で曹操軍とぶつかり玉砕するか、

あてもなく落ち延びるか、劉琮を討って荊州を手に入れるかの三択となるでしょう。

しかし蔡瑁らの兵力は劉備より上であり、

さらに籠城されれば城を落とすだけの余裕もありませんから荊州を手に入れるのは難しい話になります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

諸葛亮孔明はその後のビジョンを考え、

戦略的に新野からの逃走を図るのですが、諸葛亮孔明がいない劉備はやみくもに逃げるしかありません。

東に向えば江夏で孫権の勢力の保護を受けることになります。

赤壁の戦いには参加できそうです。

西に向えば漢中の張魯、益州の劉璋の保護を受けることになります。

もしかしたらそこから益州を奪い取るチャンスが訪れるかもしれません。

どちらにせよ長期的な戦略の視点に欠ける劉備は、

大きな勢力を築けずに客将として生涯を終えることになるのではないでしょうか。

 

やっぱり諸葛亮孔明抜きでは三国志の後半は盛り上がらないわけですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

関連記事:もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  2. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  3. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  4. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  5. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  6. 三国ベースボール攻略2 エースに邪馬台国女王・卑弥呼が加入!
  7. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  8. 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  2. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  3. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  4. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  5. サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの? 劉備とサンタクロース
  6. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕

おすすめ記事

老子っていつ生まれて何をしていた人なの? 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】 キングダムの時代に開花した法家の思想 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは? 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの? 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編 島津斉興「せごどん」では教えない真実

おすすめ記事

  1. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  2. 苦肉の計とは?意味や語源は?故事成語辞典
  3. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  4. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬超と羊
  5. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  6. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  7. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】
  8. もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP