朝まで三国志悪
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!

この記事の所要時間: 722




劉備 曹操

 

中国の歴史モノでは、お決まりのように各人物の名前が

「○○、字(あざな)は●●」とい うフレーズで紹介されます。

初めて目にした時はハテナですよね。「何だ、字って?」と思ったはずです。

中国では王朝時代まで、一般的に姓名とほかに字というものが使われていました。

姓の役割 は現代と特に変わりはありませんが、名と字については少し特殊です。




姓と名と字

皇帝いっぱい

 

名は諱(いみな)といい、古来中華文化圏ではとても神聖なもので、これを直接呼ぶのは大 変失礼なことであり禁忌でした。

書き物などで時の皇帝の諱を避けて別の字に置き換えたりすることもあったほどです。

名(諱)を口にして許されるのは、本人を除けば原則、目上の人だけ。

具体的には主君や上司、両親や兄姉です。

しかし単に年上ならいいというのではなく、どちらかというと「従わなければならない相手」でしょうか。

名だけを呼ばれることには、どことなく上下関係や支配されている感が伴います。

なので弟妹や友人、同僚など同等の人間はもちろん、部下が名で呼びかけることなどもってのほかでした。

従属関係なくして名を呼ぶケースといえば、敵を罵倒する時くらいです。

しかし名前を直接呼べないのでは日常に不便が生じます。

そこで登場するのが字です。

字は 諱の代わりとなる呼び名で、同僚や友人たちは字で呼び合います(目上の人は諱、字どちらでも呼ぶこともあります)。

しかしそれでも、字を呼べるのはやはり一定の間柄あってのことで、

親しくない人同士は諱でも字でもなく、姓+官職名(例:孫将軍)など、かしこまっ た呼び方をしたことでしょう。

さて、昔の中華圏の人に姓・名・字があったことは上述の通りですが、

これらの組み合わせ 方には一応の決まりがあります。

ところがこの字というものが現代にはない概念ゆえに、取扱いがややこしかったりします。

たとえばよくあるのが「曹操孟徳」や「劉備玄徳」「諸葛亮孔明」と書かれているケースですが、厳密には正しくない表記とされます。

例外的に史書 などでたまに一続きに記されている例はありますが、

それはあくまで暗黙の了解として“字” の一字が省略されているだけでしょう。

現代の我々には感覚がないのでなかなかピンとこないのですが、

一体これのどこがマズイのかと、たとえば柴田勝家のあだ名がカッちゃんだとします。

極端な話をしますと、このカッちゃんが字みたいなものになります。

 

曹操

 

※かなり極端な話をしてます! 字は当時、フォーマルに使用されていた名前です。

つまり「曹操孟徳」というのは、「柴田勝家カッちゃん」と言っているようなものなのです。

違和感がありますよね。「柴田勝家」「柴田カッちゃん」とは言いますが(言うか?)、「勝家 カッちゃん」とは言いません。

同じように、フルネームで呼ぶ時は、普通は「曹操」か「曹孟徳」です。

「曹」は苗字なのでどちらにも使えます。

「操孟徳」はアウトです。字はあくまで諱の代わりなので、二つ並べては字の意味がなくなってしまうのです。




字をつける時期

魏武将 はじめての三国志 ゆるい

 

ところで字はどのタイミングでつけられたのでしょうか?

我らがマナーバイブルシリーズ『礼記』によると、

「男子は 20 歳で加冠して字をつけ、女子は 15 歳で加笄して字をつける」と規定されています。

加冠とは髪を結って冠をつけること、 加笄は髪を結って簪を挿すことで、日本でいえば烏帽子と髪結いの儀みたいなものですね。

いわゆる成人式です。

つまり男子は 20 歳、女は15 歳で成人とされ、字をもらったのです。

ひるがえせば、字がないのは未成年だということなんですね。

ただし、『礼記』規定では一応そういう風になっていますが、実際のところは不明です。

 

太史慈 孫策

 

孫策(そんさく)は 20 歳より前に家督を継いでますし、

孫権も 15 歳で県知事になっていますから、場合によっては 20 歳を待たずとも、

一人前と認められた時点で字をもらっていた可能性もあります。

ちなみに『礼記』の規定にもあるとおり、字は男性だけでなく女性にも与えられました。

ただ女性は男性に比べ歴史的にフルネームが残りにくいため、字まで記録されている人は滅多にいません。

そのレアケースが三国時代に才女として名高かった蔡文姫です。

彼女の姓名 は蔡琰で、字が文姫(一説には昭姫)と『後漢書』に記されています。

 

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

 

字のつけ方

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

それにしても“呼ばれない用”の諱の代わりとなる“呼ばれる用”の字はどのようにして決めていたのでしょうか。

実は字のつけ方には、いくつかの法則があります。

もちろん、すべての字がそのパターンに当てはまるわけではないのですが、一定の傾向はあったようです。

それを大きく次の5つに分けて説明してみます。

 

1名と字が同義・類語

2名と字が連想関係

3名と字が対義語

4書物などの一節

5排行

 

1名と字の漢字が同じ意味のパターン

孔明 コペルニクス

 

たとえば蜀の軍師・諸葛亮は、字が孔明です。

「亮」も「明」もともに「明るい」という意味です。

その諸葛亮の兄で呉の重臣・諸葛瑾は、字が子瑜。

漢代の漢字字書『説文解字』に「瑾瑜は 美玉である」とあることから、

「瑾」と「瑜」は「美しい玉石」という同じ意味の字であることが分かります。

そして同様にこの二文字が逆パターンで使われているのがご存じ、呉の智将・周瑜、字公瑾です。

面白いですね! また、呉の孫権もこれに含まれます。

孫権は字が仲謀で、「権謀術数」の四字熟語でもある ように、「権」と「謀」はともに「はかる・はかりごと」という意味です。

 

関連記事:孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

関連記事:【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?

関連記事:これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

 

2名と字の漢字に関連性があるパターン

趙雲

 

たとえば蜀の勇将・趙雲は、字が子龍。

「雲」と「龍」です。どちらも天空という共通点があります。

また、関羽も字が雲長で、「羽」と「雲」なので、同様です。

ここからすると、張飛が正史『三国志』では字が益徳なのに、『三国志演義』で翼徳になっ ている理由もうかがえそうです。

元々「益」と「翼」は漢語的に発音が近いというのもあり ますが、

「飛ぶ」と「益す」よりも、「飛」と「翼」の方が何となくバランスが良くて収まりがいいように思われます。

更に、孫権の兄、孫策もこれに含まれます。

孫策は字が伯符。

「策」は竹製の文字を記すも のや天子の命令(政策)の意味があり、

「符」も竹製の文字を記すもので天子の勅命(符命) の意味があります。

全く同義ではありませんが、関連性がありますね。

また、孫兄弟の名と 字はお互いに連想関係にあるとも考えられます。

「策」―「謀」、「符」―「権」

前者は策謀ですし、「符」は権力者の出すお触れみたいなものです。

場合によってはもしか すると孫策は伯謀、孫権は仲符になっていたかもしれませんね。

 

関連記事:趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

関連記事:【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!

関連記事:【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち?
  2. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  3. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  4. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  5. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  6. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  7. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  8. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官になりかけた政治家
  2. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  3. 三国時代の経済ってどうなってたの?
  4. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  5. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?
  6. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた? 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス 玉(ぎょく)が大好きな中国人 西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生

おすすめ記事

  1. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?
  2. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  3. 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?
  4. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  5. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】
  6. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  7. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想
  8. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP