曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

この記事の所要時間: 231






 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・悪党か英雄か!?」のコーナーです。

 

 

歴史上には、大衆に好かれている英雄もいれば、

悪党だと後世まで罵られる人物もいます。

しかし時代が変われば、歴史への評価も変わるもので、後ろ指を指されていたのが、

いつの間にか高い評価を受けていたりするから面白いものです。

新選組あたりは明治維新の頃と、現代の人気や評判は180度違いますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?




日本で評価の分かれる人物といえば

 

他にも日本の歴史でもそういった人物はたくさんいます。

例えば、江戸時代に600石の旗本から5万7千石の藩主にまで

異例の出世をした老中首座の田沼意次なんていい例ではないでしょうか。

学校の社会の授業では賄賂を横行させ、

幕政を腐敗させた人物として習った記憶があります。

それを正そうとして松平定信が寛政の改革を実行したとか。

でも近年になって、赤字続きの幕府の財政を救い、蘭学を奨励し、

身分にとらわれない実力主義の人材登用をした人物として田沼意次の評価は上がっています。

資本主義の先駆け的な存在ですからね。

宝暦・天明文化もこうして盛り上がりましたし。




裏切り者・魏延(ぎえん)の評価

 

諸葛亮の死後、謀反を起こしたとして討たれた

蜀の猛将・魏延も似たようなケースではないでしょうか。

諸葛亮に反抗的で、同僚からも好かれていなかった

魏延は悪役のように三国志演義に記されていますが、

蜀軍の柱として長く支えてきたことに間違いはありません。

 

 

謀叛の汚名にしても楊儀にはめられた感じがありますし、

真実の魏延の姿は蜀の忠臣なのでは?

という雰囲気も高まってきています。

しかし証拠が何も残っていないので覆すまでは至っていないのが現実です。

ですから未だに「蜀は応援していても、魏延は嫌い」という声は多いでしょう。

「志を遂げるために、健気に、ひたむきに!」

という蜀のイメージからかけ離れた言動が魏延には多すぎます。

諸葛亮の延命の祈祷を台無しにしたのも魏延という設定ですからね。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

魏延の墓が発掘された?

 

そんな魏延の墓が発掘されたというニュースが21世紀になってからありました。

ただし、確証はまったくありません。完全に憶測ですが、

蜀の大司馬だった蒋琬が魏延のために漢中に墓を建立したのではないかというのです。

漢中の石馬場という場所になります。

ちなみに魏延の最期は、馬岱の追撃に遭って戦死するのですが、

その場所は虎頭橋という場所のようです。

三国志演義では魏延の配下となっていた馬岱が背後から魏延を襲撃して討ち取る設定になっています。

諸葛亮が生前に馬岱楊儀と謀っていたようですね。

仮に本当に謀叛を起こしていたら墓を建立したのでしょうか。

もしかすると、日本でいう菅原道真のように祟り神になることを

畏れて墓を建てて鎮魂したのかもしれません。

だとしたら魏延は意図して濡れ衣を着せられた可能性があります。

 

謎の墓は破壊された

 

しかし、この謎の墓はインフラ工事のために取り壊されたようです。

なかなか酷い扱いですが、魏延のイメージが影響していたのかもしれません。

石馬場という地名は、この墓に石像が守護神のように建てられていたからのようです。

魏延を慕っていた愛馬がモチーフになっているとも伝わっています。

そもそも馬岱に討たれた魏延の遺骸を部下たちが引き取って、ここまで運んで埋葬したともいうのです。

はたして真相はどうなのでしょうか。

 

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

関連記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

三国志ライターろひもと理穂のまとめ

 

あの劉備が漢中太守に抜擢したぐらいですから、

やはり魏延にはカリスマ性があったのではないでしょうか。

諸葛亮や楊儀蒋琬らはそれを警戒していたのかもしれません。

諸葛亮の最大のライバルは司馬懿ではなく、

同じ蜀に属した魏延だった・・・なんていう可能性もありますね。

あくまでも可能性の話ですが。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?

関連記事:【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?

 

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  2. 【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦…
  3. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  4. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今…
  5. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  6. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  7. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?
  8. 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第8部
  2. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  3. 井伊直弼の首はどうなった?消えてしまった首の不思議
  4. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?
  5. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  6. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? 陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相 【告知】朝まで三国志2017年 秋 本日22時開始 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3) 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい) 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】

おすすめ記事

  1. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  3. 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦
  4. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!
  5. 残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ
  6. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  7. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?
  8. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP