よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム




 

 

三国志では、例え数百の小部隊でも、何十万を率いる大元帥でも、

独立勢力や反乱をおこすのではない限り、2つのアイテムを得る事なしに、

軍隊を出動させる事は出来ませんでした。

では、軍隊を動かす2つのアイテムとは一体何なのでしょうか?

今回は三国志の基本、軍隊を動かす2つのアイテムについて解説しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?

関連記事:鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!

 




軍隊を動かすのは、虎符と詔書の2つである

 

三国志の時代、軍隊を動かす為には、

虎符(こふ)と詔書(しょうしょ)の2つのアイテムが必要でした。

虎符とは、金属や竹製の虎の形をした割符の事です。

この虎符は、普段は半分に割り、半分は現地の将軍が持ち、残りは帝都にあります。

帝都で開戦が決定されたり、現地から軍隊の出動を要請して許可されると、

保管していた残り半分の虎符が現地に移送されてきます。

こうして、二つの虎符がぴったり合わさるのが軍隊を動かしていい証明でした。

 

かつては、この虎符だけで、軍隊を動かす事が可能でしたが、

虎符は偽造しようと思えば出来なくないので、用心の為に、

もう一つ、玉璽を押印した皇帝の詔書も必要になりました。

軍隊を動かす時には、虎符と詔書の2つのアイテムが必要になったのです。

 




韓信から大将軍の印綬を取り上げて命令した用心深い劉邦

 

虎符と詔書がいかに大きな権限があったかを物語る逸話があります。

三国志の時代を遡る事400年前、項羽(こうう)と漢の劉邦(りゅうほう)が激闘していた頃、

負け続けの劉邦と違い、韓信(かんしん)は連戦連勝して、二十万の大軍を擁していました。

この頃、韓信の身分は、王兼漢の大元帥で、軍隊を自由に動かせるように、

虎符を一対、さらに大元帥の印綬も持っておりイケイケ状態でした。

 

大元帥の印綬は漢においては自由に手持ちの軍を動かせる象徴であり、

三国志の時代の玉璽と同じような存在でした。

 

そこに、劉邦が無一文で転がり込むのですから、

劉邦は韓信が命令を聞かなくなる事を心配し

夜中に韓信の幕舎に忍び込んで、大元帥の印綬を盗みだし、

翌日、偉そうな顔をして堂々と韓信と会見したのです。

もちろん、盗み出した印綬を見せびらかしながら、、

 

これは劉邦の抜け目の無さをあらわす逸話ですが、

同時に虎符と印綬を将軍が握っている事が、例え君主であっても、

厄介な状態である事も示唆しています。

 

北伐の真実に迫る

 

詔書を得れずにクーデターに失敗した王淩

 

虎符は何とかなっても、さすがに皇帝の玉璽が必要な詔書は困難でした。

三国志の時代には、詔書を手に入れられず失敗したケースがあります。

西暦251年、魏の大尉、都督(ととく)楊州諸軍事(ようしゅうしょぐんじ)の

王淩(おうりょう)は、魏の皇帝を操る重臣の司馬懿(しばい)を排除し、

幼帝の曹芳(そうほう)を年長の王族、曹彪(そうひょう)と替える事を目論みます。

 

かくして、クーデターを起こそうと、呉軍が楊州へ進攻しようとしていると偽り

兵を厳戒態勢にし、曹芳に対して、詔書を出してくれるように要請しました。

これで、詔書が下りれば、呉ではなく洛陽に攻め込むつもりでしたが

司馬懿王淩の動きに胡散臭いものを感じ、詔書を許可させず、

逆に軍を率いて、王淩を捕えに向かっています。

 

王淩は数十万の大軍を擁していながら、とうとう一兵も動かせず、

ついに司馬懿に捕えられる事になってしまいます。

このように、魏の末期には、詔書無しには、やぶれかぶれの反乱以外は、

クーデターの方法が無くなってしまっていたのです。

 

関連記事:【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!

関連記事:王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将

 

孫権曹丕から、虎符と左竹使符を受けていた

 

西暦220年、曹丕(そうひ)から呉王に封じられた孫権(そんけん)

曹丕から、魏帝国の軍隊司令官として、金虎符(きんこふ)の第一から第五

さらに左竹使符という人民を動員して使役する権限を示す割符を、

一から第十まで与えられています。

 

もっとも、曹丕が与えた軍隊と人民は、元々、孫権が持っていた

呉の人民と軍隊なんですから、孫権からすればちゃんちゃら

オカしい割符だったでしょうけどね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

配下の将軍を自在に動かし、同時に自分勝手をさせない為に生み出された

軍隊を動かす印、虎符と詔書、この2つを揃えてのクーデターはかなり難しく

結局、自暴自棄で反乱を起こして周辺から孤立し、空しく戦死・逃亡するケースが

当時は多かったようです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  2. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…
  3. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  4. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  5. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  6. 三国志 Three Kingdomsの諸葛亮がいじわるすぎる!
  7. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  8. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 後継者を決めた劉表
  2. 鎌倉時代 服装 男女
  3. 鄧禹と兵士
  4. 新選組の土方歳三
  5. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者

おすすめ記事

  1. 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  2. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  3. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  4. ただの女好きじゃない!?最期の時まで妻達に愛情を見せた曹操
  5. キングダム582話最新ネタバレ予想「亜花錦の狙いは何だ!」
  6. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

三國志雑学

  1. 袁家をイジメる董卓
  2. ボロボロになった馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 空を飛ぶスーパーマン袁術

おすすめ記事

小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!? 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る! 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将 戦国策【西周】強国の利害を利用して競わせるの巻

おすすめ記事

  1. キングダム 524話 ネタバレ予想:秦右翼軍動き岳嬰が討死?王翦が信頼する亜光が活躍
  2. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性
  3. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その6「変遷」
  4. 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆
  5. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  6. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  7. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  8. まだまだいた三国志の名外交官たち5選

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP