春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2

この記事の所要時間: 543

項羽 はじめての三国志002

 

叔父項梁との二人三脚で、反秦連合軍の中核になった項羽、しかし、

これからという所で、項梁は秦の章邯の手で殺されてしまいます。

 

独りになった項羽は、叔父の死後に実権を握った宋義を殺し、総大将の地位を

掴むと、怨敵章邯を破り、秦の帝都、咸陽に入城して秦を滅ぼします。

そして、自分達で建てた楚の懐王を追放して殺害、自ら西楚の覇王を名乗りました。

が、項羽の論功行賞は不公平であり、再び中国は戦乱の中に落ちるのです。

 

前回記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

子供のような項羽、首都を故郷、楚に置く

項羽

 

西楚の覇王となった項羽に、群臣は、首都を咸陽に置くように進言します。

秦帝国は、すべての情報を咸陽に集めるようにしていて、この地点に都を置くのが

様々な面において便利だったからです。

しかし、項羽は首を縦に振らず、都を楚の領地であった徐州の彭(ほう)城に置きます。

不思議に思った群臣が理由を聞くと、項羽は言いました。

 

項羽「人間、出世した時、それを一番に喜んでくれるのは故郷の人々だ、

辛気臭い、他所者の秦の人間などではない。

この咸陽からでは、楚の人々は覇王になった余の姿を見るには遠い、

それは、あたかも豪華な衣装を着て闇夜を歩くようなものではないか?」

 

これを聞いた群臣は空いた口が塞がりませんでした。

政治的な重要性より故郷の人に認められたい、項羽の子供のような理屈に

賢臣は戦慄し、西楚の将来を危惧します。

 

関連記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

 

相次ぐ、反乱に劉邦も挙兵する

劉邦

 

項羽が群雄といたちごっこを繰り広げている間に、劉邦は、押し込められていた

僻地、漢中から脱出し、章邯達、三秦の王を滅ぼして咸陽に入りました。

咸陽では、自分達を保護してくれた劉邦への人気が高く、また、穀倉地帯でもあり

長い間、反項羽の劉邦軍の拠点として機能する事になります。

ここでも、項羽は自分の判断ミスで劉邦に力を与えてしまいます。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

自分のみを信じ、猜疑心が強い項羽は次第に孤立する

張良㈬ 鴻門の会編05 項羽

 

 

紀元前206年、劉邦は、項羽が楚の懐王を殺した事を不義不忠の極みとし

反項羽の軍を挙げます、ここから3年間に渡る楚漢の戦いが始まりました。

 

当初から、最後まで劉邦軍は、項羽の本隊に連戦連敗します。

一時は56万という大軍を揃えた劉邦が、たった3万の項羽軍に敗北して

崩壊した事さえありました。

 

劉邦個人も、項羽の追っ手に追われ、馬車1台で逃げながら妻が項羽軍に捕まり

やけになって、二人の息子を馬車を軽くする為に放り投げた事さえあります。

しかし、それでも、劉邦は、関中から絶えず兵糧と兵士を送り込んでくる

䔥何(しょうか)や、別働隊として、項羽や中立の城を次々と陥落させる

大将軍韓信(かんしん)、幕僚として、数々の策略を成功させる張良(ちょうりょう)や

陳平(ちんぺい)により間一髪を救われます。

 

一方の項羽は、戦争が進むにつれて、次第に家臣が離れていきました。

名軍師の范増とは仲違いし、猛将黥布は猜疑心から劉邦側に追いやり、

元々は項羽の陣にいた韓信の才能を見抜けず、これも劉邦にくれてしまいます。

 

幾ら強くても、周りが従わないのでは、項羽も息切れを起してしまいます。

項羽は、反逆者を許さず徹底して殺戮したので反乱を起した城の抵抗も熾烈でした。

そうまでして、屈服させても項羽がその場を離れるとすぐに離反します。

 

恐らく項羽も、何で自分が連戦連勝しているのにおいつめられているか

理解出来なかった事でしょう。

 

項羽、劉邦と和睦、しかしそれは罠だった・・

劉邦と項羽

 

3年に渡った楚漢の戦いは、両軍を消耗させました、有利になりつつあった

漢も、劉邦が項羽に弓矢で狙撃されて重傷を負うなどがあり、

中国を二分して、西を漢、東を楚としてお互いに干渉しないという和睦案を出します。

 

項羽はこの案に乗りますが、もちろん守るつもりはありません。

一度、本拠地に下がり、補給を行った上で再び漢を攻めるつもりでした。

 

しかし、この和睦は実は漢の罠でした、すっかり安心して、背後を見せて、

故郷に帰ろうとしている楚の軍勢に、漢軍は襲い掛ったのです。

疲れ果てていた楚軍は、勢いに勝る漢軍に次々と倒されていきました。

 

項羽は血路を開き、垓下(がいか)という古い小さな城に

700名余りの手勢と立て籠りました。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  3. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  4. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  5. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  6. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  7. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  8. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  2. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将
  3. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!
  4. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  5. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ
  6. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当? 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想! 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)

おすすめ記事

  1. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  2. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家
  3. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  4. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!
  5. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  6. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  7. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  8. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP