三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由

この記事の所要時間: 250





 

蜀(しょく)を建国した劉備(りゅうび)

三国志演義(さんごくしえんぎ)劉備は各地を流浪していた時代、

仁の人と言われるほど人気があったにも関わらず、

名士と呼ばれる優秀な家臣がほとんどいない状態でした。

なぜ仁の人と言われた劉備には家臣が増えなかったのでしょうか。

その原因は義兄弟のあの二人がいたからかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?

関連記事:もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

 




 

劉備の元に家臣が集まらなかったのはなんで

 

劉備は劉表(りゅうひょう)の領土・荊州(けいしゅう)で、

諸葛孔明(しょかつこうめい)を仲間にした事で、一気に領土を拡大し、

人材を増やしていくことになります。

しかし劉備は荊州にやってくる前はほとんど家臣の数を増やせませんでした。

なぜ劉備は家臣の数を増やすことができなかったのでしょうか。




 

義兄弟の絆が強すぎたから

 

劉備には関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と言う二人の義兄弟がいました。

三国志を知っている方なら誰でも知っていることでしょう。

この三人の絆はかなり固く正史三国志蜀書劉備伝には

「劉備は、関羽張飛と一緒に同じベッドに寝るほどで

本当の兄弟以上の恩愛をかけていた」と記されております。

このような三人の絆を見て劉備の家臣となろうと考えていた人々は、

三人の間に介入するのが困難な事を知って去ってしまうほどでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

名士と劉備達とは住んでいる環境が違いすぎる

 

上記で劉備・関羽張飛の三人の絆の強さをご紹介しました。

ここでは当時の名士と名士外の人間関係がいかに違うかを示す

エピソードをご紹介しましょう。

ある時劉備の義兄弟・張飛は名士として有名な劉巴(りゅうは)を訪れます。

しかし劉巴は張飛が家に来てももてなさず、ほとんど話すことをしませんでした。

張飛は劉巴のこの態度に激怒して、家に帰っていきます。

諸葛亮はこの話を聞いて劉巴へ「張飛はあなたの事を慕っていたのです。

もう少しなんとかならなかったのですか」と質問を投げかけます。

 

だが劉巴は

「私達は英雄と交際するべきであり、

どうして兵隊(張飛)と交際しなければならないんだ」と激怒して言い返します。

上記のエピソードから名士と張飛や劉備・関羽らと社会階層が違う事が、

分かると思います。

しかし劉備は社会階層を異にする名士達を受け入れないような事をしないで、

家臣に加えておりました。

 

劉備の配下に加わった人々とは

 

劉備は名士達と社会階層を異にしながら名士と呼ばれる人々を拒むことをしないで、

家臣に組み込んでいる時期がありました。

その時期とは劉備が徐州(じょしゅう)を拠点にしている時です。

劉備は徐州を拠点としている時、徐州の名士・陳登(ちんとう)

頴川(えいせん)の名士・陳羣(ちんぐん)を家臣に加えていました。

しかし彼ら名士達は劉備が徐州を放棄した時に劉備から離れていきます。

なぜ離れたのでしょうか。

 

義兄弟の仲が良すぎて進言を聞いてくれなかったから

 

劉備は名士達を徐州時代に家臣に加えておりましたが、

徐州を放棄した時に劉備の元から去ってしまいます。

その理由は一体何なのでしょうか。

それは劉備が名士達の意見を聞いてくれなかったからです。

また名士達も自らの進言を聞いてくれない劉備に魅力がなかったことも、

原因といえるでしょう。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

このように劉備は荊州で諸葛亮を仲間にするまでは

ほとんど名士と呼ばれる人達を

家臣に加えることができませんでした。

しかし諸葛亮を加えてから劉備は今まで同じようなやり方をするのではなく、

名士と呼ばれる人々の進言をしっかりと聞いて行くことになります。

もし劉備が徐州時代から名士達の進言を聞いていれば、

かなり違った三国志を見ることができたかもしれませんね。

 

参考文献 SB新書 三国志その後の真実 渡邉義浩・仙石知子著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾そ…
  2. 陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】
  3. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  5. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  6. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  7. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改…
  8. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった
  2. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  3. 人々の鑑になった良い宦官達
  4. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  5. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達
  6. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介

おすすめ記事

  1. 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん
  2. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介
  4. 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神
  5. 橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった
  6. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  7. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  8. 篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP