義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由

2018年1月25日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

蜀(しょく)を建国した劉備(りゅうび)

三国志演義(さんごくしえんぎ)の劉備は各地を流浪していた時代、仁の人と言われるほど人気があったにも関わらず、

名士と呼ばれる優秀な家臣がほとんどいない状態でした。

 

なぜ仁の人と言われた劉備には家臣が増えなかったのでしょうか。

その原因は義兄弟のあの二人がいたからかもしれません。

 

関連記事:【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?

関連記事:もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



劉備の元に家臣が集まらなかったのはなんで

 

劉備は劉表(りゅうひょう)の領土・荊州(けいしゅう)で、諸葛孔明(しょかつこうめい)を仲間にした事で、一気に領土を拡大し、人材を増やしていくことになります。しかし劉備は荊州にやってくる前はほとんど家臣の数を増やせませんでした。なぜ劉備は家臣の数を増やすことができなかったのでしょうか。

 



義兄弟の絆が強すぎたから

 

劉備には関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と言う二人の義兄弟がいました。三国志を知っている方なら誰でも知っていることでしょう。

 

この三人の絆はかなり固く正史三国志蜀書劉備伝には

「劉備は、関羽と張飛と一緒に同じベッドに寝るほどで本当の兄弟以上の恩愛をかけていた」と記されております。このような三人の絆を見て劉備の家臣となろうと考えていた人々は、三人の間に介入するのが困難な事を知って去ってしまうほどでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

名士と劉備達とは住んでいる環境が違いすぎる

 

上記で劉備関羽・張飛の三人の絆の強さをご紹介しました。ここでは当時の名士と名士外の人間関係がいかに違うかを示すエピソードをご紹介しましょう。

 

ある時劉備の義兄弟・張飛は名士として有名な劉巴(りゅうは)を訪れます。しかし劉巴は張飛が家に来てももてなさず、ほとんど話すことをしませんでした。張飛は劉巴のこの態度に激怒して、家に帰っていきます。

 

諸葛亮はこの話を聞いて劉巴へ「張飛はあなたの事を慕っていたのです。もう少しなんとかならなかったのですか」と質問を投げかけます。

 

だが劉巴は

「私達は英雄と交際するべきであり、どうして兵隊(張飛)と交際しなければならないんだ」と激怒して言い返します。上記のエピソードから名士と張飛や劉備・関羽らと社会階層が違う事が、分かると思います。

 

しかし劉備は社会階層を異にする名士達を受け入れないような事をしないで、家臣に加えておりました。

 

劉備の配下に加わった人々とは

 

劉備は名士達と社会階層を異にしながら名士と呼ばれる人々を拒むことをしないで、家臣に組み込んでいる時期がありました。

 

その時期とは劉備が徐州(じょしゅう)を拠点にしている時です。劉備は徐州を拠点としている時、徐州の名士・陳登(ちんとう)や頴川(えいせん)の名士・陳羣(ちんぐん)を家臣に加えていました。しかし彼ら名士達は劉備が徐州を放棄した時に劉備から離れていきます。なぜ離れたのでしょうか。

 

義兄弟の仲が良すぎて進言を聞いてくれなかったから

 

劉備は名士達を徐州時代に家臣に加えておりましたが、徐州を放棄した時に劉備の元から去ってしまいます。その理由は一体何なのでしょうか。それは劉備が名士達の意見を聞いてくれなかったからです。また名士達も自らの進言を聞いてくれない劉備に魅力がなかったことも、原因といえるでしょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

このように劉備は荊州で諸葛亮を仲間にするまではほとんど名士と呼ばれる人達を家臣に加えることができませんでした。しかし諸葛亮を加えてから劉備は今まで同じようなやり方をするのではなく、名士と呼ばれる人々の進言をしっかりと聞いて行くことになります。

 

もし劉備が徐州時代から名士達の進言を聞いていれば、かなり違った三国志を見ることができたかもしれませんね。

 

参考文献 SB新書 三国志その後の真実 渡邉義浩・仙石知子著

 

関連記事:関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-三国志の雑学