キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?




 

三国志には丞相(じょうしょう)と言う官職名が度々出てきますが、

いったい誰が三国志の中で一番すごい丞相だったのでしょうか。

今回は三国志に登場する丞相の中で一番すごい丞相を決めてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!




そもそも丞相とは一体何なの??

 

三国志丞相ランキングを始める前にそもそも丞相とは、

一体どのような官職なのでしょうか。

丞相とは春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)に設けられた官職で、

君主もしくは皇帝を補佐する人物に与えられる官職です。

キングダムに登場した呂不韋(りょふい)劉邦(りゅうほう)を助けた蕭何(しょうか)

曹参(そうさん)などに与えられたそうです。

さて丞相がどのような官職かざっくりとですが、お分かりになった所で、

一番すごい丞相ランキングを発表していきたいと思います。




三国志で一番すごい丞相ランキングベスト3:呉の重鎮・陸遜

 

一番すごい上昇ランキングベスト3は呉の重鎮として活躍してた陸遜(りくそん)です。

陸遜の名前が知れ渡ることになったのは、夷陵(いりょう)の戦いで、

劉備(りゅうび)率いる蜀軍をコテンパンにしてからでしょう。

その後陸遜は石亭の戦い(せきていのたたかい)において、

魏の曹休(そうきゅう)率いる軍勢に大損害を与え大勝利を得ます。

陸遜は孫権(そんけん)が皇帝に就任すると皇太子となった孫登(そんとう)や

孫権に可愛がられていた孫慮(そんりょ)の教育係を孫権から命じられる事になります。

上記のように軍事における活躍と皇太子を教育することのできる指導力から、

陸遜を三国志で一番すごい丞相ランキングベスト3に選ばせていただきました。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト2:蜀の丞相・諸葛孔明

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト2は、

蜀の丞相・諸葛孔明(しょかつこうめい)です。

私達のサイトでも何度も紹介されている諸葛孔明

蜀の政治における実力は誰もが知っていることでしょう。

更に孔明は国力で何倍も差がついている魏と対等に戦うため、

武器や食料を輸送するための発明を行っています。

そして魏との戦いにおいてはあまり戦果を残すことができませんでしたが、

撤退戦においては無敗を誇る強さを持っている丞相です。

他にも孔明が出陣するときに劉禅に送った「出師の表(すいしのひょう)」は、

これを読んで泣かない者は人間にあらずと言われる程の名文でした。

このように色々な実績を残し皇帝劉禅に忠誠を尽くした諸葛孔明こそ、

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト2に値すると言えるでしょう。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト1:漢の丞相・曹操

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト1は漢の丞相・曹操(そうそう)でしょう。

曹操は戦においてもほとんど負けたことが無い丞相です。

更に曹操は孫子の兵法書(そんしのへいほうしょ)を熟読して、

自ら注訳を付けた書物を編集します。

現在の世に孫子の兵法書が残っているのは曹操のおかげと言っても、

過言ではありません。

また内政においても曹操は素晴らしい実力を発揮しています。

曹操は今まで誰も行ってこなかった人材登用方法「求賢令(きゅうけんれい)」

を行うことで優秀な人材を確保することに成功。

他にも屯田制(とんでんせい)を実施することで軍の食糧不足を解決したり、

九醞春酒法(きゅううんしゅんしゅほう)と言われる酒の酒造方法を取り上げて、

漢王朝の皇帝に上奏したり、文学にも功績を残しております。

万能の天才と言っても過言ではない曹操の実績を鑑みて、

三国志で一番すごい丞相ランキング1位と言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

いかがでしたでしょうか。

今回は三国志で一番すごい丞相ランキングベスト3をご紹介しました。

今回選出された三人は三国志の中でも特に優れた丞相と考えたため、

ランキングに選ばせていただきました。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書・蜀書・呉書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

関連記事:曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…
  2. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  3. 石川克世 石川克世って、何者?
  4. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  5. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  6. とっても皇帝になりたかった袁術
  7. 「サムライ」が今熱い!E3 2018で話題の侍アクションゲームを…
  8. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう)
  2. 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう)
  3. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏

おすすめ記事

  1. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  2. 【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??
  5. 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性 王元姫
  6. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!

三國志雑学

  1. よかミカンさん はじめての三国志ライター
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統と的盧

おすすめ記事

三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの? 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの? 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア
  2. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  3. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介
  5. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  6. ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは?
  7. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  8. 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ 曹丕

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP