三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由





 

蜀(しょく)を建国した劉備(りゅうび)

三国志演義(さんごくしえんぎ)劉備は各地を流浪していた時代、

仁の人と言われるほど人気があったにも関わらず、

名士と呼ばれる優秀な家臣がほとんどいない状態でした。

なぜ仁の人と言われた劉備には家臣が増えなかったのでしょうか。

その原因は義兄弟のあの二人がいたからかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?

関連記事:もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

 




 

劉備の元に家臣が集まらなかったのはなんで

 

劉備は劉表(りゅうひょう)の領土・荊州(けいしゅう)で、

諸葛孔明(しょかつこうめい)を仲間にした事で、一気に領土を拡大し、

人材を増やしていくことになります。

しかし劉備は荊州にやってくる前はほとんど家臣の数を増やせませんでした。

なぜ劉備は家臣の数を増やすことができなかったのでしょうか。




 

義兄弟の絆が強すぎたから

 

劉備には関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と言う二人の義兄弟がいました。

三国志を知っている方なら誰でも知っていることでしょう。

この三人の絆はかなり固く正史三国志蜀書劉備伝には

「劉備は、関羽張飛と一緒に同じベッドに寝るほどで

本当の兄弟以上の恩愛をかけていた」と記されております。

このような三人の絆を見て劉備の家臣となろうと考えていた人々は、

三人の間に介入するのが困難な事を知って去ってしまうほどでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

名士と劉備達とは住んでいる環境が違いすぎる

 

上記で劉備・関羽張飛の三人の絆の強さをご紹介しました。

ここでは当時の名士と名士外の人間関係がいかに違うかを示す

エピソードをご紹介しましょう。

ある時劉備の義兄弟・張飛は名士として有名な劉巴(りゅうは)を訪れます。

しかし劉巴は張飛が家に来てももてなさず、ほとんど話すことをしませんでした。

張飛は劉巴のこの態度に激怒して、家に帰っていきます。

諸葛亮はこの話を聞いて劉巴へ「張飛はあなたの事を慕っていたのです。

もう少しなんとかならなかったのですか」と質問を投げかけます。

 

だが劉巴は

「私達は英雄と交際するべきであり、

どうして兵隊(張飛)と交際しなければならないんだ」と激怒して言い返します。

上記のエピソードから名士と張飛や劉備・関羽らと社会階層が違う事が、

分かると思います。

しかし劉備は社会階層を異にする名士達を受け入れないような事をしないで、

家臣に加えておりました。

 

劉備の配下に加わった人々とは

 

劉備は名士達と社会階層を異にしながら名士と呼ばれる人々を拒むことをしないで、

家臣に組み込んでいる時期がありました。

その時期とは劉備が徐州(じょしゅう)を拠点にしている時です。

劉備は徐州を拠点としている時、徐州の名士・陳登(ちんとう)

頴川(えいせん)の名士・陳羣(ちんぐん)を家臣に加えていました。

しかし彼ら名士達は劉備が徐州を放棄した時に劉備から離れていきます。

なぜ離れたのでしょうか。

 

義兄弟の仲が良すぎて進言を聞いてくれなかったから

 

劉備は名士達を徐州時代に家臣に加えておりましたが、

徐州を放棄した時に劉備の元から去ってしまいます。

その理由は一体何なのでしょうか。

それは劉備が名士達の意見を聞いてくれなかったからです。

また名士達も自らの進言を聞いてくれない劉備に魅力がなかったことも、

原因といえるでしょう。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

このように劉備は荊州で諸葛亮を仲間にするまでは

ほとんど名士と呼ばれる人達を

家臣に加えることができませんでした。

しかし諸葛亮を加えてから劉備は今まで同じようなやり方をするのではなく、

名士と呼ばれる人々の進言をしっかりと聞いて行くことになります。

もし劉備が徐州時代から名士達の進言を聞いていれば、

かなり違った三国志を見ることができたかもしれませんね。

 

参考文献 SB新書 三国志その後の真実 渡邉義浩・仙石知子著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことある…
  2. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕…
  3. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~
  4. 五斗米道の教祖・張魯 張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった?
  5. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  6. 【将苑】諸葛亮の兵法-勝つ組織と負ける組織の違いとは
  7. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  8. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  2. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  3. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  4. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  5. 「月刊はじめての三国志11月号」10月26日(金)に出版決定
  6. 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ? 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた! 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生 え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?

おすすめ記事

  1. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  3. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!
  4. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第11部
  6. 魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう?? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】
  8. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP