三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将

この記事の所要時間: 62




王淩(おうりょう)

 

王淩(おうりょう)は知勇兼備の将として、魏の後期から活躍した武将です。

彼の生涯の内、前半期は叔父・王允に呼ばれ洛陽で過ごしますが、

李傕郭汜の専横に耐えかねて、故郷に戻ります。

その後曹操に仕えて、メキメキと頭角を現します。

魏の三代皇帝である明帝の時代には淮南郡(呉との国境に近い魏の領土)を

治める実力者として魏の国内でその名を広め、魏の重鎮として活躍した名将です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介

関連記事:司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

 

 

呂布と同じ出身の王淩

呂布 最強 曹操

 

王淩(おうりょう)は太原郡の生まれです。

この地方で有名な武将と言えば、

飛将軍として各地の実力者から恐れられ、一騎当千の武勇を誇った呂布が有名です。

そんな呂布と故郷を同じくする彼ですが、武勇に秀でたわけではなく、

どちらかといえば文官よりの人でした。

 

 

叔父である王允に招かれ、長安へ

呂布 バックブリーカー

 

叔父である王允呂布と組んで董卓を殺害。

その後兄と共に王允から招かれ、長安へ向かいます。

長安に着くと叔父である王允の家に住み、天子の居る都の雰囲気を感じ取りながら

兄弟は成長していきます。

しかし董卓の残党である李傕郭汜らが長安に攻め込んできます。

王允は呂布や徐栄に軍勢を与えますが、二人は敗北。

王允はその後長安へ攻めて来た李傕郭汜らの軍勢に殺害されてしまいます。

王淩は王允が亡くなった事を知ると兄に

「長安に留まっていたら自分たちの命も危ない。ひとまず故郷へ

帰りましょう」と提案。

兄は王淩の意見に賛成し、二人は何とか故郷へ帰ります。

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 

太守となって実績を積む

現実主義曹操

 

二人は何とか故郷へたどり着きます。

その後王淩は中山太守の位を漢王朝から授けられます。

彼は太守となり、着実に実績を積んで行きます。

曹操は中山太守で実績を挙げていた王淩の名を聞き、

彼を召し出し丞相掾(じょうしょうえん)に任命。

こうして彼は曹操の配下としての道を歩んでいく事になります。

 

呉の水軍を撃破し、大活躍

曹丕 残忍

 

王淩は曹丕(そうひ)の時代になると、冀州刺史に任命されます。

その後曹丕自ら呉の討伐戦に出陣した際、彼も曹丕に従って出陣します。

王淩は冀州の兵を率いて、呉の水軍の将である呉範の軍勢に大勝利を収め、

建武将軍の位を与えられます。

 

ミッション1:青州の荒廃した土地と民心を回復せよ

曹丕皇帝

 

王淩は呉の水軍を撃破した後、曹丕からミッションを与えられます。

初ミッションは青州を回復せよとの事です。

彼は曹丕から青州刺史の位を与えられます。

青州は黄巾の乱や袁譚の暴政によって民心と土地は大いに荒れておりました。

曹丕の時代になってもこの状態は回復しておりませんでした。

青州に着いた王淩は行政と民衆の教育に力を入れます。

彼の統治は大成功し、荒廃しきっていた田畑は潤いを取り戻し、民心も安定を

取り戻します。

民衆は彼の統治能力を褒め称えます。

 

ミッション2:曹休に救援部隊を送れ

騙された曹休

 

 

こうして青州を回復させた彼は、揚州刺史に任命されます。

彼は揚州に赴くと、青州と同じように人心は荒廃。

また田畑は長年呉と魏の係争地であったため、ボロボロでした。

王淩は青州と同じ方法を用いて、揚州を治めていきます。

こうして彼の統治方法が成功を見せている最中、急報が届きます。

使者は「曹休様が石亭にて呉軍に包囲されております。

すぐに救援をお願いします」と伝えてきます。

王淩はすぐに軍勢を率いて、石亭へ向かいます。

 

ミッション3:危機に陥った曹休を救え

危機に陥った曹休を救え

 

王淩は軍勢を率いて石亭へ向かう途中、賈逵(かき)と出会います。

賈逵曹休の危機を救出する為、急いでおりました。

彼は賈逵と合流し、曹休が戦っている石亭へ急ぎます。

彼らは石亭に着くと呉軍に全軍で突撃し、何とか曹休を救う事に成功し、

撤退します。

曹休は何とか死地を脱しますが、その後病を発し亡くなってしまいます。

しかし王淩はミッション成功を果たします。

 

ミッション成功報酬は

 

王淩は曹休救出の成功と揚州の統治の実績が認められ、征東将軍

(せいとうしょうぐん)・都督揚州諸軍事

(ととくようしゅうしょぐんじ=揚州全域の軍事を司る職)に

就任します。

また翌年呉の全琮が揚州に攻め込んできた際には、大いに呉軍を撃退。

この時の功績も後に認められ、車騎将軍(しゃきしょうぐん)に昇進します。

 

王淩は曹操に仕えた事により、彼の運命は大いに変化を遂げます。

また曹魏もこの知勇兼備の将を手に入れた事により、

荒廃した土地の回復・民心の安定など大いに魏国に役に立つ存在となります。

明帝の時代までは王淩の運命はグングンと上がっていきますが、

曹叡死後少しずつ彼の運命が凋落していきます。

王淩は魏国の重鎮として、高い地位を得ます。

しかし彼には一つの悩みがありました。

その悩みとは司馬家の台頭です。

司馬家は魏の国内で強い権力を保持し、中央で権力をふるいます。

王淩は司馬家が魏の国を操っているこの状況に憤慨し、ある計画を立て始めます。

 

三代目皇帝に不安を抱く

曹芳

 

二代目皇帝である曹叡(そうえい)が亡くなると、曹芳(そうほう)が三代目皇帝として跡を継ぎます。

王淩はこの皇帝が曹叡の後継ぎであることに不安を抱きます。

その理由は曹芳が若い事です

曹芳は皇帝になった時、まだ十八歳という若さでした。

この若さでは政治を行う事が難しく、中央で権力を高めていた司馬家に

操られてしまうのではないかと危惧。

そこで彼は違う人物を皇帝に立てようと画策します。

 

一つの予言がきっかけで…

 

王淩の従弟である令弧愚(れいこぐ)は一つの予言を耳にします。

その予言は親密な関係を築いていた令弧愚が治めている兗州で、

「白馬が白い轡(くつわ)をはめて西南に馳せ向かう。

乗っているのは誰か。それは朱虎だ」という予言が広まっておりました。

この予言に出てくる白馬は曹彪が以前治めていた土地で、

朱虎は曹彪の字です。

白馬から西南には許昌があります。

令弧愚はこの噂を従兄弟である王淩に伝えると、

王淩は「この予言は曹彪殿を帝位に告げよと天が言っているのだ。

すぐに彼を帝位に就くように勧めよう」と言い、

曹彪を皇帝に就任させるべく計画を立てます。

 

曹彪に意見を聞く

 

令弧愚は王淩から「曹彪殿の元へ行き、

皇帝になるつもりがあるのか探ってきてくれ」と言われます。

令弧愚はすぐに曹彪の元へ向かいます。

彼は曹彪と会見し「私達があなた様を皇帝に擁立する事が

出来たら、協力してくれますか。」と尋ねます。

すると曹彪は「もしできるのであれば、お願いしたい」と答えます。

令弧愚は曹彪から色よい返事をもらうと、王淩に報告。

その後同士を集めるべく東奔西走します。

しかし令弧愚は計画の同士を集めている途中で亡くなってしまいます。

 

皇帝擁立計画を進める

 

王淩は令弧愚が亡くなると自ら同士集めを行います。

また息子で洛陽に居る王廣(おうこう)に

「曹芳殿を廃して、楚王曹彪殿を新たな皇帝を立てようと思っている。」と相談。

父から相談を受けた王廣は大反対します。

しかし王淩は息子の意見を聞かずにそのまま計画を押し進めます。

 

呉討伐をきっかけにして、司馬家を討つ

 

王淩は呉軍が涂水(とすい)をせき止めた事を知り、呉軍の侵攻が近い事を知り、

迎撃態勢を整えます。

その後呉を討伐するべく皇帝に上奏します。

王淩はこの上奏が許可されれば、すぐさま軍を率いて呉軍を迎撃するのではなく、

許昌へ向かって進軍し、魏の朝廷で専横を極めている司馬家討伐を考えておりました。

しかし朝廷からは呉討伐の許可はおりませんでした。

 

反骨の武将黄華を仲間に入れる

 

王淩は呉討伐の許可が下りないと知ると次の手を打ちます。

彼は部下である楊弘(ようこう)を令弧愚の後任で兗州刺史となっている

黄華(こうか)の元へ派遣。

なぜ黄華に使者を派遣したのか。

その理由は彼の前歴にあります。

彼は涼州の酒泉郡(しゅせんぐん)で独立勢力として魏に反旗を翻しており、

最近魏に降った反骨の武将でした。

そのため王淩は彼なら司馬家に背いて、仲間になってくれるはずだと判断し、

使者を派遣します。

黄華は楊弘から皇帝廃立計画の内容を聞き驚き、

王淩の使者である楊弘を連れて司馬懿の元へ赴き、

王淩が計画した皇帝廃立計画の内容を知らせます。

 

司馬懿の策謀

司馬懿 仲達

 

司馬懿は二人から王淩が企てた皇帝廃立計画の内容を知り、

王淩を逮捕する為、策を立てます。

彼はまず軍を率いて寿春へ向けて出発。

彼は寿春へ途中、王淩が企てた罪を許す書状を彼に送ります。

また王廣に「あなたの父が企てた皇帝廃立計画の罪を許したいと思うのだが、

父を説得する書状を書いてもらえないだろうか」と尋ねます。

すると王廣は喜び、父を説得する書状を書いて送ります。

司馬懿はこうして王淩の油断を誘う策を実行後、

寿春から近い百尺堰(ひゃくせきえん)に到着します。

 

皇帝廃立計画を諦め、司馬懿へ降る

司馬懿

 

王淩は司馬懿が大軍を率いて百尺堰に到達したと知ると、皇帝廃立計画を諦め、

自らの体を縄で縛って、司馬懿の元へ赴きます。

司馬懿は王淩が自らの体に縄を縛ってやってきたと知ると、

縄目をほどくように指示。

王淩は司馬懿から縄目をほどくよう指示されると、罪を許してくれるのだと考え、

単身司馬懿が乗船している船へ乗り込もうとします。

しかし司馬懿の船は王淩が乗っている船を寄せ付けませんでした。

 

司馬懿に騙された反逆者の最期

司馬懿

 

王淩は司馬懿が乗船している船の近くに寄り、「あなたから書簡をもらって

私は来たのになぜ、船に乗せてくれないのだ。」と尋ねます。

すると司馬懿は「君は私の書簡通りにする人ではないから、乗せないのだ」と

反論。

王淩は激怒し「貴様。私をだましたのか」と大声で叫びます。

司馬懿は涼しい顔をして「私は君をだましても国家をだますことはしない。」と

言い返し、側近に「捕えよ」と命じます。

王淩は捕えられた後、収監者に乗せられ洛陽へ護送されます。

王淩の収監者は項県を通ります。

彼は友であった賈逵(かき)が治めていた土地で彼が祀られている祠を目にすると

「賈逵よ。私は魏に忠義を尽くしてきた者だ。どうかこの事をあなたにだけは

知っていてもらいたい」と述べます。

その後彼は洛陽に到着する前に、毒を煽って自殺します。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

知勇兼備の将であったはずの王淩は予言に踊らされ、皇帝廃立計画を立てます。

しかしこの予言は確たる理由もなくささやかれていただけなのに、

なぜ彼は信じたのでしょうか。

知勇兼備の将であったはずの彼にしてはいささか軽率な行動であるように

思えます。

しかしその理由は歴史の中に埋没しており、現在となっては彼が皇帝廃立を計画した

事が厳然たる事実として歴史に残っているだけです。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう

それじゃまたにゃ~。」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン!

関連記事:【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご紹介!?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  2. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将…
  3. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ) 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異…
  4. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー…
  5. 夏侯淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  6. 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見…
  7. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  8. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛

おすすめ記事

  1. 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?
  2. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  3. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信 真田丸 武田信玄
  4. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2
  5. 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者
  6. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

三國志雑学

  1. 呉夫人
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大政奉還した徳川慶喜

おすすめ記事

三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します! 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志】 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック

おすすめ記事

  1. 郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!
  3. kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」
  4. 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?
  5. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族
  6. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  7. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  8. 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP