ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

集まれ曹操の25人の息子たち・その2

曹宇

曹操のムスコ達アイキャッチ

曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙公開!その2です。

 

 

 

曹彪(そうひょう)

三国志 月

・生没年:195年~251年

・母:孫姫

・字:朱虎(しゅこ)

・身分:楚王

朱建平(しゅけんへい)という人相見から、

「アンタ57歳のときに兵難に合うネ」と予言され、

本当に249年、兗州(えんしゅう)刺史の令狐愚(れいこぐ)と王凌(おうりょう)に

次代皇帝として担ぎ上げられます。

しかし、司馬懿(しばい)にばれてしまい、自殺に追い込まれました。

 

曹沖(そうちゅう)

曹沖

・生没年:196年~208年

・母:環夫人

・字:倉舒(そうじょ)

・身分:鄧哀王

曹操から最も寵愛を受けた息子でした。

幼いころからとても賢く、曹操から

「なあ、象の重さを計るにはどうしたらいい?」と聞かれて

「象を舟に乗せて、水位に線を引いておいて、

あとから同じだけ小石を乗せて、小石の重さを計ればいいと思います!」

と答えたそうです。

13歳で病死し、曹操を大変悲しませました。

 

曹宇(そうう)

曹宇

・生没年:?~?

・母:環夫人

・字:彭祖(ほうそ)

・身分:燕王

異母兄、曹丕の子供で後継者の曹叡(そうえい)からとても信頼されていました。

238年に曹叡が危篤になった時、曹宇にあとを託そうとしましたが、

固辞しました。

そのため免官されてしまいます。

しかし、曹宇の子供、曹奐(そうかん)が、曹叡の3代後の皇帝と

なったことを見ると、免官後もそれなりの待遇を受けていたと見てよいでしょう。

 

曹林(そうりん)

羽飾り 甘寧

・生没年:?~256年

・母:杜夫人

・字:?

・身分:沛穆王

孫娘は、「竹林の七賢」に数えられる嵆康(けいこう)の妻です。

度々治める国が替わりました。

 

曹袞(そうこん)

金紙

・生没年:?~235年

・母:杜夫人

・字:?

・身分:中山恭王

読書に熱中すると寝食を忘れるほどの本の虫で、

「殿! そろそろ寝てください」

「殿! なにか召し上がってください」

と家臣たちから心配されるほどでした。

文才に優れていましたが、たいへん慎み深く、恥ずかしがりやさんで

人にほめられることが得意ではありませんでした。

曹丕の跡継ぎである曹叡は、

曹袞の死後、曹林に命じて彼を手厚く葬らせました。

 

曹據(そうきょ)

太陽 三国志 写真

・生没年:?~?

・母:環夫人

・字:?

・身分:彭城王

254年~263年の間に、領地が何度も替わり、加増されたと記されるため、

曹操の息子たちの中では、長命でした。

息子の曹琮(そうそう)は、早世した同母兄の曹沖の跡継ぎになりました。

 

その3に続きます。

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 夏侯惇と呂布 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  2. 公孫サン(公孫瓚) 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄
  3. 過労死する諸葛孔明 どうして蜀は人材難に陥ったのか?
  4. 孟達を討伐する司馬懿 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  5. 曹操 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略
  6. 于吉、孫策 太平道の創始者・于吉の死の謎に迫る!謎は全て解けた?
  7. 挑発する諸葛亮孔明 諸葛亮と舌戦を交えた人物は誰?
  8. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 宣誓文を読み上げる藏洪
  3. 董承
  4. 敗北する馬岱
  5. 馬超をフルボッコする閻行
  6. 張譲(宦官)
  7. 武田騎馬軍団 馬場信春
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算 キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー 宦官 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの? 美女を集めた曹叡 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入 ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回 【9月の見どころ】9/20公開予定:【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人? 孔子が最も愛した弟子 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦 単刀赴会処 関羽像 写真提供 / 光月ユリシ 長沙の史跡(張公祠記・益陽・魯粛墓)を調査してみた【三国夢幻紀行 荊州湖南篇】 ホウ煖(龐煖) 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP