三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?

この記事の所要時間: 237




 

三国志には丞相(じょうしょう)と言う官職名が度々出てきますが、

いったい誰が三国志の中で一番すごい丞相だったのでしょうか。

今回は三国志に登場する丞相の中で一番すごい丞相を決めてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!




そもそも丞相とは一体何なの??

 

三国志丞相ランキングを始める前にそもそも丞相とは、

一体どのような官職なのでしょうか。

丞相とは春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)に設けられた官職で、

君主もしくは皇帝を補佐する人物に与えられる官職です。

キングダムに登場した呂不韋(りょふい)劉邦(りゅうほう)を助けた蕭何(しょうか)

曹参(そうさん)などに与えられたそうです。

さて丞相がどのような官職かざっくりとですが、お分かりになった所で、

一番すごい丞相ランキングを発表していきたいと思います。




三国志で一番すごい丞相ランキングベスト3:呉の重鎮・陸遜

 

一番すごい上昇ランキングベスト3は呉の重鎮として活躍してた陸遜(りくそん)です。

陸遜の名前が知れ渡ることになったのは、夷陵(いりょう)の戦いで、

劉備(りゅうび)率いる蜀軍をコテンパンにしてからでしょう。

その後陸遜は石亭の戦い(せきていのたたかい)において、

魏の曹休(そうきゅう)率いる軍勢に大損害を与え大勝利を得ます。

陸遜は孫権(そんけん)が皇帝に就任すると皇太子となった孫登(そんとう)や

孫権に可愛がられていた孫慮(そんりょ)の教育係を孫権から命じられる事になります。

上記のように軍事における活躍と皇太子を教育することのできる指導力から、

陸遜を三国志で一番すごい丞相ランキングベスト3に選ばせていただきました。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト2:蜀の丞相・諸葛孔明

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト2は、

蜀の丞相・諸葛孔明(しょかつこうめい)です。

私達のサイトでも何度も紹介されている諸葛孔明

蜀の政治における実力は誰もが知っていることでしょう。

更に孔明は国力で何倍も差がついている魏と対等に戦うため、

武器や食料を輸送するための発明を行っています。

そして魏との戦いにおいてはあまり戦果を残すことができませんでしたが、

撤退戦においては無敗を誇る強さを持っている丞相です。

他にも孔明が出陣するときに劉禅に送った「出師の表(すいしのひょう)」は、

これを読んで泣かない者は人間にあらずと言われる程の名文でした。

このように色々な実績を残し皇帝劉禅に忠誠を尽くした諸葛孔明こそ、

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト2に値すると言えるでしょう。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト1:漢の丞相・曹操

 

三国志で一番すごい丞相ランキングベスト1は漢の丞相・曹操(そうそう)でしょう。

曹操は戦においてもほとんど負けたことが無い丞相です。

更に曹操は孫子の兵法書(そんしのへいほうしょ)を熟読して、

自ら注訳を付けた書物を編集します。

現在の世に孫子の兵法書が残っているのは曹操のおかげと言っても、

過言ではありません。

また内政においても曹操は素晴らしい実力を発揮しています。

曹操は今まで誰も行ってこなかった人材登用方法「求賢令(きゅうけんれい)」

を行うことで優秀な人材を確保することに成功。

他にも屯田制(とんでんせい)を実施することで軍の食糧不足を解決したり、

九醞春酒法(きゅううんしゅんしゅほう)と言われる酒の酒造方法を取り上げて、

後漢王朝の皇帝に上奏したり、文学にも功績を残しております。

万能の天才と言っても過言ではない曹操の実績を鑑みて、

三国志で一番すごい丞相ランキング1位と言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

いかがでしたでしょうか。

今回は三国志で一番すごい丞相ランキングベスト3をご紹介しました。

今回選出された三人は三国志の中でも特に優れた丞相と考えたため、

ランキングに選ばせていただきました。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書・蜀書・呉書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

関連記事:曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  2. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  3. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  4. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  5. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛…
  6. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  7. 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  8. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 涙なしには語れない桃園の結義
  2. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  3. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後
  4. 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性
  5. 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん
  6. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!

三國志雑学

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維

おすすめ記事

41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ! ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法! 【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか? 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る 魏延の謀反を察する孫権 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの? 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?

おすすめ記事

  1. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!
  2. 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?
  3. 【告知】三国夢幻演義龍の少年 第2話:配信と見所について
  4. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  5. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?
  6. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】
  7. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  8. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP