ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった?

黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)





 

三国志の物語の始まりは、「黄巾の乱(こうきんのらん)」。

真面目な政治家さんが一生懸命政治をやっていたのに、

おバカな皇帝と私利私欲の宦官(かんがん)のせいで天下が乱れて

黄巾の乱が起こったというように、三国志演義には書かれていますよね。

そんなのは、儒者の理論なんですよ。だまされちゃだめです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者2

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

 




 

黄巾の乱とは

 

天下が魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の三国に分かれる前の、後漢(ごかん)の時代の末期、

西暦184年に全国各地で一斉に始まった武装蜂起である、黄巾の乱。

蜂起に加わる人たちが目印として黄色い頭巾を着用していたことが名前の由来です。

新興宗教「太平道(たいへいどう)」の教祖である張角(ちょうかく)がリーダーでした。

張角が病死し、他の幹部も捕縛されるなどして統一的な指導者を失いましたが、

残党は各地でバラバラに活動を続け、次第に群雄の勢力に吸収されるなどして

活動は下火になっていきました。黄巾の乱のどさくさで私兵を動かしてわちゃわちゃ

やり始めた群雄が力を付けていき、後漢王朝が衰退して三国時代の到来となりました。




 

黄巾の乱は「乱」じゃない

 

1990年代に中国の中央電視台で放送されたテレビドラマの「三国演義」。

その第一話でさっそく黄巾の乱が起こりますが、ナレーションが黄巾の乱の話を

している時の画面に大きな文字で「黄巾起义」と書いてあったのを覚えておられる

でしょうか(無茶な質問)。「黄巾起義」、つまり「黄巾党の蜂起」という意味です。

現代の中国では、あれは農民による革命運動のはしりだと見なされているんです。

悪いやつらがやけっぱちになってめちゃくちゃしでかした、というような見方では

ないんですね。だから「乱」とは呼びません。

※私は三国志が大好きなだけの脳筋ライターです。イデオロギー的なものは

なにも書きませんので安心して続きをお読み下さい。

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

黄巾の乱は、誰にとっての「乱」なのか

 

黄巾賊が天下を乱したんだから黄巾の乱でしょ、とお思いになるかもしれません。

しかしそれは順番が逆でして、天下が乱れていたから黄巾党が蜂起したのです。

考えてもみて下さい。黄巾の乱では、リーダーの張角(ちょうかく)の肉声が届く

範囲にとどまらず、全国各地で一斉に武装蜂起がありました。これは、

張角が唱える教義をろくに知らない人も続々と運動に参加したということです。

大勢の人が体制に不満を持っており、自らすすんで蜂起したわけです。

これは彼らにとっては「乱」ではなくて、体制からの解放運動です。

「乱」というのは、支配者層の目線から見た呼び方です。

 

天下が乱れたのは、誰のせいか

 

天下は黄巾の乱が起こる以前からめちゃくちゃでした。

じゃあ誰のせいでめちゃくちゃになったのかというと、よく聞く説明としては、

霊帝(れいてい)のせいだと言われています。霊帝がポケットマネーを増やすために、

公務員の役職に値段をつけてお金で役職を売って金儲けをしたもんで、

役職を買った公務員が元手を回収するために役得を利用して下々から搾取を

したので下々が貧乏になって天下が乱れたよ、という説明です。

この説明はまあ分るのですが、私の疑問は、どうして霊帝は皇帝なのに

お金に困っていたのかということです。

 

天下の富を横取りしていた人たち

 

後漢ではちょくちょく干ばつなどの天災があり、税金を払いきれずに土地を捨てて

逃亡した農民が豪族の私的な小作人になっていきました。そういう農民は

公の戸籍からは抜けてしまうので、おのずと国家の税収は減ってしまいます。

豪族たちは肥え太っているのに、皇帝は貧乏。

後漢末期の世の中はこんなふうになっていたんやね。

霊帝の売官はまずかったけど、そうせざるを得ないところまで皇帝を追い詰めたのは、

知らん顔で肥え太っていた豪族たちです。

 

三国志を記してきた階層の人たち

 

正史の三国志を書いたのも、それに注釈を付けたのも、後に物語化していった

ものを三国志演義にまとめたのも、みんな当然ながら読み書きができる人です。

読み書きを勉強するゆとりのある階層の人たちは、後漢の豪族と似たような暮らしを

していたはずですから、天下が乱れたのを豪族のせいだと言うわけはありません。

豪族のしていたことにはノータッチで、皇帝がおバカだから黄巾の乱が起こったと

いうふうに記すわけです。

我々が知っている三国志演義は、特定の階層の視点から、彼らにとって不利な情報を

排除して記された一方的なお話なのですよ。だから鵜呑みにしちゃだめです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

三国志演義が成立した頃の官僚の採用試験では儒教的教養が必須だったので、

試験を意識しながら一生懸命読み書きを勉強していた人たちには儒教が常識でした。

そういう儒者たちは、自分たちばっかり正しくて悪いのはぜんぶ暗君や宦官のせいに

したがるんですよ。

三国志の物語を読んで歴史に思いを馳せるのは素敵な時間ですが、

三国志演義には儒者の分厚~いフィルターがかかっているから気をつけて下さいね!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

関連記事:黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 魏延の謀反を察する孫権 夷陵の戦いの時に魏延はどうしていた?その後に影響があったかもしれ…
  2. 蜀の魏延 魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説…
  3. 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは
  4. 凌統 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版
  5. 三国志に出てくる海賊達と甘寧 【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦
  6. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  7. 司馬懿 司馬懿渾身の迷作?「讌飲詩」について徹底分析!
  8. 挑発する諸葛亮孔明 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 反董卓軍010
  2. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  3. 張飛にお酒はだめだよ
  4. 狗奴国の王・卑弥弓呼
  5. 魯粛
  6. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  7. 董卓を倒す呂布
  8. 貂蝉

おすすめ記事

  1. 李福(りふく)はどんな人?諸葛孔明の遺言を運んだメッセンジャー
  2. オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑 成廉、魏越、呂布
  3. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう) 曹休
  4. 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー キングダム
  5. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  6. 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由 陸遜

三國志雑学

  1. 曹操 女性の敵? 鄒氏
  2. 鼎(かなえ)
  3. 曹操と機密保持
  4. 村人 ショッピング


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  4. 張嶷

おすすめ記事

曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 蹇碩(けんせき) 蹇碩とはどんな人?袁紹や何進をも統率した宦官 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP