架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての魏

王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将

この記事の所要時間: 77



photo credit: Hundred Eyes via photopin (license)

photo credit: Hundred Eyes via photopin (license)

 

王淩(おうりょう)は知勇兼備の将として、魏の後期から活躍した武将です。

彼の生涯の内、前半期は叔父・王允に呼ばれ洛陽で過ごしますが、

李傕と郭汜の専横に耐えかねて、故郷に戻ります。

その後曹操に仕えて、メキメキと頭角を現します。

魏の三代皇帝である明帝の時代には淮南郡(呉との国境に近い魏の領土)を

治める実力者として魏の国内でその名を広め、魏の重鎮として活躍した名将です。




呂布と同じ出身の王淩

呂布 最強 曹操

 

王淩(おうりょう)は太原郡の生まれです。

この地方で有名な武将と言えば、

飛将軍として各地の実力者から恐れられ、一騎当千の武勇を誇った呂布が有名です。

そんな呂布と故郷を同じくする彼ですが、武勇に秀でたわけではなく、

どちらかといえば文官よりの人でした。




叔父である王允に招かれ、長安へ

呂布 バックブリーカー

 

叔父である王允は呂布と組んで董卓を殺害。

その後兄と共に王允から招かれ、長安へ向かいます。

長安に着くと叔父である王允の家に住み、天子の居る都の雰囲気を感じ取りながら

兄弟は成長していきます。

しかし董卓の残党である李傕と郭汜らが長安に攻め込んできます。

王允は呂布や徐栄に軍勢を与えますが、二人は敗北。

王允はその後長安へ攻めて来た李傕と郭汜らの軍勢に殺害されてしまいます。

王淩は王允が亡くなった事を知ると兄に

「長安に留まっていたら自分たちの命も危ない。ひとまず故郷へ

帰りましょう」と提案。

兄は王淩の意見に賛成し、二人は何とか故郷へ帰ります。

 

太守となって実績を積む

現実主義曹操

 

二人は何とか故郷へたどり着きます。

その後王淩は中山太守の位を漢王朝から授けられます。

彼は太守となり、着実に実績を積んで行きます。

曹操は中山太守で実績を挙げていた王淩の名を聞き、

彼を召し出し丞相掾(じょうしょうえん)に任命。

こうして彼は曹操の配下としての道を歩んでいく事になります。

 

呉の水軍を撃破し、大活躍

曹丕 残忍

 

王淩は曹丕(そうひ)の時代になると、冀州刺史に任命されます。

その後曹丕自ら呉の討伐戦に出陣した際、彼も曹丕に従って出陣します。

王淩は冀州の兵を率いて、呉の水軍の将である呉範の軍勢に大勝利を収め、

建武将軍の位を与えられます。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  2. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨…
  3. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  4. こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を…
  5. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  6. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  7. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  8. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  2. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは
  3. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?
  4. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  5. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  6. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは? 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん) 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何? 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

おすすめ記事

  1. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  2. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  3. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  4. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  5. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  6. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  7. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証
  8. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP