法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

集まれ曹操の25人の息子たち・その2

曹宇

曹操のムスコ達アイキャッチ

曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙公開!その2です。

 

 

 

曹彪(そうひょう)

三国志 月

・生没年:195年~251年

・母:孫姫

・字:朱虎(しゅこ)

・身分:楚王

朱建平(しゅけんへい)という人相見から、

「アンタ57歳のときに兵難に合うネ」と予言され、

本当に249年、兗州(えんしゅう)刺史の令狐愚(れいこぐ)と王凌(おうりょう)に

次代皇帝として担ぎ上げられます。

しかし、司馬懿(しばい)にばれてしまい、自殺に追い込まれました。

 

曹沖(そうちゅう)

曹沖

・生没年:196年~208年

・母:環夫人

・字:倉舒(そうじょ)

・身分:鄧哀王

曹操から最も寵愛を受けた息子でした。

幼いころからとても賢く、曹操から

「なあ、象の重さを計るにはどうしたらいい?」と聞かれて

「象を舟に乗せて、水位に線を引いておいて、

あとから同じだけ小石を乗せて、小石の重さを計ればいいと思います!」

と答えたそうです。

13歳で病死し、曹操を大変悲しませました。

 

曹宇(そうう)

曹宇

・生没年:?~?

・母:環夫人

・字:彭祖(ほうそ)

・身分:燕王

異母兄、曹丕の子供で後継者の曹叡(そうえい)からとても信頼されていました。

238年に曹叡が危篤になった時、曹宇にあとを託そうとしましたが、

固辞しました。

そのため免官されてしまいます。

しかし、曹宇の子供、曹奐(そうかん)が、曹叡の3代後の皇帝と

なったことを見ると、免官後もそれなりの待遇を受けていたと見てよいでしょう。

 

曹林(そうりん)

羽飾り 甘寧

・生没年:?~256年

・母:杜夫人

・字:?

・身分:沛穆王

孫娘は、「竹林の七賢」に数えられる嵆康(けいこう)の妻です。

度々治める国が替わりました。

 

曹袞(そうこん)

金紙

・生没年:?~235年

・母:杜夫人

・字:?

・身分:中山恭王

読書に熱中すると寝食を忘れるほどの本の虫で、

「殿! そろそろ寝てください」

「殿! なにか召し上がってください」

と家臣たちから心配されるほどでした。

文才に優れていましたが、たいへん慎み深く、恥ずかしがりやさんで

人にほめられることが得意ではありませんでした。

曹丕の跡継ぎである曹叡は、

曹袞の死後、曹林に命じて彼を手厚く葬らせました。

 

曹據(そうきょ)

太陽 三国志 写真

・生没年:?~?

・母:環夫人

・字:?

・身分:彭城王

254年~263年の間に、領地が何度も替わり、加増されたと記されるため、

曹操の息子たちの中では、長命でした。

息子の曹琮(そうそう)は、早世した同母兄の曹沖の跡継ぎになりました。

 

その3に続きます。

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 孔明 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し…
  2. 三国志の主人公の劉備 はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  3. 馬超と韓遂 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?
  4. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  5. 荀攸と曹操 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師…
  6. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  7. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった
  8. 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明もコペルニクスに似ていた
  2. 曹叡
  3. 船酔いする曹操
  4. 楽毅

おすすめ記事

  1. 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は? 高杉晋作
  2. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  3. 月刊はじめての三国志2018年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 孔明と龐統の両軍師
  5. 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ

三國志雑学

  1. 魏の夏侯淵
  2. 城 銅雀台
  3. 三国志の計略と孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄忠の様子を見に行く趙雲
  2. 難斗米(なしめ)
  3. 耶律阿保機
  4. ホウ徳

おすすめ記事

黒田官兵衛 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 はじめての三国志 画像準備中 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人? 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 前原一誠 吉田松陰の思想を最も濃く受け継いでいたのは、前原一誠だった?! 月刊はじめての三国志2018年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 陸遜と孫権 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの? 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる 孫堅、孫賁 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP