キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた




 

 

三国時代の英雄・曹操(そうそう)

軍事においてはほとんど無敗と言われた戦歴を持ち、

政治においては優れた判断を下して、改革を行います。

他にも文学において金字塔を立てたりと百芸に優れた英雄・曹操

こんなに優れた人物でありながらユーモアを持った人だったのを知っていましたか。

今回はユーモアに富んだ曹操をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!

関連記事:霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?

 




 

意外な真実!?冗談大好きな曹操

 

曹操さん。

実は真面目な会議の席で冗談を言っているオチャメな性格だったのを知っていますか。

えーあの合理主義者で怖いイメージのある曹操さんが

そんな冗談を飛ばすような性格に見えないんですけど。

このように言われるはじめての三国志の読者は多いと思います。

でも本当なんです。

曹操が冗談を言うような性格であることを証明するため、

曹操のオチャメな一面がわかる逸話をいくつかご紹介しましょう。




 

改革をするべしとの会議の席において

 

曹操は東曹(とうそう=朝廷において高級官吏の人事を司る職)を

西曹と統合するべきであるとの進言を受けます。

曹操に進言を行った人物は、

東曹掾(とうそうえん=東曹の属官)の毛玠(もうかい)が、

目障りであったためこの進言を行ったそうです。

曹操はこの進言をした者へ

 

太陽は東から昇って西へ沈む。

東西と言われいつも東が最初になっている。

どうして東曹と西曹を統合する必要性があるのかな」と述べたそうです。

 

真剣に進言をしてきた者に対して、

ちょっとユーモア溢れる曹操の返答だと思いませんか。

え!?全然面白くない。

そうですか。

では次の曹操のエピソードをご紹介しましょう。

 

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

馬超との戦において

 

関中(かんちゅう)一帯の豪族達を集結させ盟主となった馬超(ばちょう)

韓遂(かんすい)と一緒に曹操へ反乱を起こします。

曹操は馬超韓遂率いる関中一帯の豪族達を討伐するため出陣。

曹操は初戦において馬超の奇襲攻撃を受けて、

討ち取られる寸前まで追い詰められることになりますが、

親衛隊隊長・許褚(きょちょ)張郃(ちょうこう)達の奮戦により、

切り抜けます。

 

その後曹操は賈詡(かく)の進言を採用して、

馬超と韓遂の間を引き裂く離間の計を行っていきます。

曹操は馬超と韓遂の間を引き裂くため、韓遂に会う約束をします。

韓遂と曹操が会う約束している事を聞いた豪族達は曹操を見るため、

彼らの会見場所に押しかけてきます。

曹操は会見場所に豪族達や兵士達がやってくると彼らへ

 

「俺が曹操だ。目が四つある訳じゃなく、口が二つある訳じゃなかろう。

俺もお前達と一緒の人間だ。

しかしお前達と違う所がひとつある。

それはな。

俺はお前達より少しばかり頭がいいことだ」と大声で叫んだそうです。

 

豪族や兵士達は曹操の顔を見て、彼の声を聞いてキョトンとしたそうです。

どうです非常にユーモアあふれると思いませんか。

三国志の英雄や将軍の中で曹操に匹敵するほどのユーモアあふれる回答を

家臣や敵の豪族、兵士達に言っている人なんていないでしょう。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操は自分が冗談好きな為、冗談を言う友達とも付き合っていたそうです。

曹操を評価した数少ない人物・橋玄(きょうげん)も冗談が大好きで、

曹操と付き合っていました。

 

橋玄は自分が亡くなった後の話を曹操にします。

橋玄は曹操へ「もし俺が亡くなって君が俺の墓の前を通ったら、

酒と鶏をもってお参りしてくれよ。

もし俺の墓の前を素通りするようなら君の車が少し進んだ後に

腹が痛くなるように祈願しておいたからな。

でも君が悪いんだぜ。

だって俺の墓の前を素通りして酒も鶏も持ってこなかったんだから」

曹操に向かって冗談をかましたそうです。

 

ここからも分かる様に曹操は自分が冗談好きであったから、

友達も冗談をいう人物を好んで付き合っていたのではないのでしょうか。

 

参考文献 富山房インターナショナル 三国志素顔の英雄達 易中天著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 中国文学の黎明を告げた建安の三曹七子とは?
  2. 夏候惇と言えば独眼竜?
  3. 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  4. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏…
  5. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  6. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  7. 三国志の時代の城の機能について図解解説
  8. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騎射の術に長けた騎馬兵士

おすすめ記事

  1. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  2. 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔?
  3. 【はじさん編集部】第3話 大三国志スキルカイトルで一攫千金の巻!
  4. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  5. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  6. これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!? 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた! 真田丸 武田信玄 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介! 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの? 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家 呉の孫権 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

おすすめ記事

  1. 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは?
  2. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?
  3. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  4. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  5. 2017年はじめてのストライキ宣言文
  6. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  7. 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?
  8. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP