編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての魏

王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将

この記事の所要時間: 77



photo credit: Hundred Eyes via photopin (license)

photo credit: Hundred Eyes via photopin (license)

 

王淩(おうりょう)は知勇兼備の将として、魏の後期から活躍した武将です。

彼の生涯の内、前半期は叔父・王允に呼ばれ洛陽で過ごしますが、

李傕と郭汜の専横に耐えかねて、故郷に戻ります。

その後曹操に仕えて、メキメキと頭角を現します。

魏の三代皇帝である明帝の時代には淮南郡(呉との国境に近い魏の領土)を

治める実力者として魏の国内でその名を広め、魏の重鎮として活躍した名将です。




呂布と同じ出身の王淩

呂布 最強 曹操

 

王淩(おうりょう)は太原郡の生まれです。

この地方で有名な武将と言えば、

飛将軍として各地の実力者から恐れられ、一騎当千の武勇を誇った呂布が有名です。

そんな呂布と故郷を同じくする彼ですが、武勇に秀でたわけではなく、

どちらかといえば文官よりの人でした。




叔父である王允に招かれ、長安へ

呂布 バックブリーカー

 

叔父である王允は呂布と組んで董卓を殺害。

その後兄と共に王允から招かれ、長安へ向かいます。

長安に着くと叔父である王允の家に住み、天子の居る都の雰囲気を感じ取りながら

兄弟は成長していきます。

しかし董卓の残党である李傕と郭汜らが長安に攻め込んできます。

王允は呂布や徐栄に軍勢を与えますが、二人は敗北。

王允はその後長安へ攻めて来た李傕と郭汜らの軍勢に殺害されてしまいます。

王淩は王允が亡くなった事を知ると兄に

「長安に留まっていたら自分たちの命も危ない。ひとまず故郷へ

帰りましょう」と提案。

兄は王淩の意見に賛成し、二人は何とか故郷へ帰ります。

 

太守となって実績を積む

現実主義曹操

 

二人は何とか故郷へたどり着きます。

その後王淩は中山太守の位を漢王朝から授けられます。

彼は太守となり、着実に実績を積んで行きます。

曹操は中山太守で実績を挙げていた王淩の名を聞き、

彼を召し出し丞相掾(じょうしょうえん)に任命。

こうして彼は曹操の配下としての道を歩んでいく事になります。

 

呉の水軍を撃破し、大活躍

曹丕 残忍

 

王淩は曹丕(そうひ)の時代になると、冀州刺史に任命されます。

その後曹丕自ら呉の討伐戦に出陣した際、彼も曹丕に従って出陣します。

王淩は冀州の兵を率いて、呉の水軍の将である呉範の軍勢に大勝利を収め、

建武将軍の位を与えられます。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆…
  2. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛…
  3. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合…
  4. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  5. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…
  6. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将
  7. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  8. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末
  2. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  3. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  4. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  5. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説
  6. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3) 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

おすすめ記事

  1. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将
  2. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  3. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】
  5. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  6. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  7. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  8. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP