ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?

郭嘉が亡くなり悲しむ曹操


 

曹操から「悲しいかな奉孝(ほうこう)、痛ましいかな奉孝、惜しいかな奉孝」

曹操から特にその死を悼まれた郭嘉(かくか)

曹操軍師として活躍していた人物です。

実は郭嘉はもう一人いたことをご存知でしょうか。

同姓同名の人物がもう一人いてその二人が曹操へ進言を行ったのでしょうか。

それとも兄弟で一緒の名前だったのか。

一体全体どういうことなのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる


劉備が曹操のもとへ逃げてくる

 

劉備呂布に徐州(じょしゅう)の地を奪われると小城である小沛(しょうはい)の城を与えられます。

しかし再び劉備呂布軍の精鋭部隊の攻撃を受けて敗北してしまいます。

劉備はそのまま曹操の本拠地となっていた許(きょ)へ逃げ込んでくることになります。

曹操は彼がやってくると大いに喜んで彼をもてなして豫州(よしゅう)の牧に任命されるよう皇帝へ上奏。

劉備は曹操のおかげで豫州の牧を拝命することになります。

 

程昱(ていいく)らの進言

 

程昱(ていいく)らの家臣達は劉備を厚遇している曹操に対して

「殿。早く劉備を殺害してしまったほうがいいでしょう。

奴は絶対に人の臣下となるような人物ではありません」と強く忠告。

しかし曹操は彼らの進言を受けることをしませんでした。


一人目の郭嘉の進言:魏書の郭嘉の進言

 

郭嘉は曹操から「劉備を早く始末してしまったほうがいいと進言を受けたのだが、

お前の考えはどうだ」と質問。

すると郭嘉は「今、劉備には英雄の風貌があるともっぱらの評判であります。

もし殿が弱って逃れてきた劉備を殺害してしまえば、

民衆からは英雄を殺してしまった暴君であると噂されるかもしれません。

さらに殿の家臣達は殿の行動に不審感を抱き忠誠を尽くすことに

疑問を感じるかもしれません。

もし劉備を殺して家臣達が去ってしまったら殿はどのようにして天下を平定していくのでしょうか。

私が考えるにこのような弊害が起きた可能性と劉備を殺害する可能性を考慮すると

彼を殺害する方が損ではないのでしょうか。

彼を殺害して得る利益がほとんどない以上殺害することはないでしょう」と劉備を殺害することに反対。

曹操は郭嘉の進言を聞くと頷いて彼の進言を取り入れることになります。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記


二人目の郭嘉の進言:「傅子」に記載されている郭嘉の進言

 

郭嘉は劉備を厚遇している曹操に対して

「殿。やつは人心を取るという不思議な能力を持っております。

また義兄弟である関羽張飛は一人で一万人と戦えるほどの武将であり、

劉備のためならば死を賭して戦うことでしょう。

そんな彼が殿の臣下として働くことが出来るでしょうか。

答えはNOです。

早いところ彼を殺害してしまった方がいいでしょう」と進言。

しかし曹操は彼の進言に従うことなく袁術軍の北上を阻止するために軍勢を貸し与えて、

出陣させてしまいます。

郭嘉と程昱は激怒しながら「殿。奴は絶対に殿に背いてしまいますぞ」と忠告。

このふたりの忠告通り劉備は曹操から離反することになってしまいます。

この郭嘉の進言は「傅子(ふし)」と言う書物に書かれている発言です。

 

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

関連記事:【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

さて郭嘉が二人いるという答えは二種類の書物に彼の発言が書かれていたからでした。

ほんとに二人郭嘉がいると思っていたはじさん読者の皆様は申し訳ありませんでした。

劉備を殺すなと進言している郭嘉と劉備を殺せと進言している郭嘉。

ふたりの郭嘉には共通点があり、

曹操の利点と弊害を予測して進言を述べているということです。

劉備を殺すなと言った郭嘉は劉備を殺した時の弊害を説いて、

殺さないでそのままにしている方が利点があるよと進言しております。

また劉備を殺害しろと言った郭嘉は、

殺したほうが曹操にとって最大の利点になると言うことを説いております。

どちらの郭嘉も劉備が最大の敵になるであろうことを予測して曹操に進言しており、

もし自分が曹操だったらどっちをとるか迷ってしまいます。

皆様は自分を曹操だと妄想してどちらの郭嘉の意見を採用しますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見ど…
  2. 袁術と孫策 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめ…
  3. 劉虞 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  4. 大喬と小喬 三国時代のトレンドファッションは?
  5. 朝まで三国志 劉虞 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期
  6. 絶世美女 貂蝉 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  7. 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  8. 袁家をイジメる董卓 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と夏侯惇
  2. 函谷関
  3. 曹操 耳で聞いて覚える三国志
  4. 袁術と孫策
  5. 袁術と呂布
  6. お互いに歌を交わす趙雲と劉備
  7. 上杉謙信

おすすめ記事

  1. 長坂の戦いの時、趙雲はどのくらい活躍した?二つの三国志を比較してみた 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主 徳川斉昭
  3. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)
  4. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 法正
  5. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった 曹洪と曹操
  6. 荀攸は魏王就任に賛成していた?荀攸の思惑と魏王就任賛成の理由 荀攸と曹操

三國志雑学

  1. 三国志の地図
  2. 袁紹と曹操
  3. 三国時代の船 楼船
  4. 種子島を目指す衛温


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 飢えている王忠
  2. 孫権と張昭
  3. 大山巌
  4. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮
  5. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)

おすすめ記事

邪馬台国の卑弥呼はアイドル 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! 環夫人 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!? 姜維 実は姜維は不本意な降伏をしていた?姜維を考察してみる 合肥の戦いの満寵 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編 陳宮 陳宮が董卓の配下になってたら三国志どうなった? 平原君(へいげんくん) 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった? 楽進の矢でが命を落とす成廉 楽進の死因は?守りの楽進!死から最も遠かった男

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP