キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

この記事の所要時間: 26




 

三国志で大人気の陸遜趙雲については、これまでも何度もご紹介してきましたが、

今回は、改めて陸遜(りくそん)趙雲(ちょううん)が本当に有能だったのか振り返ってみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由

関連記事:趙雲が最強イケメンだった3つの理由

陸遜は本当に有能だったの?

 

陸遜は、周瑜魯粛呂蒙亡き跡の『呉の守護神的存在』です。

仮に陸遜がいない、もしくは陸遜が無能であれば、221年~222年の「夷陵の戦い」で、

大軍の主力を率いる劉備(玄徳)に荊州の地は奪われていたことでしょう。

孫権はこれで滅んでいたかもしれません。

 

228年には、蜀の第一次北伐に呼応して、

魏の曹休率いる大軍を誘い込み「石亭の戦い」で撃退しています。

つまり陸遜は寡兵ながら、蜀や魏の大軍を破っているのです。

指揮官としての有能ぶりをはっきりと示しています。

その軍略・統率ぶりは、中国の歴代の名将の中でもトップクラスなのです。

趙雲は本当に有能だったの?

 

趙雲にまつわる話は後に加筆されているものが多く、

どこまでは真実なのか見極めにくいという点があります。

陳寿が著した「三国志正史」だけで純粋で評価すると、壮猛な武将であり、

「長坂坡の戦い」で劉備の妻子を戦場から救出した英雄譚が光りますが、

陸遜のような総合的な活躍は見られません。

 

もちろん、曹操軍の激しい追撃の中から主君の妻子を救出するという離れ技をやってのけたことは、

趙雲の個の武勇が優れていたことを示すものです。

その点だけからも趙雲が有能な武将であったことは明らかでしょう。

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1  

陸遜の晩年はどうだったの?

 

陸遜は晩年まで呉の最前線に立ち、呉を守り抜きました。

総司令官としてだけでなく、丞相としての重責もありましたが、

有能な陸遜だからこそ両立できたといえるでしょう。

まさに蜀の諸葛孔明、魏の司馬懿に匹敵する器量の持ち主です。

 

誠実で、呉を守るという断固とした意志を持っていたが故に、

晩年に判断が衰えた孫権と衝突することになります。

そして孫権に疑われ憤死することになります。

孫権の誤解は、陸遜の子である陸抗が解きましたが、

これだけ呉の発展に貢献した英雄の最期としては残念な限りです。

後世の孫権に対する評価がそれほど高くないのはそのためでしょう。

 

趙雲の晩年はどうだったの?

 

三国志正史ではほとんど趙雲の活躍に触れられていません。

後の裴松之の注に引用されることになる「趙雲別伝」(家伝?)、

それをさらに誇張する「三国志演義」の影響によって今日の趙雲のイメージは作り上げられています。

 

三国志正史では、晩年の趙雲は諸葛孔明の第一次北伐に従い、

主力を率いていると見せかけて魏の総司令官・曹真を引きつける囮の動きをしました。

この作戦は馬謖の失策によって瓦解するのですが、このとき趙雲の軍は曹真の軍に敗れています。

ただし趙雲の巧みな統率によって被害は最小限だったようです。

敗戦後、趙雲は敗戦の責任をとって降格しています。

 

その後の活躍はなく、病没したことが伝えられるだけです。

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

陸遜と趙雲、人気の二人が有能であったことは間違いないでしょう。

ただ、一武将として期待され、活躍した趙雲と異なり、

陸遜は呉のリーダー的存在として軍事面・政治面で大活躍しています。

そこを考慮すると、様々な分野や局面で能力を発揮した陸遜は

飛び抜けて有能だったといえるのではないでしょうか。

 

ただし、フィクション要素の強い三国志演義を加味することになれば、

趙雲の超人的な活躍も他を圧倒していたことになります。

三国志演義にどれだけ傾倒するかで趙雲の有能ぶりは変わってくるのです。

 

私の趙雲のイメージは完全に三国志演義によって作られたものですので、壊したくはないですし、

三国志に登場する武将の中でトップクラスの実力の持ち主だったと信じたいですね。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  2. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  3. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  4. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果が…
  5. 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?
  6. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  7. 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう
  8. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!
  2. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  3. 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました
  4. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ
  5. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  6. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将 【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼした! 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた? 【ネタバレ注意】キングダム546話「大炎の地」ネタバレ&レビュー 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び

おすすめ記事

  1. 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  2. 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅
  3. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?
  4. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  5. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  6. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  7. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!
  8. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP