ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた

趙雲と劉備が初めて出会うシーン




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志五虎大将の比較」のコーナーです。

 

 

三国志で人気があるのはやっぱり蜀の「五虎大将」でしょう。

その名称自体実在していないという話もありますが、

三国志ファンにとって五虎大将は大切なブランドです。

五虎大将が揃って出陣し、

魏を相手に大暴れをするシーンを妄想してドキドキした三国志ファンは多いはずです。

 

五虎大将で一番優れているのは誰なのでしょうか?難しい問題ですね。

どの部分に注目して比較するかによって話は変わります。

といことで、今回は五虎大将を比較してみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期




兵を統率する力

 

将軍としては戦場で兵を統率する力を一番要求されるところだと思います。

戦局を見極める判断力や決断力も重要ですし、

兵を鼓舞する力、兵に限界以上の力を発揮させる力も問われるところですね。

 

以上を加味すると皆さんは誰を選びますか?私は関羽馬超が突出していると思いますね。

実際に大軍を率いて曹操軍と正面から戦い、その力を見せつけたのはこの二人です。

小部隊であれば他の三人も力は充分発揮できますが、

数万の兵を統率する力は関羽馬超が優れていたのではないでしょうか。




一騎打ちの強さ

 

武将としては個の強さもほしいですね。

特に敵陣に突撃して敵将の首を討つ武勇があれば、敵の士気は戦う前から下がります。

その点でいくと張飛の武は敵からすると脅威です。

何重に陣を布いても相手に張飛がいたら突破してきそうです。

長坂の戦いでは一番難しい殿をその武勇をもってきっちり勤めを果たしています。

もちろん他の四人も超人的な強さを誇っていることに間違いはないのですが、

ここでスポットライトを浴びるのは張飛ではないでしょうか。

 

北伐の真実に迫る

 

命令を忠実に果たす実行力

 

三国志の中盤以降は軍師が活躍し、

兵法や軍略をいかに正確に実現できるかで戦の勝敗が決まるようになりました。

そうなると作戦遂行能力が武将には問われることになります。

我を捨て、大局を見つめて、撤退するときは速やかに退く決断も必要です。

この側面から見ると、ダントツで優れているのは趙雲でしょうか。

おそらく諸葛亮孔明にとって最も信頼でき、

作戦に起用しやすかったのが趙雲だったのではないかと思います。

 

容姿

 

武将の強さと容姿はまったく相関がありませんが、

英雄には華やかさを求めたくなります。

関羽、張飛の見た目の迫力はかなりのものだったのではないかと推測されますが、

華やかさでは馬超でしょう。

馬超は呂布孫策周瑜曹叡に匹敵できるイケメンぶりです。

趙雲も後世ではかなりの美丈夫でイメージされますが、

どちらかというと寡黙で武骨のある武将で威風堂々という感じでしょうか。

煌めきのある武者ぶりはやはり馬超に分がありそうです。

 

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

関連記事:馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!

 

忠義

 

どんなに強くても呂布のようにすぐ裏切るようでは信用できません。

武将にとって忠義に篤いことは大切な要素です。

五人とも最期まで主君である劉備を裏切っていませんので、この点では互角かもしれませんね。

ただし馬超だけはどこまで劉備を主君として慕っていたのか不明瞭です。

かなり乱暴な口をきいていたという言い伝えもあります。

関羽は一度、曹操に降っていますし、趙雲は公孫瓚を見限って劉備に仕えようとしています。

黄忠曹操から降ってきたということを考えると、張飛が一歩リードなのでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

とにかく五人が揃って戦ってほしかったですね。

そうすればまたそれぞれの新しい一面が見れたのかもしれません。

五虎大将で一番優れているのは誰か?

結局、相対的には甲乙つけがたいということでしょうか。

私的には馬超かなとも勝手に思ったりするのですが・・・。

 

皆さんはどうお考えですか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち

関連記事:【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 杜夫人 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  2. 藏覇(臧覇)と劉備と曹操 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  3. 司馬朗と曹操 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  4. 【第1回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】蔡文姫さんと一緒に攻略プレ…
  5. 劉備にアドバイスをする法正 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  6. 孔明 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系…
  7. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な…
  8. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張角逝く
  2. 魯粛
  3. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧
  4. 于禁
  5. 曹休
  6. 亡くなる卑弥呼

おすすめ記事

  1. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! はじめての三国志 画像準備中
  2. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想? 作戦勝ちする陳登
  3. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった 韓信
  4. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?
  5. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  6. 戦国策【燕策】人の弱みに付け込み交渉を有利に進めるの巻 キングダム 戦国七雄地図

三國志雑学

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  2. 献帝 恩賜の御衣
  3. 老荘思想(ろうそうしそう)
  4. 五虎大将軍の趙雲


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 顔良と文醜
  2. 張飛のパワハラに怯える張達と范彊
  3. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  4. 蜀の姜維
  5. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

貂蝉を奪い合う董卓と呂布 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は? 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】 島津久光を好きになってはいけない6つの理由 袁術 第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ぶ 生姜を買ってくる左慈と曹操 『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由 キングダム55巻 キングダム613話ネタバレ予想vol2「騰が沢山いれば秦は滅亡を免れた?」 キングダム45 キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP