よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格




 

「猪突猛進」という言葉があります。

目標に向って周囲など気にせずに全力で前進していくという行動や性格を指します。

勇敢であり、命知らずの猛者です。

最前線で兵を率いる武将には必要なことかもしれません。

 

それでは三国志に登場する数多の英雄たちの中でも極めて人気の高い

陸遜(りくそん)」はどのような性格だったのでしょうか。

今回は陸遜の性格を分析していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由

陸遜の性格

 

孫権(そんけん)にとってもっとも頼れる家臣、それが陸遜でした。

21歳から孫権に仕え、63歳までひたすらに忠義を尽くしています。

そんな陸遜の名前を一躍天下に広めることになったのが、

221年から222年にかけて行われた「夷陵の戦い」になります。

 

このとき孫権が総司令官(大都督)に任じたのが、

歴戦の勇将たちをさしおいて、大軍を統率する経験に乏しい陸遜でした。

率いなければならないのは孫策の時代から孫家に仕える古参の将や王族です。

誰もが陸遜を軽んじ、その指示を聞き流すような状況でした。

陸遜は剣に手をかけて覚悟を示し、一致団結するように説いたといわれています。

 

しかし諸将の命令違反について、

陸遜は夷陵の戦いの勝利後に孫権に報告しませんでした。

功臣を処罰し、国力を低下させることを不忠だと考えていたからです。

これを知り、孫権は陸遜をさらに重んじ、荊州の牧に任命し、江陵侯に封じました。

 

夷陵の戦い諸葛孔明が加わっていたらどうなっていたでしょうか。

三国志正史」呉書には「臣初嫌之、水陸倶進。

今反舎船就歩、処処結営」とあり、陸遜がもっとも警戒していたのが、

陸と長江の上流の二方面から侵攻してくることでした。

しかし、劉備(玄徳)は陸からのみ攻め寄せ、

多くの要害を設営しましたが、半年後に火計により大敗しています。

諸葛孔明がいたら水上からの侵攻も行い、陸遜をもっと苦しめたのかもしれません。

そうなると陸遜が勝てていたのか微妙ですね。

晩年の陸遜の性格

 

特に晩年になっても陸遜の性格は変わっていないでしょう。

国事のために諸先輩を叱咤した夷陵の戦いのときのように、

後継者問題でフラフラする主君の孫権に真っ向から諫言しています(書面にて)。

もっとも国を憂いていた人物こそが陸遜だったのです。

 

「初志貫徹」、我が身の評価など二の次で、

国の大事を優先する陸遜はまさに忠義の士といえるのではないでしょうか。

能力も志もいささかも衰えていませんね。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

二宮の変と陸遜

 

孫権の後継者問題に端を発した政争劇によって孫権からの信頼を失い、

憤死という最期を遂げる陸遜ですが、

多くの家臣を巻き込んだこの後継者争いを「二宮の変」といいます。

 

三國無双でもぜひこの二宮の変は取り上げてほしいですね。

三國無双8ではどうなのでしょうか。

二宮の変は、陸遜の意思と忠義の強さを物語る注目すべきイベントになるのではないでしょうか。

 

関連記事:【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

 

三国志ライターろひもと理穂のまとめ

 

陸遜は、さほど苦労することもなく夷陵の戦いで劉備(玄徳)を

撃退したように思われがちですが、

ジリジリと大軍で侵攻してくる蜀軍のプレッシャーは凄かったでしょう。

早く対応しないと手遅れになると叫び、先走る諸将の統制はさらに困難だったはずです。

 

私の大好きな作品に「北方謙三先生の三国志」があります。

こちらの夷陵の戦いでの陸遜は、諸将の前で気丈に振る舞っていますが、

実は不安とプレッシャーに押しつぶされそうになるのを日々ひとりで堪えています。

精神的負担は計り知れず、血尿になりながらも必死に好機到来を待つのです。

 

リスクを最小限に抑え踏ん張りながら、チャンスと見るや攻めに転じる。

現代で為替取引をやらせても確実に億トレーダーになれますね。

 

「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」。

日本で天下を治めることになる徳川家康の忍耐強さは、

もしかしたらこの陸遜の影響もあったのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  2. 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと
  3. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  4. もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志
  5. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合…
  6. 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?
  7. 【大三国志 攻略11】ついにLv6の城を攻略!Lv7の城はいける…
  8. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西郷従道 幕末
  2. 大政奉還した徳川慶喜

おすすめ記事

  1. 三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介
  2. 明治政府最初の対等条約―日清修好条規―
  3. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」
  4. 井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者
  5. 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯
  6. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】

三國志雑学

  1. 鄧禹と兵士
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介 幕末 帝国議会 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方 豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件? 三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功!

おすすめ記事

  1. 島津斉興「せごどん」では教えない真実
  2. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  3. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに黄忠を追加しました
  5. 足利義満はどんな人?強きを助け弱きを挫くベタな権力者
  6. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  7. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  8. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP